らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2004/9/29

クラリオン、国内最小バックカメラ・アゼストCC2010AA発売

以前こちらでお伝えしたアゼストの新型バックカメラですが、本日ついに正式発表されました(CC2010AA:希望小売価格税込25,200円)。プレスリリースはこちら国内最小サイズというだけでも驚きなのに、画角の方も水平132度、垂直103度と国内最強のスペック!(※らくなび調べ)。味も素っ気も無いデザインですが、内に秘めた性能を知れば、これぞ機能美の極みとも言えそうです。長らくバックカメラの選択に悩まされ続けてきたアゼストナビユーザーにとって、ようやく待ちに待った春が来た? なお、ワイド8インチ1DINインダッシュTVなども同時発表されています(プレスリリースはこちら)。1DINインダッシュでワイド8インチとは、これまた珍しいですね(少なくとも私は他に例を知りません)。日本初のカーラジオ、カーオーディオを発表した伝統あるメーカーだけあって、AutoPC CADIASなど、他に無いものを作ることに長けていらっしゃるようで。。。
→ (9/30追加) 横幅178mmの本体に横幅176.4mmの液晶画面を収めるという、一見不可能なことを可能にした「トリニティモーション」。その動作の様子がcarviewのこちらの記事に写真で示されています。モニターを縦横90度回転させてしまうギミックに思わずビックリ!
→ (関連情報)アゼストナビ、バックカメラ大研究」「バックカメラ、買い物相談室
→ (参考情報) 楽天市場で型番“CC2010AA”を検索

2004/9/27

新DVD[楽ナビ]、オフィシャルページ更新

新DVD[楽ナビ]、早速オフィシャルページが更新されました。同時にカーナビをはじめ、カロッツェリアブランドのホームページ全体がリニューアルされ、メーカーの心意気が伝わってきます。FAQコーナーまでもが既に公開されているのは驚きの一言(オンダッシュ・インダッシュタイプはこちら2D AV一体型はこちら)。現行モデルとの仕様の違いについて触れたこちらのFAQや、新モデルの特徴について触れたこちらのFAQは必見です。「感度を上げたタッチパネルで、軽く触れるだけで反応するため、今まで以上に快適な操作ができます。」と記されているところをみると、何かしらタッチパネルに改良が加えられたということでしょうか?

パイオニア、新型楽ナビ正式発表

新型楽ナビがついに正式発表されました。プレスリリースはこちら。事前の噂どおりAV一体型モデルが追加され、オンダッシュタイプには7インチモニターが採用されたものの、インダッシュタイプはリモコンを除き先代の概観からほとんど変化無し。その代わりなのか、インダッシュタイプの希望小売価格は10%近く引き下げられ、AV一体型モデルの価格が先代のインダッシュタイプのそれとほぼ同等に設定されています。地図ディスクとして新たにType.IIIが採用されましたが、ナビ機能に限ってみれば、新機種で出来てCNDV-R2300を適用した旧機種で出来ないことが何なのか気になります。プレスリリースを見る限り両者に違いはないようにもみえますが、真相やいかに。新楽ナビの広告には、哀川翔さん、勝俣州和さん、柳葉敏郎さんがトリオで登場されるとのこと。何だか賑やかなCMになりそうですね。それにしても、初代DVD楽ナビ用のバージョンアップソフトCNDV-R500(?)だけ話題にのぼっていないのは、一体どういうこと?

2004/9/26

BEC104G、リバースギア連動への道

デンソーネットブログさんで以前紹介されたBEC104G/リバースギア連動キットついに発売されました。似たような商品が個人レベルでオークションを通じて販売されていたりもしますが(→例えばこちらの商品)、いずれの商品も、「裏技と聞くと、なんだか気持ち悪い」という方には朗報かもしれません。ただ、イクリプスBEC103が唯一の小型バックカメラだった頃ならいざ知らず、「安い・早い・うまい」の3拍子揃ったFinemine FM-132BCがある今となっては、敢えていばらの道を歩む必要も無い?
→ (関連情報)バックカメラ、買い物相談室

HDDサイバーナビ vs Fクラス比較テスト by ナビ男くん

おーっと、ナビ男くんに動きがー! HDD[サイバーナビ]と[ストラーダ]Fクラスの比較テスト(「カーナビ維新・新選組!始末記」)に第二部~藩邸御用改め編~その第1話、第2話が追加されました。100kmに及ぶ一般道中心の激走テストを征するのは一体どちら?

2004/9/21

新楽ナビ、Xデーは27日?

おーっと、またまたウチのトラさんに動きがー! 前回掲載された情報の訂正と共に新たな情報を追加されています。注目はバージョンアップソフトの発売日。もし現行機種と同一シリーズのディスク(CNDV-R2300?)が採用されるのであれば、新機種発売から間を空けずに発売されるはず。実際、過去の例をみても大抵翌月には発売されていたようです(CNCD-200,CNCD-300,CNDV-R200,CNDV-R2200)。もしそれが、年が明け、さらには春の気配が感じられる頃に発売ということであれば、新機種ではType.III(?)が採用される可能性が高いと言えそうです。Xデーは27日とのことですが、週末にはフライング公開されるショップさんが現れる?

角速度センサ、松下電器「ism」“デバイスの森”探検記

松下電器のものづくりスピリッツ発見マガジン「isM」にて角速度センサが取り上げられています(※リンク先はHTML版ですが、Flash版の方が見応えがあってお薦めです)。内容は読まれてからのお楽しみとして、2004年モデルでも業界最小サイズを実現されています(プレスリリース/製品情報)。カーナビを支える心臓部品だけあって、サンプル価格も1個5,000円と存在感があります。ちなみに、ルネサスSH7770のサンプル価格は8,000円(プレスリリース)。量産価格とはまた別なので一概には比較できませんが、角速度センサがいかに高価な部品であることがお分かり頂けるかと。

2004/9/20

新楽ナビ、ついにケータイと連携か?

おーっと、myトラヴィックと趣味のHP改めウチのトラさんに動きがー! 噂の新楽ナビについて気になる情報を掲載されています。もし現行サイバーナビの通信機能やハードを一部取り込んでくるようだと、その程度によってはWindows Automotive化、さらにはルネサスSH7770搭載といったフルモデルチェンジの可能性もあるかもしれません。携帯電話といえば、改正道路交通法が来る11月1日から施行されるだけに(参考→「運転中の携帯電話、普通車は反則金6千円」@デンソーネットブログ)、ハンズフリー機能が搭載されれば宣伝もしやすかったりして。3年後をめどに全プラットフォームのWindows化が予定されていますが、DVDナビのまま一体どこまで楽ナビを進化させるのか、答えは今月中には出る?

2004/9/18

ナイトライダー シーズン1 コンプリートDVD-BOX

ユニバーサル、「ナイトライダー」と「Aチーム」を再DVD-BOX化(AV Watch-9月10日)】 ナイトライダーといえば、先日もお伝えした通り、米国でシーズン1全作品を収めた“Knight Rider - Season One”が発売されたわけですが、早くも日本版が発売されることになったとか。「日本で放送されたエピソードでは、放送と同じ日本語吹替え音声を一部収録予定。」とされている以上まだ安心はできませんが、ナイトライダーファンとしては実に嬉しいニュースです(参考→ナイトライダー シーズン1 コンプリートDVD-BOX@Amazon.co.jp)。

2004/9/17

パナHDナビ、最新ランドマーク情報データ

パナHDナビの最新ランドマーク情報データ(2004年9月17日リリース版)が公開されました。ダウンロードはこちらから。他にHD9000の最新プログラムデータやHDS950MD/HDS900DのCDDB更新データも公開されています。現役を退いたナビでも、こうしてプログラム更新して頂けるのは実に有り難いことです。

2004/9/15

間もなく登場の楽ナビは「フルモデルチェンジ」?

おーっと、オオバデンキさんに動きがー!もうすっかりお馴染みとなった巷のうわさ&ヒトリゴトで楽ナビの新作モデルについて触れられています。先日もお伝えした通り、AV一体型モデルが追加されるとの噂もあるわけですが、一体どの程度の「フルモデルチェンジ」になるのか気になるところです。

2004/9/13

ついにアゼストから新型バックカメラ登場か?

価格コム掲示板に気になる書き込みが。アゼスト(クラリオン)から新型バックカメラが登場との噂が最初に話題になったのは、今から遡ること約1年前。アゼストのバックカメラについては「アゼストナビ、バックカメラ大研究」で長らく追いかけてきただけに、実に感慨深いものがあります。BEC104をも凌ぐ超小型バックカメラが登場する日も近い?

イクリプス、最新フラッグシップモデルAVN9904HD発表

富士通テンから、イクリプスカーナビの最新フラッグシップモデルAVN9904HDが発表されました(プレスリリースはこちら)。前作AVN9903HDではボディーカラーの違いで2モデル用意されていたわけですが、今回は「ブラックを基調として、光沢感あるシルバーと組み合わせ」と書かれているので両者が統合(?)された模様です。

2004/9/12

初代HDD[サイバーナビ]開発秘話

カーナビにアカデミックに迫るのも面白いですが、プロジェクトXのようなドキュメンタリーも見るものを魅了します。らくなびが最近目にして「うぉー!」と感じたのは、初代HDD[サイバーナビ]開発秘話。HDDサイバーナビのユーザーを対象としたメールマガジンの中で、2003年8月から2004年6月に6回に渡り掲載されたものですが、ユーザー限定だったこともあり、まだご覧でない方も多いのでは? 以前から度々話題になる、技術情報誌「PIONEER R&D」のカーナビ特集と併せてご覧になれば、理解が深まること間違い無し?

ソニーXYZ、内部基板

ASCII24製品レビューにソニーXYZの記事が掲載されています。内部基板の写真が添えられているのがポイントです。

2004/9/11

「抜け道探索の六法則」 by ナビ男くん

ナビ男くんのストラーダFクラステストレポート、今回は「抜け道探索の六法則」 と題し、Fクラスの抜け道探索機能に「まじめかつアカデミックに」迫られています。何でも次回はサイバーナビの渋滞予測も取り上げられる予定だそうで。「ぬけみち」表示/探索機能は現行機種全てに搭載されているので、パナナビを検討されている方なら是非押さえておきたい仕様かも。さてアカデミックといえば、談話室にも度々お越し頂いている力野さんから「カーナビ使いこなしガイド」(→CQ出版社書籍案内)を横浜市立図書館で見かけられたとの情報をお寄せいただきました。当談話室でも以前話題になりましたが絶版ということで皆さん苦労されているようなのでお探しの方は是非! また、力野さんからはこちらの書籍(→自動車工学シリーズ『ナビゲーションシステム』 新居宏壬,鷲野翔一 編著,山海堂)も教えて頂きました。この週末、図書館でカーナビにアカデミックに迫るなんていかが?

2004/9/09

オムロン、カーモニ500専用ヒューズ接続ケーブル

おーっと、カーモニ500にも動きがー! 本日更新されたオフィシャルサイトのオプション情報によれば、「カーモニ500専用ヒューズ接続ケーブル」が「10月以降発売予定」とのこと。当初から取扱説明書には記載されていただけに、正直「やっと出たか」という感はありますが、バッ直ファンとしては選択肢が増えて良かったです。これまでもユーザーから希望が寄せられていたわけですが、このタイミングでの発表はライバル製品のオートポリスVDF2040を意識してのこと?
→ (関連情報) みんなのインプレッション 【カーセキュリティー編】
→ (参考情報) 楽天市場で「カーモニ500専用ヒューズ接続ケーブル」を検索

2004/9/08

楽ナビの新機種ではAV一体型モデルもラインアップ?

新機種が「もうすぐ登場」と噂の楽ナビですが、価格コム掲示板に気になる書き込みが。CD楽ナビの時代には2DINのAV一体型モデル(AVIC-XM510/XC510/XM520/XC520)もラインアップされていたわけで、DVD楽ナビでも同じ展開になるのでしょうか?

2004/9/06

オートポリスVDF2040、製品情報ページ公開

おーっと、松下電工オートポリスのオフィシャルサイトに動きがー! 本日公開されたVDF2040の製品情報ページによれば、「バッテリー直結ハーネスユニット」が近日発売予定とのこと。「バッテリーユニット」だけでも驚いていたのに直結もできてしまうとは...。「痒い所へ手が届く」とはまさにこのこと? Q&A集でもサンデードライバーのことを気にされていることが伝わってきて好感触です。カーモニ200の頃からバッテリー直結にこだわり続けてきただけに、感慨もひとしお。まぁ、カーモニ500の前例があるので、実際に発売されるまでは安心できませんけど。
→ (12/1追加) バッテリー直結ハーネスユニット(VDF2944)がついに12月中旬発売予定とのこと。詳細はこちら
→ (参考情報) 楽天市場で型番“VDF2944”を検索

2004/9/05

HDDサイバーナビ vs Fクラス比較テスト by ナビ男くん

おーっと、またまたナビ男くんに動きがー! 先日予告されていたHDD[サイバーナビ]と[ストラーダ]Fクラスの比較テスト(「カーナビ維新・新選組!始末記」)が本日公開されました。ナビ男くん初の動画公開を勝手に期待していましたが、今回は夢破れたりということで今後の楽しみ(?)にとっておきます(^_^)。

2004/9/02

ナビ男くんがナビックTVA-033を推される理由

おーっと、ナビ男くんに動きがー! カロ04HDDサイバーナビテストレポートの第2回目が公開されました。今回は、近日公開予定「パナソニック[ストラーダ]Fクラスとの比較テスト」のいわば予告編。「渋滞情報に敏感に反応」する癖はカロナビ伝統で、楽ナビにも代々遺伝してきたわけですが、その辺りの癖ががらりと変わってしまったとか。店長さんが「大躍進」「歴代最強!」と銘打たれるだけに、早くも公開が楽しみです。楽ナビについて「もうすぐ登場」と書かれている点も、価格コム掲示板のこちらの書き込みなどと共に気になるところです。番外編のTVA-033レポートは、ナビ男くんが推される理由が個人的に気になっていただけにナイスタイミングでした。

オートポリスVDF2040の実用通信距離はどれくらい?

毎月1日は大塚電装機器さんの日」、ストラーダDVシリーズが正式発表されたことで無事迎えることができました。注目は「こぼれ話コーナー」に書かれたアンサーバックタイプ簡易型セキュリティーの話題。なんでもオートポリスVDF2040の通信距離は、アギュラスVE-S70Rとカーモニ(500?)の間だとか。松下さんから伝え聞かれた話とはいえ、3製品を直接比べられないエンドユーザーとしては参考になります。 先日お伝えした通り、オートポリスVDF2040には「バッテリーユニット」(近日発売)がオプション設定されていて、シガーソケットタイプのセキュリティーにありがちな連続動作日数の短さを多少改善できるようです。今回の話のように通信距離がそれなりに期待できるのなら、ちょっと前向きに購入を検討してみたい気も。
→ (関連情報) みんなのインプレッション 【カーセキュリティー編】
→ (関連記事) 拡張アンテナユニットVDF2945の実力は?

2004/9/01

阪神高速ETC化キャンペーン、早くも第2弾

先日実施された阪神高速ETC化キャンペーンですが、早くも第2弾が実施されるそうです(→プレスリリース)。具体的な手続きなど実施内容の詳細については、ETC総合情報ポータルサイトのこちらのページをご覧ください。

来年度以降、パナナビは大きく変貌を遂げる?

新型ストラーダDVシリーズの発表と同時に、気になるプレスリリースが公開されています(→「業界初、デジタル家電統合プラットフォーム UniPhier™(ユニフィエ)」)。何でも来年度以降、パナナビは大きく変貌を遂げるようで。先日発表のあった新型グラフィックプロセッサユニットGRiTT®-2と共に将来が楽しみです。

パナソニック、ストラーダDV255/DV155シリーズ正式発表

おーっと、パナソニックに動きがー! かねてから噂になっていたDVDカーナビステーションの新製品、ストラーダCN-DV255D/CN-DV155Dシリーズが正式発表されました。プレスリリースはこちら。ホームページの定例更新に寸前のところで待ったがかけられていた闇烏さんも、これで晴れて更新できるというものです。さて肝心の製品の方は、写真を含め既に伝わっている通りで、パナナビらしい実に順当なマイナーチェンジ。順序からすれば今年はフルモデルチェンジであろう、ライバル楽ナビの秘策が気になります。
→ (9/1追加) 早速、製品情報ページが公開されました。

ADs Space
Links