らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2005/6/27

パナ子さんはどこへ消えた?

[ストラーダ]Fクラス05モデルのさりげなくも重大な(?)変更点といえば、起動画面から通称「パナ子さん」が消えてしまったこと。先日オンラインで公開されたマニュアルを開いてみても(→ダウンロード)、そこにパナ子さんの面影は見当たりません。何かしら設定が追加されたのかとおもえば、表向きそれも無く、残すは裏コマンドの存在に期待するのみのようです。パナナビを扱った個人ホームページでよく話題になるパナ子さんですが、新ストラーダのブランドイメージにそぐわないと判断されたのでしょうか?
→ (参考情報)Panasonic CN-HDX300D/オープニング画像・音声集」 by K11マーチ乗りさん、「Panasonic HDX300のページ/オープニング・ギャラリー」 by ぼすさんさん
→ (10/25追加) Fクラス05モデルに続き、ミドルレンジのHDS630/HDS620シリーズでも「パナ子」さんが姿を消しました。

2005/6/24

「ルートアルゴリズムは神の領域」 by ナビ男くん

ナビ男くんのHDD[サイバーナビ]インプレッション、先週のルートイコライザー机上検証に続き実際に走って検証されています。何でも、「ルートアルゴリズムは神の領域」なので下手に触らないほうが良いとか。

2005/6/22

ヤック製TV基台ステーカバーVP-15/VP-16、まずはイエローハットから

イエローハット・ウェブストアにて本日22日付けでヤック製TV基台ステーカバーVP-15(グレー)/VP-16(ブラウン)の取扱いが始まっています。「むき出しになっている貼付TV基台の金属ステー部にかぶせるだけで、ダッシュボードとの一体感を持たせ、違和感を解消」できるモニタースタンドカバー。色違いでグレーとブラウンの2製品が用意され、デザインもこれまでのものに比べちょっとだけおしゃれかも。以前、ナビ男くんのヤック製モニタースタンドVP-T12紹介記事の中で、「試作品で未発売」という注釈付きで紹介されていましたが、とりあえず「イエローハット先行導入商品」として様子を見る模様です。
→ (関連記事) ヤック、新型モニタースタンドVP-T12

XYZ2004年モデル、最新ファームウェアVer4.00公開

ソニーからXYZ 2004年モデル向けの最新アップデートプログラムVer.4.00が公開されました(ダウンロードはこちらから)。大塚電装機器さんの闇夜の日記にもあった通り、2005年モデルでより完成度を高めたXYZシリーズですが、機能的にほぼ同等レベルへのアップデートが無料でできてしまうのは凄いの一言。アップグレード内容の詳細についてはこちらのPDFファイル(3.89MB)で紹介されています。
→ (6/23追加) ねずこさんが早速XYZ用オービスデータ用マークファイルを更新されています(V4.00zj)。詳細はこちらにて
→ (関連記事) ソニーXYZ、位置情報交換機能の活用法

2005/6/20

「SUPER時短ナビ」スペシャルサイト、ついに公開

6月中旬の公開が予定されていた「SUPER時短ナビ」スペシャルサイトですが、ついに本日公開されました(アクセスはこちらから)。インダッシュAVヘッドユニット(モニター部)とナビゲーション本体のセパレート設置を可能にするトランク取付キットKTE-T55Nは、インダッシュに1DINしか取り付けスペースを確保できない輸入車ユーザーに歓迎されそうです。まぁ、そのストリートプライス(@楽天市場)を知ると、らくなび的には驚かずにいられませんが。
→ (関連記事) アルパイン、スーパー時短ナビ・HD55シリーズ発表
→ (6/23追加) 唯一(?)KTE-T55Nの価格を掲示されていた森の中のオーディオ屋さんですが、「現段階では販売価格が分かりません」として天文学的価格に変更されました。

2005/6/18

ナビ男くん、新機能『ルートイコライザー』を机上検証

ナビ男くんのHDD[サイバーナビ]ロードインプレッション、第1回目の『ソリッドシティマップ』編に続き、第2回目の今回は新機能『ルートイコライザー』を机上で検証されています。レポートではリビングキットが大活躍ですが、もし今後、オンダッシュ一体型HDDナビが消え行く運命にあるとしたら(三洋電機を除く)、普及価格帯のHDDナビでこうした使い方はできなくなるのでしょうか。

2005/6/15

I-O DATA製FOMA接続アダプタ、カロサイバーナビと三菱ナビに対応

アイ・オー、パイオニア、三菱製カーナビ対応のFOMAアダプタ(ケータイWatch-6月15日)】 アイ・オー・データから発売予定とされていたサイバーナビ用FOMA接続アダプタNVPDC-IMT2K/Pですが、6月20日の発売開始が決まったとのこと。これにあわせてファクトリストアの製品情報ページも更新されています。

新型車載カメラ『ジコ録』 by 練馬タクシー

あの練馬タクシーさんがドライブレコーダーの発売を計画されているそうです。「一部業界紙等で報道されました新型車載カメラ『ジコ録』につきましては、現在生産段階に入っております。」とのこと。先日の訃報には心を痛めましたが、先代社長の遺志が受け継がれているのがせめてもの救いです。Witnessの公式ページに掲載されたアナウンスでこのことを知ったぐらいなので詳細は分かりませんが、とても気になる存在です。「あたかも弊社製品の改良版のような紛らわしいイメージを与えておりますが、この製品は弊社の改良版ではございません」ということは、DNP製「T4 MPEG-4モジュール」など、他社製モジュールが採用された可能性もあるわけで個人的にはむしろ好都合。個人用か業務用か分かりませんが、こうして選択肢が増えることは嬉しい限りです。
→ (6/15追加) 上にある「一部業界紙」とはバス・タクシーの専門情報紙「トラモンド」のことらしく、9日付けの記事「国交省:ドラレコの低廉化に期待 普及促進の方針示す」で紹介されていました。「20日から1台3万1500円で注文を受け付ける」のであれば、近日中に全貌が明らかになりそう。「矢崎総業が自社製のデジタルタコグラフ、タクシーメーターとも連動可能な「YZAC-eye」を発売」との情報も要チェックです。
→ (8/6追加) 練馬タクシーさんのウェブページにジコ録についてのアナウンスが掲載されました。「現在のところ、タクシー車両のみ対応中。申し訳有りませんが、一般への販売はしておりません。また、販売予定もございません」とのことです。
→ (関連情報) ドライブレコーダー、情報あれこれ(@お客さま談話室)
→ (関連ニュース)矢崎総業 ドライブレコーダY-eye発売(山口功司の物流コスト削減相談室-5月20日)】

2005/6/13

地上デジタル対応車載アンテナ、ロッドタイプ、フィルムタイプ?

大塚専務さんがその小ささに驚かれていた地上デジタル対応フィルムアンテナ(TY-CA210DTF)ですが、コンタクトさんの日記によれば「体感感度は、フィルムはロッドの約60%といったところ」だとか。デジタルゆえ、境界ではアナログ以上に差を感じるようで。

2005/6/08

オートポリス、ホームセキュリティとの組合せで自動通報システムへ進化

松下電工のワイヤレスセキュリティシステムMAMORIEのラインアップに省電力型ワイヤレス車上盗難センサー送信器ECD2440が加わりました。概観はオートポリスVDF2040/2140そのもの。ホームセキュリティと組み合わせた自動通報システムとは、実に松下電工さんらしい提案です。先日のセキュリティショー2005ではVDF2140が使えるとの話もありましたが(→Goo-net トレンドウォッチング)、VDF2040/VDF2140(オープン価格)が市場価格として「35,000円(税込)前後」を想定するのに対し、ECD2440の希望小売価格は47,250円。ここまで差があると、機能的にも何らかの違いがあるとみるべきでしょうか。さてオートポリスといえば、パナセンスで実施中のVDF2140新商品モニター販売(締切15日13時)も気になるところ。オークション形式なので蓋を開けてみるまで分かりませんが、入札下限価格19,800円(税込)楽天市場の最安値と比べてもダントツの安さです。モニター募集人数は100名と多いことですし、案外期待できそう?
→ (関連情報) みんなのインプレッション 【カーセキュリティー編】

米国のドライブレコーダー事情

アメリカでドライブレコーダーといえば、1998年創立のDRIVECAM社が元祖(製品情報)。衝撃をトリガーとして映像を記録するのはWitnessと同じですが、2つのカメラで前方と車内を同時撮影できます。夜間の車内撮影用に赤外線照明も備え、マイクで車内外の音声もキャッチ。データはUSB経由でパソコンに吸出し、専用アプリケーションで解析できるとか。既に2001年の段階で現行製品の初期モデルを発表していたというから驚きです。その後も機能追加とファームウェアのバージョンアップが続き、最近ではトリガーとしてドアー開閉が追加されたのが何ともアメリカン(プレスリリース)。公式サイトのビデオクリップを見ると(※ActiveXプラグインのインストールが必要です)、デュアルカメラと音声記録の重要性を実感できます。詳細は取扱業者であるこちらの保険代理店さんが詳しく、PDF版のマニュアル等がズラリ。気になるお値段は1台およそ$1,100(※構成によって違うのであくまで一例)。この価格なので当然あちらでも営業車をターゲットとしていますが、Witnessと比べて欲しいのはどちら?

2005/6/06

自家用車用Witness、2005年9月発売開始

当初、今年4月にも発売予定と言われていた自家用車向けWitnessですが、公式サイトの情報によれば2005年9月発売開始とのこと。先日もお伝えしたDNP製「T4 MPEG-4モジュール」を搭載したドライブレコーダーが当面のライバルと目されるわけですが、一体、いつ、どこのメーカーから発売されるのでしょう? あまりWitnessがのんびりしていると、世界初自家用車向けドライブレコーダーの称号をもっていかれたりして。らくなび的には、「T4 MPEG-4モジュール」ベースのまだ見ぬ製品に大期待です。
→ (関連記事) 自家用車向けWitness、値段は3万円程度?もうひとつのドライブレコーダー、水面下で開発中?
→ (関連アンケート) 「自家用車向けドライブレコーダー、あなたの関心度は?」

2005/6/05

AV GUARD 大放出

AVガードの「モニター販売」は2005年6月20日をもって終了しました。皆様のご協力に感謝いたします。製品に関するお問い合わせは、ホウコーポレーションさんまでメールでお願いします。

2005/6/03

キャラクターの力を借りてでも売りまくる?

パナソニックのWebサイトにて、ストラーダFクラス2005年モデルの製品情報が公開されました。地図デザインの変更が最初にアピールされている点は好印象ですが、欲を言えば、既存ナビの年度更新でも是非改良して貰いたいところ。幻の「菜々子のナビ」計画()から約2年半、宮本選手と大黒選手を起用したプロモーションが果たして成功するのかどうか、全てはワールドカップ最終予選の結果次第? チャンネルパナソニックでも関連ブロードバンド放送が行われています。さて、パナソニックといえば、近日発売予定の製品について情報をお寄せ頂きました。新型バックカメラTW-CC170BフィルムレスエレメントアンテナTY-CA120DFの2つ。いずれも価格は不明ですが、6月末発売予定とのこと。写真やスペックなど、詳細が気になる方は談話室のこちらの投稿をチェック!
→ (関連コンテンツ) HDX300レポート編集室「きれいな地図は好きですか? - ナビの地図に求められるもの

2005/6/02

ブルーイルミネーションは不快?それともクール?

氾濫する青色LED――消費者から「目障り」と不満の声(HOTWIRED JAPAN-6月1日)】 カー製品のイルミネーションにもブルーのものは多いですが、デビッド・スライニー博士によれば「青色の光は、他のもっと長い波長の光に比べて、不快や不安を感じさせる傾向がある」とか。安全を第一に考えるなら、車内で青色LEDは不適当な光源だったりする?

2005/6/01

闇烏さん、座談会で大いに盛り上がる

毎月1日といえば、大塚電装機器さんの定例更新日。今回は闇烏さんが「コラム・HPの裏側」で「本音で語る各社新製品コキオロシ座談会」を企画されています。途中からまこでんの専務さんも参加され、各社新作ナビの話に花が咲いています。「えっ!、これって大丈夫?」ということまで書かれていますが、これもあの闇烏さんが仕切られているからこそ? ちなみに、まこでん※音が鳴ります!さんのEXPOコーナー※音が鳴ります!(※)では、新XYZの販売店向け商品説明会の模様が紹介されています。やはり「77及び88ともに生産は完了」し、今後は「XYZ777シリーズの1本立てに」なるとか。一体型HDDナビというスタイルに愛着を持つ者としては何とも寂しいです。それにしても、今回パナソニックからはHS400の後継機種について何の発表も無かったわけですが、今後は一体どうなるのでしょう?
→ (※) 掲載の『全国のオービスデータ』は、以前「ソニーXYZ、位置情報交換機能の活用法」でもご紹介した、ねずこさん作成のデータです。

ADs Space
Links