らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2004/11/29

HDD555 '04秋版エリア地図ダウンロードサービス開始

アルパインHDD555シリーズ向けの'04秋版エリア地図ダウンロードサービスが予定通り本日から始まりました(→MyDriveNet.Com)。ナビ男くん週刊アルパイン ゴーゴーゴー 第9週目でコメントされていましたが、「インストールに何と1時間!」かかるとか。地域によって多少の差はあるでしょうが、ダウンロードされる方はご覚悟(?)のほどを。さてアルパナビといえば、コンタクトさんの掲示板に新型ETCユニットの情報が寄せられています(No.4182「メーカーの回答ですが」)。何でも、「ALPINE現行HCE-B013の次機種『HCE-B023(アンテナ分離型)』が発売予定」とのこと。純正ETCユニットを検討されている方は要チェックです。
→ (参考情報) 楽天市場で型番“HCE-B023”を検索

2004/11/27

Response. 最新カーナビ徹底ガイド 2004秋冬版

Response.に最新カーナビ徹底ガイド 2004秋冬版が掲載されました。他に似たような情報としては、オートバックスのWebサイトにて先日公開されたデジタルドライビングマガジン第6号もあります。良い点ばかり紹介されていて、悪い点には一切触れられていないのがこうしたカタログ情報の常ですが、行間を読めば真の姿が見えてくる?

2004/11/25

DVD[楽ナビ]PDF版マニュアル、一部公開開始!

パイオニアお客様のページ内の取扱説明書ダウンロードコーナーに、新型DVD楽ナビのPDF版マニュアルが追加されました。但し今回はAVIC-DR10/DRV20/DRV50の「取付説明書」と「ナビスタート&AVブック」のみ。「ナビゲーションブック」やAV一体型モデルについては、また後日ということでしょう。

2004/11/19

DVD[楽ナビ]、TVCMオンエア開始!

おーっと、ナビ男くんに動きがー! ストラーダFクラスとアルパイン555SSの比較テスト「カーナビ太閤記」、後編となる第五話、第六話、そして裏ナビが公開されました。また新たに楽ナビのモニターマットブラックペイントサービスをはじめられたとか(更新履歴)。既に先代楽ナビの頃から、ナビ男くんの取り付け写真(例えばこちらなど)にはブラックフェイスの楽ナビが写っていたので、案外、これまでも裏ナビならぬ裏メニューとして提供されていたのかも。さて楽ナビといえば、本日19日からTVCMオンエア開始とのこと(「哀川、柳葉、勝俣CM“一世風靡」 goo映画-11月17日)。早速Yahoo!ニュース - 芸能会見コーナーにて、メイキング映像と共にCMが公開されています。 なんだかよく分からないCMに仕上っていますが(^_^)、これもまた楽ナビCMの伝統といったところでしょうか。とりあえず、ソイヤ!ソイヤ!ソイヤ!ソイヤー!
→ (11/19追加) DVD[楽ナビ]オフィシャルサイトの新コーナーDVD[楽ナビ]magにて、CMメイキング情報やTVCFの公開がはじまりました。映像自体は既にYahoo!で公開されているのと同じもの。他にDVD[楽ナビ]開発ストーリーと題する企画担当者、デザイナーのインタビュー記事も紹介されています。

2004/11/18

「『Made in Japan』の最高品質」、お値段の方も最高クラス?

先日お伝えしたユピテルの新型カーセキュリティPantheraですが、Reponse.に紹介記事が掲載されました(→【プロテクタ パンテーラ】国産初の高機能型カーセキュリティ)。値段を見て思わずビックリ! まぁ、完全に専門店向けのモデルとなれば、らくなびの感覚と一桁違って当然ですけど(^_^ゞ。

自家用車向けWitness、取得映像の閲覧機能は無し

先日もお伝えした自家用車向けWitnessですが、オフィシャルホームページに「現行の営業車向けと今後発売予定の自家用車向けについて」と題するお知らせが掲載されました。これによると、自家用車向けWitnessにはユーザー自身が取得映像を閲覧できる機能は無いとのこと。「事故時の対応」を主眼に置けば、閲覧できない方が好ましいのはもちろんですし、ドライブレコーダーの性格上やむを得ないのですが、、、。頭では分かっていても、庶民的にはちょっと残念です。もうこうなったら、先日ニュースにあったパナの警察/国防組織向け車載デジタルビデオシステムを積むしかない?(^_^)
→ (関連ニュース)松下の米国法人、警察/国防組織向けの車載デジタル・ビデオ・システム(nikkeibp.jp-11月15日】

2004/11/17

HDS930M付属フィルムアンテナとナビックTVA-033の関係は?

先日もお伝えしたストラーダDVシリーズのTVアンテナ変更モデルCN-DV155FD/CN-DV255FDですが、CN-HDS930MDと共にさりげなく取扱説明書が公開されています(→ダウンロードページ)。注目していた付属アンテナの仕様は、HDS950M/HDS900と同じもの。HS400の付属フィルムアンテナとのつりあい(?)はとれませんが、時期的にはHDS930Mと同じになる可能性もあっただけに妥当なところでしょうか。HDS930Mの付属フィルムアンテナといえば、サイズ・アンテナパターン共に錦織ナビックのTVA-033と瓜二つで、両者の間に密接な関係があるように思えてなりません。ただナビ男くんHDS930Mの見積りフォームでTVA-033をオプション設定されているところをみると、やはり両者は全くの別物? 果たして両者の関係やいかに!?
→ (関連情報) フロント貼付アンテナ、買い物相談室 / みんなのインプレッション 【カーナビゲーション編】 / クローズアップ・ナビ!

2004/11/16

パナナビ用地図ソフト2004年度版、12月上旬発売予定

パナソニックカーナビ用の最新年度更新版地図ソフト2004年度版の情報がオフィシャルページに掲載されました。HDX300用のCA-HDL1522DやHD9000/HDX730シリーズ用のCA-HDL1521Dの製品案内ページをみる限りでは、「まかせてサーチ」対応等、機能的なアップデートは見送られた模様です。いずれも、DV250/DV150/DS100シリーズ用のCA-DVL1515DやDV3000/DV7700/DV5500シリーズ用のCA-DVL1513DといったDVDナビ向け地図ソフトと同時に12月上旬発売予定とのこと。早速、松下グループのショッピングサイト「パナセンス」で予約受付が始まっています(→最新パナソニックカーナビ用地図ソフト)。本日から来月15日までの期間限定で10%のポイント(通常は5%)が付くフェアが実施されているので、ご入用の方はお早めに。
→ (参考情報)
楽天市場で型番“CA-DVL1513D”を検索 (DV3000シリーズ/DV7700/DV5500用)
楽天市場で型番“CA-DVL1513RD”を検索 (DV3000シリーズ用リモコン付)
楽天市場で型番“CA-DVL1514D”を検索 (P-NAVI/DV2200シリーズ用)
楽天市場で型番“CA-DVL1515D”を検索 (DV250/DV150/DS100シリーズ用)
楽天市場で型番“CA-HDL1521D”を検索 (HD9000/HDX730シリーズ用)
楽天市場で型番“CA-HDL1522D”を検索 (HDX300用)

ケンウッド「次世代ネットワーキング」で打ち出される新機軸

先日お伝えした通り、来年前半にWindows Automotive®搭載の新型カーナビを発売(予定)と発表したケンウッド。その後調べるうちに、驚くべきは搭載OSにとどまらないことを知りました。注目は、先のプレスリリースと同時公開された2005年3月期(第76期)中間決算報告(連結)の7ページにある一文(以下引用)。 「当社はこれまで他社との共同開発によってカーナビゲーションシステムのコアテクノロジーのサポートを得てきましたが、市販カーナビゲーションシステムの主戦場における競争力を抜本的に強化するため、戦略投資によって昨年から強力に推進してきた独自技術開発による自社ナビシステムの商品化を完了しました。」 ケンウッド主体で開発されたとなれば、これまでのデンソーOEMの製品とは多少違ったテイストになったりして。また先のプレスリリースで「来年の前半」とされていた市場投入時期についても、「第4四半期」とより明確にされています。カーナビ・カーオーディオとの親和性を高めたHDD携帯音楽プレーヤーも同時期に発表となれば、来年前半はケンウッドから目が離せない?
→ (関連ニュース)ケンウッド、デジタル携帯オーディオに参入(日経産業新聞-11月15日)/ケンウッド、ポータブルHDDプレーヤー事業に参入(Yahoo!ニュース-日刊工業新聞-11月15日)】

2004/11/15

イクリプスのカーナビに汎用バックカメラを付ける方法 by 「クマの穴本店」様

ここしばらくの間、ヤマフジ産業さんのNAVI/AUDIO サポートBBSイクリプスのカーナビに汎用バックカメラを付ける方法が話題になっていました。そしてついに、投稿を寄せられていた方がご自身のホームページ(DIYと旅のHP「クマの穴本店」様)にその集大成ともいうべき情報をまとめられました(→「イクリプスナビの裏技 AVN4403D(4404Dでも可)で汎用バックカメラを純正と同じに使う方法」)。イクリプス製のバックカメラBEC104G/BEC103を市販のカーナビに装着する方法は既に多くの方に知られるところとなりましたが、逆のパターンはこれまで情報としてほとんど無かっただけに必見です。

2004/11/13

ストラーダFクラス vs アルパイン555SS比較テスト by ナビ男くん

おーっと、ナビ男くんに動きがー(更新履歴)! 前回の「カーナビ維新・新選組!始末記」に続き、ストラーダFクラスとアルパイン555SSの比較テストカーナビ太閤記」を掲載されています。今回はその前編となる第一話から第三話まで。先日ストラーダFクラスのレポートにて抜け道探索の六法則をまとめられたマッハ郷さんですが、今回のテストでは「抜け道の途中で幹線道路に出た場合、そちらが空いていたら通常の案内に戻すといったような『普通のドライバーの思考なら当然やるだろう』というスタンス」で臨まれるとのこと。「王道的幹線重視主義」(byマッハ郷さん)のストラーダFクラスに対し、アクティブルートサーチ3で攻めるアルパ555SS。名古屋を舞台に繰り広げられた勝負の行方やいかに!?
→ (11/14追加) 早くも第四話を掲載されています。店長さんの555SSに「テスト始まって以来のアクシデント」発生!勝負の行方やいかに!?

2004/11/12

「次世代ネットワーキング」、第一世代機HDM-777登場

おーっと、ケンウッドに動きがー! 本日発表されたプレスリリースによれば、Windows Automotive®をOSに搭載した次世代ネットワークカーマルチメディアシステムHDM-777を商品化したとのこと。今回の製品は特定販路向けモデルですが、プレスリリースからは新システムにかける並々ならぬ意気込みが伝わってきます。先日もお伝えした通り、巷でも来年早々の新機種投入が噂されるだけに、「来年の前半にその第一弾を市販市場で本格展開する予定」とのコメントは要注目です。

インダッシュ取付モデルNV-XYZ88、正式発表

かねてから話題になっていたソニーXYZのインダッシュ取り付けモデルNV-XYZ88がついに正式発表されました。12月10日発売とのことで、早速オフィシャルページに情報が掲載されています。またNVA-VB4の代わりとなる新型ビーコンユニットNVA-VB5も発売されました。注目はXYZ88で新たに搭載された新機能。おそらく近いうちに既存モデルに対してもアップグレードサービスが提供されるのでしょうが、ユーザーからのフィードバックを受け今後もこうした地道な改良が進むとしたら、他社にとって脅威となりそうです。
→ (参考情報) 楽天市場にてNV-XYZ88の価格を検索

テレ朝・報道ステーション、ETC特集本日放送!

先月下旬以来、待ちに待った報道番組がついに本日放送されます(テレビ朝日系列「報道ステーション」)。テレビ欄には「なんかヘンだぞ…高速道路料金所をスイスイ国交省肝いりのETC普及の陰に新たな天下り利権団体」(→インターネットTVガイド東京版12日)との見出しが躍り、早くも気合い十分。ただ、延長がつきものの日米野球「第7戦」を前に控え、横にはDr.コトー診療所のスペシャル番組が並ぶとなると、ビデオの録画予約には悩まされそうです。
→ (11/17追加) テレ朝・報道ステーションのホームページに先日放送された特集の概要が掲載されました(→特集「ETC普及の陰で新たな天下り団体が・・・」)。

2004/11/11

ストラーダCN-DV155FD/CN-DV255FD、Fはフィルムアンテナの証?

先日の記事で謎として残っていたエーセレクト02の掲載内容ですが、オンラインでの公開が始まったことで判明しました(→オートバックス カーライフグッズマガジン[エーセレクト])。注目の035-036ページ(ウェブのページ番号だと38-39ページ)には、CN-DV155D/CN-DV255DのTVアンテナ変更モデルとして、CN-DV155FDCN-DV255FDが紹介されています。いずれも「11月中旬発売」とされ、オートバックス標準価格はオリジナルと変わりありません。オートバックス発行のフリーペーパーに掲載されている以上、専売モデルの可能性も考えられますが、先日大塚専務さんがどこか思わせ振りなコメントをされていたところをみると、一般に市販されると考えるのが無難? 追加モデルなのか、置き換えられてしまうのか分かりませんが、答えが出るのも時間の問題と言えそうです。
→ (11/16追加) サントミデンソーさんのTOPページにて、上記型番に加え、リヤビューカメラセットモデルと思われるCN-DV155RFDCN-DV255RFDが紹介されています。こうなると一般に市販されることはほぼ確実で、発表はもはや時間の問題と言えそうです。
→ (関連情報) みんなのインプレッション 【カーナビゲーション編】 / クローズアップ・ナビ!

2DIN一体型モデル、冬のボーナス商戦は激戦必至?

新DVD[楽ナビ]、コンタクトさんのこちらの記事によれば、2D AV一体型タイプの出荷が始まったそうです。これまでメディアへの露出は控えられていましたが、今回の出荷開始でメーカーさんも本格的なパブリシティ活動を展開されるとなれば、レスポンス等で搭載OSについて言及される日も近かったりして。記事にある通り、冬のボーナス商戦では各社の2DIN一体型モデルが激突するわけですが、ここで忘れてはならないのがケンウッドの動向。先日お伝えした通り、来年早々の後継モデル登場が噂されるHDV-910/810ですが、一昨日あったハイブリッド型音声合成ソフトウェアのプレスリリース内で「近日発売予定のカーナビゲーションへの搭載を検討中」とコメントされています。もちろんHDX-710の後継モデルという可能性もあり、実際巷レベルでもこうした噂があるわけですが、いずれにせよ新製品発表を間近に控え、ショップさんの特売セールにもますます力が入るというものです。

DVDビデオを見れないカーナビでも使えるレンズクリーナー

タグチ・エンタープライズから、DVDナビでも使えるレンズクリーナーCAR-100が11月下旬に発売されるそうです(製品情報ページはこちら)。ラウダのレンズリフレッシャーなど、従来あったレンズクリーナーはどれもDVDビデオ再生機能を持つナビを対象としていただけに、そうした制限がない今回の製品は気になる存在です。

2004/11/10

アルパ最新地図ディスク、データ鮮度が大幅アップ!

先日談話室にも情報をお寄せ頂いたアルパインDVDナビ099シリーズ用のバージョンアップディスクですが、「2004/11発売予定」とされていたものが「2004/11/12発売予定」に変わりました。これに合わせ、アルパインの公式Webサイトにも製品情報が掲載されています。HCE-V203では発売時(2003年7月発売)から遡ること約1年4ヶ月前の2002年3月時点の道路・地図データが収録されていたのに対し、今回のHCE-V204では僅か約8ヶ月前の2004年3月時点のものが収録されているのは要チェックです。さて、アルパナビといえばナビ男くんですが(?)、今日水曜日は【週刊アルパインゴーゴーゴー】の発行日。第10週目の今回は「アルパインでなければ抜けられない道が存在する」と題し、N555SSの渋滞回避能力についてレポートされています。「HOTよりもCOOLな刺激」、あなただったらどのナビをお供に選ばれます?
→ (参考情報) 楽天市場で型番“HCE-V204”を検索
→ (12/27追加) HCE-V204を入手されたどんぐりさん(セレナ&アルパインナビのページ)が、こちらでレポートを掲載されています。「プログラムの更新は特に無く、地図データの更新のみ」とのことです。

まこでんさんで見る、「カーナビゲーションの歴史~パイオニア編」

おーっと、「まこでん」ことマコト電機さんに動きがー! まこでんチャンネルにて、シリーズ最終回となる「カーナビゲーションの歴史~パイオニア編」を公開されています。相変らず管理人さんのコレクター魂には驚かされるわけですが、やはり今回の注目は隠れサイトにさりげなく掲載された専務さんの食対決シリーズ第1弾。その名も『The カツ!!』あの闇烏さんも大絶賛のこの企画。見てしまったら最後、カツを食べたくなること間違い無し? 闇烏さんといえば、先日話題になった大塚電装さんのTV取材は12日(金)にOA予定とのこと(闇夜の日記より)。こちらもお見逃し無く!

2004/11/09

自家用車向けWitness、値段は3万円程度?

昨日8日のテレビ東京ワールドビジネスサテライトドライブレコーダーが特集されました。早速、Witnessオフィシャルページの「テレビ放送一覧」コーナーにて番組の映像が公開されています。特集の最後で小谷さんが、間もなく発売予定の自家用車向けWitnessについて、現在の営業車向けWitnessと比べて「これの半分のサイズで値段も大体3万円くらい、半分くらいのお値段のものが個人用で4月から売り出される」と紹介されていました。またコンパクトフラッシュカード採用の営業車向けWitnessと違い、メモリーは取り外し不能(内蔵)とのことです。まぁ、取り外し不能とはいっても、ヒヤリとした場面の自己分析等は多くの方の要望としてあるはずで、営業車向け同様、専用解析ソフトが提供されるとは思いますけど。来年4月発売予定とのことで、期待が膨らみます。
→ (11/18追加) 別途こちらの記事で申し上げている通り、自家用車向けWitnessにはユーザー自身が取得映像を閲覧できる機能は用意されないとのことです。

ストラーダDVシリーズ付属アンテナ、カタログ表記の謎

サントミデンソーさんから耳寄りな情報を2つお寄せ頂きました。1つ目は、「DV255/DV155カタログ5ページに、付属品フィルムアンテナの文字!ミスプリ?」というもの(→ストラーダDV/DSシリーズカタログ2004年10月版)。先日に続く2箇所目のミスプリ(?)発見で、ストラーダDVシリーズの付属アンテナは今後ますます目が離せなくなりそうです。2つ目は、「オートバックスマガジン・エーセレクト02・035-036ページに新品番が!」というもの。残念ながらウェブではまだ未公開なので肝心の内容の方は分かりませんが(→オートバックス カーライフグッズマガジン[エーセレクト])、こうして2つの情報を一緒にお寄せ頂いたところをみると、両者は関係があったりする?

2004/11/06

ユピテルからカーセキュリティ新製品が続々登場!

ユピテルのWebサイトにて、Aguilas Pro(Ops Series)とPanthera、新たな2つのカーセキュリティブランドが紹介されています。以前お伝えした通り、書籍版の「危機管理カーセキュリティ 完全マニュアル」には、ユピテルから専門店でのインストールを前提としたモデルが発売されるとの話があったわけですが、これらのことだったのですね。製品紹介ページを見る限りでは、Aguilas ProはVE-S3500/VE-S8500の上位モデル。正直、新しいブランドを冠するほどの違いは無いようにも見えますが、それも販売ルートを変えるためでしょうか? 一方のPantheraは完全に専門店向け。クリフォードを頂点に米国製が幅を利かせるカーセキュリティ製品の中にあって、「『Made in Japan』の最高品質」はどの程度評価されるのでしょうか?

2004/11/04

自家用車用ドライブレコーダーWitness、まもなく発売開始

当サイトでもだいぶ前から注目しているドライブレコーダーWitness、リニューアルされた公式サイトの情報によれば、その自家用車向けの製品が早ければ来年春には発売されるそうです。今後、価格設定がどうなるかが気がかりですが、事故はいつ何時起こるか判らず、価格がこなれるのを待つというのもそぐわないとなれば、仮に7万円台でも安いと考えるべきなのでしょうか? 庶民派らくなびとしては、実に悩ましい問題です。なお、「Witnessって 、一体何モノ?」という方は、「テレビ放送一覧」コーナーにて動画が公開されていますので是非一度ご覧になることをお薦めします。

2004/11/03

VICSビーコンレシーバーVF-B500、VIX103と互換性あり?

価格コム掲示板に気になる書き込みが。VIX103といえば、イクリプスナビ2003年モデルの中で唯一デンソー製のAVN7703Dに設定されていたオプション。HDV-910/810も同じくデンソー製であることは皆さんご存知の通りで、互換性があっても不思議ではありません。試しに楽天市場で両者の価格動向をチェックしてみると、現行ラインアップから外れたVIX103の方が取扱店は少ないものの、一方で掘り出し物も出やすいようです。オークションでも同様の傾向が見られました。今のところ後継機種が無いAVN7703Dに対し、来年早々の後継モデル登場が噂されるHDV-910/810(→サンライズカーオーディオさんで管理人さんのページを覗いてみると...)。長期的にみれば、AVN7703Dユーザーの方のVIX103調達法としても有効だったりして。

2004/11/01

カーナビコミュニティ CLUB Strada 誕生!

パナソニック提供のカーナビコミュニティサイト CLUB Stradaが本日オープンしました。カーナビに関する疑問・質問コーナー「教えて!ストラーダ」をはじめ、気になるサービスが目白押しです。あくまでパナナビの登録ユーザーに限られたサービスで、メーカー(事務局)からの公式コメントを期待できないのは残念ですが、まずは新しい門出に拍手を送りたいです。特に12月1日オープンの「SDフォトコミュニケーション」は、クラスを問わずSDメモリカードに対応するパナナビだからこそできるサービス。提供される情報次第ではパナナビの魅力が大幅にアップする可能性大なので、今後の動向に要注目です。えっ?どなたですか、オービスポイントネズミ捕り目撃ポイントをアップロードしようなんてお考えなのは!!

ストラーダDVシリーズ、付属アンテナから目が離せない?

大塚電装機器さんの月初めの定例更新、今回もきっちり1日午前0時台に更新されています(今回の更新内容)。今回の注目は「こぼれ話コーナー」。パナ・ストラーダDVシリーズの付属アンテナについて話題にされていますが、大塚専務さんのどこか思わせ振りなコメントが気になります。HS400は、先代HDX300の付属アンテナが簡易アンテナだったこともあり、ブースター無し&1chという仕様でも「まぁ、そんなものかな」ということで通っているのでしょうが、今も昔もダントツの性能を誇るロッドアンテナの代替となると、やはり上位機種と同等のアンテナが採用されるのでしょうか? でもそうなると、HS400はDVシリーズの格下(?)ということに...。先日のようにプレスリリースの段階と実際の製品とで付属アンテナの仕様が変わるケースもあるだけに、しばらくスペック表から目が離せそうにありません。

ADs Space
Links