らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2004/4/28

Windows Automotive

カロナビファンの憩いの場、カロナビお役立ち情報局でも何やら夢の話が語られ始めました。Windows Automotive 4.2の発表から早1年。以前、「遅かれ早かれ全てのカーナビがWindows化してしまう」と申し上げましたが、ついに現実となるのでしょうか? 改めて、日本人の魂であるμITRONの運命やいかに。。。

ソニーXYZ、製品情報ページ更新

おーっと、ソニーXYZ(ジィーゼット)の製品情報ページに動きがー! TOPページを一見しただけではどこも変わっていませんが、機能紹介ページ「キレイ」「カンタン」「カシコイ」「タノシイ」がそれぞれ更新されています。内容の方は見てのお楽しみとして、らくなび的にはナビジョグ機能解説画面(@「カンタン」)にある「走行シュミレーション」ボタンがどうも気になります。これ、「走行シミュレーション」の間違いですよね? さすがに製品版では修正されるとは思いますが、今回の更新では修正されなかったので、一応突っ込みを入れておきます。

トヨタ新型ETC車載器

トヨタからも新型ETC車載器が発表されました(プレスリリースはこちら)。先日のパナソニックのETC車載器同様、「アンテナを窓貼りタイプとし、スピーカーとインジケーターを内蔵」(シルバー・ボイスタイプ)とのこと。低価格化と共に、今時のETCのトレンドということでしょうか。

2004/4/27

新作ナビ、巷の噂

おーっと、オオバデンキさんに動きがー!もうすっかりお馴染みとなった巷のうわさ&ヒトリゴトで新作モデルについて触れられています。巷の噂だと5月11日頃に動きがあるようで。。。

2004/4/25

オートバックス、デジタルドライビングマガジン第3号

オートバックスのデジタルドライビングマガジン、第3号が公開されています。

ソニーXYZ、SonyStyle開発者インタビュー

ソニーXYZ、Sony Style開発者インタビューが掲載されています。巷では予約受付を開始されるショップさんがちらほら出てきましたが、その様子をみる限り、パナHS400との価格差は3万円程度で落ち着きそうです。出力5chのフィルムアンテナやACアダプターなどが最初から付属している点を加味すれば、実質的な差はさらに小さい?

2004/4/24

パナ新型ETC車載器、製品情報ページ公開

先日発表されたパナソニックの新型ETC車載器CY-ET700D, CY-ET800D(プレスリリース)、早速製品情報ページが公開されています。スピーカー内蔵アンテナが最大のポイントですが、アンテナをダッシュボード内部に隠されたいマニアな方には向かなかったりして。

パナHS400、ビデオ入出力端子の謎

おーっと、パナソニックに動きがー! 先日話題になった、ストラーダCN-HS400Dビデオ入力端子のカタログ/プレスリリース誤記載の件ですが、こちらのページで「訂正とご注意」という形でアナウンスが掲載されました。これで正真正銘、「謎は解けた!」ですね。

2004/4/23

価格コム掲示板、新カテゴリー「カーセキュリティ」追加

価格.comに口コミ掲示板専用カテゴリーとしてカーセキュリティが追加されました(アクセスはこちらから)。あくまで「口コミ掲示板専用カテゴリー」であって、個々の製品情報や価格情報とリンクしていませんので念のため。

2004/4/22

パナHDX300、最新プログラムデータ

パナHDX300用の最新プログラムデータが公開されました(2004年4月22日リリース版)。バージョンは36.00.01.02.01で、「ハイウェイマップの視認性をさらに良くした」とのこと。同時に、HDX300/HDX730用の最新企業ランドマークデータも公開されています。いずれもダウンロードはこちらから。地図更新した場合としない場合とで、それぞれ別の企業ランドマークデータが用意されている点は凄いの一言。これまでのローソンに加え、新たにエーエム・ピーエム・ジャパンが情報提供元として加わり、さりげないながらもサービスの向上を実感できます。

パナHS400、のせかえキット発売はあるか?

価格コム掲示板に気になる書き込みが。のせかえキットの件は以前も取り上げましたが、もしこの程度の価格で出てくるとすれば歓迎される気がします。もちろん、サービス部品としての価格とオプションとしての価格との間には、若干の違いがあるかもしれませんけど。あとは、のせかえ利用派向けのプログラムアップデートを待つのみ?

三菱電機、CU-H9000シリーズ発表

春のカーナビ新作発表ラッシュ、今度はダークホースの三菱電機に動きがー! AV機能を強化したインダッシュタイプのHDDナビ、CU-H9000シリーズが発表されました(プレスリリースはこちら)。

アゼスト、オフィシャルサイト大幅リニューアル

クラリオンのADDZESTオフィシャルサイトが21日付けで大幅にリニューアルされました。見た目ももちろんですが、サポートページの充実ぶりに思わずビックリ! 新たに車種別取付ガイド車速信号情報が公開されたのがポイントです。一見したところ、DIY取付け派のバイブル的存在であるソニー CAR FITTING情報と互角の情報量。いやはや、素晴らしいことです。それにしても、シェアが低いメーカーさんの方がサービス精神旺盛なのは一体どうして?

ソニーXYZ、発表会レポート by カラーテックさん

カラーテックさんのサイトにソニーXYZシリーズ販売店向け発表会のレポートが掲載されました。題して、「HDD AVナビシステム「XYZ」シリーズ 店員の目」。未だ情報が乏しいだけに、必見です!

三菱CU-H9000発表会、メディア紹介記事

三菱、高速LSI採用、高速動作のカーナビ(MYCOM PC WEB-4月22日】 SH7770といえば、おそらくはソニーXYZあたりにも同じチップが搭載されているのでしょうね。 ⇒【関連情報:SH7770プレスリリース(ルネサス テクノロジ-2月23日)】

2004/4/21

パナHS400、ビデオ入出力端子の仕様は?

価格コム掲示板に気になる書き込みが。パナソニック・ストラーダCN-HS400Dカタログプレスリリースに「ビデオ入力端子」や「ビデオ力端子」との記載がありますが、いずれも間違いで正しくは「ビデオ入力端子」とのこと。リアモニターの夢は、はかなくも消えた?

トヨタDOPナビ、2004年モデル

トヨタからディーラーオプションナビの2004年モデルが発表されました(プレスリリースはこちら)。5月6日発売開始とのこと。

2004/4/20

パナHS400、カタログ公開

パナソニック・ストラーダCN-HS400DのPDF版カタログが公開されました。ダウンロードはこちらから。それにしても、先日も申し上げた通り付属アンテナが車内取付け型の簡易フィルムアンテナというのが何とも不思議です。DV150/DV250より上位機種となれば、なおさらかと。ホームページはもちろん、カタログにも写真が掲載されていないのは一体なぜ? それ以外の完成度が高いだけに、この一点の曇りが気になります。まさか、デルナビ向け生産分の在庫処分なんてことはないですよね?

パナソニック新型ETC車載器

パナソニックから新型ETC車載器CY-ET700D/CY-ET800Dが発表されました(プレスリリースはこちら)。アンテナにスピーカーを内蔵とは、これまた面白い試みですね。さらなる低価格化が図られた点も見逃せません(旧機種CY-ET500D:21,840円→CY-ET700D:16,590円/約24%引き下げ、旧機種CY-ET600D:18,690円→CY-ET800D:10,290円/約45%引き下げ ※いずれも税込み希望小売価格)。

2004/4/18

WHガード、安藤佳正氏レポート

当コーナーでも度々話題にしているホウ・コーポレーションさんのWHガードですが、ナプロフクシマさんに安藤佳正氏によるレポート記事が掲載されました。AVガード同様、解除をあくまでクルマのキーだけに頼るシステムだというのに、果たして警報を鳴らさずに車内に入れるのかどうか素朴な疑問としてありましたが、レポートを読む限り心配無さそうです。「そのままドアを閉めるとしっかり鳴ります」とありますが、キーも挿さずに静かに居座ると一体どうなるのでしょうね。個人的には、あくまで単体(WHG-001)では「カーエクステリアパーツ盗難警報装置」であって、車上狙いまでカバーするとなるとドアセンサー(DR-001)やガラスセンサー(GD-01H)の併用が欠かせない印象を受けました。皆様の感想はいかがでしょうか?

2004/4/16

ETCと領収書

ETC利用にネットで証明 領収書としての活用可能(Yahoo!ニュース-共同通信-4月16日)】 前にも話題になりましたが、20日からサービスが始まるそうです。

ナビ男くん、パナストラーダFクラス発表会レポート

おーっと、ナビ男くんに動きがー! もちろんパナソニック・ストラーダ、春夏モデル発表会の話題。先日のCN-HS400Dのレポートに続く今回は、「Fクラス(HDS950M/HDS900)」にスポットをあてられています(レポートはこちら)。店長さんも書かれている通り、ことFクラスに関しては情報が著しく少ないわけですが、地図更新が内蔵DVDドライブにディスクを入れるだけでよくなった等、新情報も紹介されています。「秋・冬には[Fクラス]2DIN機も控えている」のもポイントかと。また「アンテナはフィルムタイプ(フロント)が標準で付くとのこと」。プレスリリースから判断する限り、Fクラスの付属アンテナはロッドアンテナとみるのが妥当でしょうから(従来のロッドアンテナと寸法・重量共に同じなので)、発表会の担当者の方が混乱されていた、もしくは情報が錯綜しているということでしょうか? いや、まさかアルパインINE-W099のように、ロッドアンテナとフィルムアンテナ、両方付属するなんてことはないですよね?

2004/4/15

オムロン・カーモニ500、ヒューズ接続ケーブルユニット

らくなび的に今大注目のオムロン・カーモニ500ですが、あまりにヒューズ接続ケーブルユニットに関する問い合わせが多いためか、「※carmoni500ではご使用できません。」との但し書きが追加されました。

2004/4/14

ケンウッドCX-F510、取扱説明書公開

フロント貼付アンテナ、買い物相談室」を作るきっかけにもなった日立モバイルFANT-D5P、その双子の兄弟とも言えるケンウッドCX-F510の取扱説明書(PDF版)が公開されました。まだ登場したばかりで耳慣れないフィルムレスアンテナ、その理解を深められるには最適かも。

カーナビ新製品、巷の噂

おーっと、オオバデンキさんに動きがー!お馴染みの巷のうわさ&ヒトリゴトで新作モデルについて触れられています。春のカーナビ新作発表ラッシュ、ついに大御所の登場ですね。

2004/4/13

パナHS400、のせかえキットの発売はあるか?

JAFMATE社のウェブマガジン「メイトアネックス」にストラーダCN-HS400Dの記事が掲載されています。記事にも書かれている通り、現時点ではのせかえキットの発売は予定されていないわけですが、一方で市場からの反応をみながら決めるというも巷にはあるようです。見た目とのせかえ利用時のコストは相反するのが常ですが、なにか良い解決策は無いものでしょうか? なお、最初に紹介した記事にジャイロセンサーがあたかも外付けジャンクションボックス内にあるかのような表現がありますが、HDX300同様、本体内蔵ですから誤解なされませんように。

2004/4/12

パナHS400、PCリンクソフト公開

パナソニックCN-HS400D用のUSB対応用PCソフトが早速公開されました(2004年4月12日版)。ダウンロードはこちらから。HDX300で使おうと試されても、起動後にデバイスチェックで弾かれるだけですので念のため。プログラム的には、HDX300のそれに静止画と動画への対応が追加されただけで特に使い勝手などの向上はない模様です。

2004/4/11

パナHS400発表会、大塚電装さんレポート

おーっと、大塚電装機器さんに動きがー! もちろん、今回の更新は先日のパナナビ発表会に関するもの。至るところで繰り広げられる毒舌トークは必見です。こぼれ話コーナーの次回予告、サザエさんの次週予告曲がBGMとしてピッタリだと思うのは私だけ?

カーモニ500、ヒューズケーブルの行方

さて、話し変わってカーモニ500ですが、先日公開された取扱説明書ヒューズケーブルに関する記載を発見しました。以下引用すれば、「外部オプション(ホイールセンサトランクセンサ・追加リモコン・ワイヤレスサイレン・ヒューズケーブル)は別売となっております」、とのこと。これでヒューズケーブルの件は一安心できたとはいえ、また新たなキーワードの登場にビックリです。オプションセンサーを全て付けたら、とても簡易取付タイプとは思えないお値段になりそうな気が。【⇒ (2004/4/13追加) ヒューズケーブルの件は現時点では未だ不透明のようです。詳しくはととろんさんの投稿にて。】

2004/4/10

ソニーXYZ@SonyStyleサイト

ソニーXYZSonyStyle内のページも併せてご覧になると、公式ページに無い情報に巡り合えたりして。

パナHS400、ナビ男くん発表会レポート

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 発表会から戻られたマッハ郷さんがレポートを掲載されています。背面の取り付け部を見る限り、取り付け取り外しはワンタッチでできそうなので(=毎回ネジを締めたり緩めたりする必要は無い?)、まずは一安心。やはりマッハ郷さんもQVGAフルドット対応地図には高い評価をされていますね。「ギザギザは大幅になめらかに」とのことですが、以前、It's my Style!のおがわさんがStradaDVシリーズのレポートで触れられていた「描画がヘロヘロ、ギザギザ」状態が解消されたことを意味するのかもしれません。つまり、単なるドットクロック周波数のマッチング+αの改良が施された可能性大ということで。さて細かいところに目をやれば、「付属アンテナは簡易のワイヤータイプ」との箇所が気になりました。プレスリリースを読む限り、付属アンテナはCN-DS100D同様のフィルムアンテナのはず ⇒【(2004/4/23更新) ただの間違いだったようで、訂正されました。】 いずれにしても、ポータブルナビとしての性格を排したCN-HS400Dで簡易タイプ(おそらく)を採用された意図を図りかねます。DVシリーズ同様のロッドアンテナ、もしくは最近流行のフロントフィルムアンテナ/フィルムレスエレメントアンテナ(5ch出力)が採用されて然るべきかと。最後に知る人ぞ知るmeta descriptionタグに目をやれば、「特になし」との高評価。これ、辛口採点のナビ男くんでは非常に珍しいことなのです。もしやナビ男くん史上初? さらに続く一文もポイント高いですね。私が昨日申し上げた点も所詮は重箱の隅ですし、本来CN-HDX300Dが使命を帯びていた楽ナビからのシェア奪還という点では完璧に近い正常進化と言えそうです。

2004/4/09

パナHS400、AUX出力の仕様

おーっと、大塚電装機器さんに動きがー! パナナビの発表会から戻られた専務さんが掲示板に投稿された情報によれば、パナHS400のAUX出力には音声案内が含まれるとのこと。またFMトランスミッター出力に音声案内が含まれる仕様も先代HDX300から変わらずの模様だとか。クルマのスピーカーから音声案内を流すかどうかは、人によって好みが分かれるところなので、以前HDX300レポート編集室(p.6)で申し上げた通り、設定で柔軟に対応できるようになって欲しいものです。⇒談話室関連ツリー
→ (関連情報) みんなのインプレッション 【カーナビゲーション編】 / クローズアップ・ナビ!

パナHS400、製品情報ページ公開

おーっと、パナソニックに動きがー! 早速ストラーダCN-HS400Dの製品情報ページが公開されました(CN-HDS950MD/CN-HDS900DについてはTOPページのみ)。実機をご覧になった方が皆さん口にされていますが、QVGAフルドット対応地図のインパクトは大きいみたいですね。モニター部と本体部のドットクロック周波数を合わせることで滲みの発生を抑える例の技術のことだとは思いますが、楽ナビは既に1年以上前から対応していたことを考えると正直「やっと」といった感じでしょうか(ストラーダDV150/DV250の段階で対応して欲しかったという意味で)。HDX300にあったポータブルナビとしての性格を払拭されたいのか、「のせかえキット」がオプション設定から消えました。TVチューナーボックスを外付けにした影響とはいえ、Air NaviソニーXYZのようにオプション設定されている例もあるのですから、HDX300とは売り方を変えるということなのでしょう。HS400の売りであるEntertainment Bankにはあまり興味を覚えないのですが、HDX300ではSDカードの転送速度があまりにも遅かった(HDX300レポート編集室p.10)だけに、パフォーマンスの改善が図られているのか気になります。HDDのユーザー領域が大幅に拡大し、MPEG4も扱うとなればなおさらかと。ただ、いくらEntertainment Bankだなんだといったところで、登録ポイント数が相変わらず最大200件までというのを見てしまうと、どうしてもバランスが悪い印象を拭えません。HDX300を含め、こうした制限は早く無くして貰いたいですね。

2004/4/08

カーモニ500とヒューズ接続ケーブルユニット

先日オムロンから発表されたカーモニ500ですが(プレスリリース)、本日発売日を迎えたのを機に、オフィシャルホームページが更新されました。カーモニ100/200の頃から個人的にヒューズ接続ケーブルユニットに着目しているわけですが(→談話室過去ログ)、今回の更新でわざわざ「カーモニ100/200専用」という注意書きが付け加えられたということは、カーモニ500には未対応? さすがにそれは無いと思いたいですが、、、。

2004/4/07

ソニーXYZ発表会、動画レポート

ソニーXYZ、昨晩のTV東京WBSにて早速紹介されたわけですが、Webサイトに動画がアップされました(⇒2004年4月6日放送 トレンドたまご「立体地図でナビ」トレたま取材報告ムービー[Real Media ストリーミング])。まだご覧になられていない方は今すぐチェック!

ソニーXYZ、無線LANにも対応?

【ソニー『XYZ』】システムプロパティ…無線LANにも対応?(Response.-4月7日)】 ソニーXYZ、無線LANにも対応とは凄いですね。詳細は不明とのことですが、PCフレンドリーなナビの登場にまずは拍手を送りたいです。

パナ・ストラーダHS400、正式発表

【パナソニック・ストラーダ春夏製品】上級機『CN-HDS950MD』など発表(Response.-4月7日)】 おーっと、今度はパナソニックに動きがー! 噂どおり、オンダッシュ一体型HDDナビCN-HS400Dが発表されました(プレスリリースはこちら)。HD9000シリーズの後継となる、「Fクラス」HDS900シリーズも同時発表です(プレスリリースはこちら)。CN-HS400Dは、先代HDX300の発表から実に1年半経っただけのことはあり、随分と進化を遂げています。ケーブル処理の見た目と本体の薄さを優先した結果、屋内でTVやFM-VICS/文字情報を見れなくなったのはHDX300ユーザーとして残念ですが、仕方の無いことでしょうか。希望小売価格は据え置きの186,900円(税込み)。実売価格がどうなるかは別にしてソニーXYZに比べればリーズナブルな価格帯で推移しそうです。

ソニーXYZはLinuxベース

ソニーのHDD搭載カーナビ,OSに「Linux」を初採用(NE ONLINE-4月7日)※要ユーザー登録(無料)】 PSXのように発売後にネットワーク経由で機能追加されるようになると面白いですね。

パナHS400発表会、メディア紹介記事

松下、HDDナビ「ストラーダ」の新モデル3機種(AV Watch-4月7日)】 自車位置精度向上技術であるSALAS、組み立て式の傾斜角測定器が付属するとは本格的ですね(→記事中のこちらの写真参照)。HS400の概観がスタイリッシュになったことは実に喜ばしいことですが、操作画面のクォリティ向上にも力を入れて欲しかったです。QVGAだって、デザイン次第でソニーXYZのそれに十分迫れるはずですから。

2004/4/06

ソニーXYZ発表会、メディア紹介記事

ソニー、音楽/動画を楽しめるトランスポータブルHDDカーナビ「XYZ」発売(MYCOM PC WEB-4月6日)】 発表会の様子が紹介されています。「さまざまな機能やアイディアが詰まっている。ソニーが提供する究極の商品」との言葉に並々ならぬ自信を感じます。

ソニーHDDナビXYZシリーズ、正式発表

おーっと、噂どおりソニーに動きがー! HDD AVナビシステム“XYZ(ジィーゼット)シリーズ”(NV-XYZ77/NV-XYZ55/NV-XYZ33)が発表されました(プレスリリースはこちら)。カーオーディオにも動きがあり、WX-S2200/S2000/MDX-F5800/XDC-80Mの情報が追加されています。さてXYZシリーズ、早速製品情報ページが公開されているのですが、説明の大部分が「XYZモーションストリートガイド」に割かれ、ナビの基本機能に関するものがほとんど無い点が気になります。FM-VICSやVICSビーコンユニットに関する情報も見当たりませんが、PC Watchの記事にある拡張ステーション(NVA-TS1)の写真を見る限り、無事対応している模様です。XYZをナビとして見たときおそらく最も革新的なのは地図の部分更新が可能になった点で、これについてはゼンリンからもプレスリリースが出ているほど。地図の部分更新といえばアルパN555シリーズが元祖ですが、一部機能に制限がありましたからね。まぁ、詳細は追々明らかになってゆくのでしょうが、久々にソニーが送り出したナビだけに興味津々です。

2004/4/05

ソニーHDDナビはLinuxベース

ソニー、次期カーナビをリナックスベースで開発(Yahoo!ニュース-日刊工業新聞-4月5日)】 あれれ?、既に発表まで秒読み段階の製品こそLinuxベースだと思っていましたが、、、。巷の噂だと「間もなく発表・5月~6月頃発売」の線が濃厚ですが、この記事のトーンだと発売はもう少し先の話? ⇒関連記事:【CES】ソニーのHDDナビ---PCとリンクさせAVを楽しむ(Response.-1月15日)

2004/4/03

セルスター、沈黙の警報RP-410SU生産終了

先日、セルスターのRP-410SUがメーカーWebサイトから姿を消した旨をお伝えしましたが、やはり生産終了とのことです。

アルパN555SS、VICSビーコンレシーバーリニューアル

ホントどうでも良い情報ですが、来月発売されるアルパインNV8-N555SS、先代に比べてVICSビーコンレシーバーのデザインが新しくなりました。先月10日にあったプレスリリース内の製品写真が、同月28日付けで更新されています(最新版プレスリリース、先代N555Sのプレスリリースはこちら)。最初プレスリリースを見た時、「どうして写真にビーコンが写っていないのかな?」と疑問に思いましたが、こうした事情があったのですね。

2004/4/02

ユピテル・アギュラスVE-S70R登場

「エンリコフミア」デザインのカーセキュリティシステム(Response.-4月2日)】 ユピテルから簡易取り付けタイプのカーセキュリティシステム(VE-S70R)が発表されました(製品情報ページはこちら)。特徴のひとつとして「実用通信距離の向上」が掲げられ、「独自のS/N比改善プログラムにより、通信性能を大幅UP!」とのこと。これまでこうしたスペックは見掛け倒しのものが多かったようですが、多少は期待できそうです。機能面からストリートプライスを予想すれば、カーモニ200とカーモニ500の間といったところでしょうか。それにしても、カーセキュリティの世界では秘匿性が特に重視されるはずなのに、デザインを売りにしている点が気になります。レスポンスに掲載されたバイザー取り付け写真では、本体左側面に感度調節ボリューム(3連)が剥き出しになっているようにも見えるのですが....。カーモニを含め、もう少し目立たないデザインは望めないものでしょうか?
→ (関連情報)みんなのインプレッション 【カーセキュリティー編】

2004/4/01

WH GUARDシリーズ新製品、WHG-002/WHG-003

おーっと、ホウ・コーポレーションさんに動きがー! 社長さんから直々に頂いたメールによれば、WH GUARDシリーズに新製品WHG-002、WHG-003が加わったとのこと(プレスリリースはこちら)。従来のデジタル傾斜センサー(WHG-001)の代わりに、ガラスセンサー(WHG-002のみ)とドアセンサーが採用された点がポイント。デジタル傾斜センサーは結構値が張る部品だったようで、市場参考売価はWHG-002が\18,800(税別)、WHG-003が\14,800円(税別)とWHG-001に比べだいぶ下がりました。ちなみに、WHG-001を含め「パソコンのシステムアップと同様に、必要と思われるセンサーを、その都度ご自分の予算、意思で追加しシステム構築できる」とか。パソコンのようにインターフェイスの業界標準規格があれば、汎用品として手軽に入手できるのでしょうが、市場の大きさから考えれば遠い未来の話?

ADs Space
Links