らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2005/8/30

05HDD[サイバーナビ]、一部リビングキットに不具合?

コンタクトさんの日記コーナーに「パイオニアHDDサイバーナビのリビングキット一部不具合について」と題する記事が掲載されました。それによれば、2005年モデル付属の一部リビングキットにトランジスタの不具合がある模様です。追ってメーカーから正式な告知があるかと思われますが、お心当たりの方は参考にされてみては?
→ (8/31追加) パイオニアのWebサイトに告知が掲載されました(→「HDDサイバーナビ 「AVIC-ZH990MD」「AVIC-ZH990」「AVIC-XH990」「AVIC-H990」をご愛用のお客様へ」)。

2005/8/28

HDD楽ナビ、この秋ついに登場か?

おーっと、ウチのトラ改めK's Factoryさんに動きがー! 「秋のNEW楽ナビ」について気になる情報を掲載されています。この書かれ方からすると、下位モデルはこれまで同様のDVDタイプ? 当初「2005年5月までの限定生産」のはずだったにも関わらず、生産期間が延長されていたAVIC-ZH25MDもこれで静かに引退できる?
→ (8/30更新) 上記の情報ですが、諸事情により「白紙とさせて頂きます」とのことです。以前話題になった「現行の楽ナビのWindowsに関しても」同様とのこと。
→ (9/8追加) 大塚電装機器さんが闇夜の掲示板に「10月初旬発表、10月末発売予定」(No.1130)と記されています。
→ (9/14追加) オオバデンキさんが恒例の「巷のうわさ&ヒトリゴト」ページに「今月下旬頃に発表になるらしい」と記されています。

2005/8/27

05HDD[サイバーナビ]、ユーザーレポート掲載開始

カロッツェリアHDD[サイバーナビ]のオフィシャルWebサイトHDD[サイバーナビ] ユーザーレポートが掲載されました。全4回の掲載予定で、実際のユーザーの方がレポートを担当されます。サイバーナビ第2世代を対象とした第1弾第3世代を対象とした第2弾に続く第3弾(?)。当初は閲覧できるのが「お客様のページ」登録者に限られ、文字通りユーザーの方を対象としたコンテンツでしたが、こうして一般公開されるようになったのは時代の流れでしょうか。過去にタッチパネルのずれ(?)について触れられるなど、内容についてユーザーの方に任されるところが多いと思われるだけに、今後の展開から目が離せません。

SUPER時短ナビHD55ロードインプレッション by ナビ男くん

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 予告されていたアルパインHD55ロードインプレッションの第1回目。今回はマッハ郷さん乗り込むストラーダFクラス号を相手に、大阪中心部にて「SUPER時短ナビ体力測定」を実施されています。HDD555SSからアルゴリズムは変われど、その冒険振りは相変わらずのようです。先日のマッハ郷さんに続けとばかり、「まだ測位がどうのこうのと言ってる雑誌」と挑発的な店長さん。いやはや、読んでいるこちらが心配になったりして。

2005/8/26

俯瞰画像対応バックカメラ、スズキマジックで低価格化

スズキから俯瞰画像を表示できるバックカメラが発表されました(プレスリリース/製品紹介ページ)。この分野ではクラリオンが日産自動車に納入する視点変換アダプターが先行していますが、あちらがアダプターだけで47,250円するのに対し、こちらはカメラ込みで36,600円也。全体でみれば、これまでと比べて約半額に近い低価格化が図られたことになります。「車種専用の座標変換データテーブル」が組み込まれているので、おいそれと汎用品として流用できませんが、今後適用車種が広がりデータテーブルのバリエーションも増えれば、その中から自分のクルマに近いものを選ぶつわものが現れたりして?
→ (関連記事) 日産ティアナ、世界初視点変換アダプタークラリオン、車載カメラ次世代システム

ゼンリン住宅地図データベース、最新開発事情

ゼンリン・“海の向こう”で生み出される日本地図(CIO Online-8月25日)】 ゼンリン住宅地図データベースの中国でのオフショアアウトソーシングについて特集記事が組まれています。カーナビの地図データベースについては「現在すべて日本国内で行っている」とのことですが、将来はどうなりますことやら。

2005/8/24

フィルムレスアンテナ新製品、データシステムSTA101

データシステムからフィルムレスアンテナの新製品、スマートテレビアンテナSTA101が発売されました(→製品情報ページはこちら)。ご覧の通り、両サイドのエレメントを無くした2枚貼付タイプ。「横幅約315mmと極限まで抑えることで、軽自動車やセラミックラインが大きく張り出した車両にも違和感なくマッチ」との触れ込みを聞くと、ナビックTVA-033のそれを思い出します。また、「エレメントが違う! STA101 新素材採用」と銘打たれた模式図STA100のそれと比較してみると、エレメントの幅が0.45mmから0.5mmへ太くなった以外に、STA100では「Cu(銅)-粘着剤-絶縁フィルム」とされていた部分がSTA101では「Cu(銅)&絶縁一体フィルム」となっていることに気付きます。素直に考えれば、これらの変更点は接着力を増す方向に働くはず。果たしてそれ以上の何かプラスアルファの要素はあるのでしょうか?

2005/8/22

カーナビを舞台にした都市伝説の一種?

カーナビの地図にはスポンサーが…(オートギャラリーネット-8月22日)】 AGNに気になるコラムが掲載されています。詳細が分からないので何とも言えませんが、さすがにそこまで露骨なことはされていないと思いたいです。単にその「スポンサー」とやらの会社が主要道の要所に軒並み出店しているだけで、主要道路を優先するルートアルゴリズムだと偶然ルート上にその店が並んでしまうとか、そうした可能性はいくらだってあるでしょう。誰もが一度は抱くルートアルゴリズムに対する不満を背景にした都市伝説の一種という印象をともすれば受けますが、皆さまはどのように感じられますか?
→ (参考情報) 「都市伝説」に関するフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の記述

アルパHDD555シリーズ、HDDバージョンアップサービス開始

先日価格.comくちコミ掲示板でも噂されていましたが、本日22日付けでアルパインHDD555シリーズのハードディスクバージョンアップサービスHCE-R003が始まりました(→案内ページ)。この情報から判断する限り、地図をはじめとする各種データの更新だけで機能面での変更は無い模様です。

2005/8/21

Ts Digital Multi Meter Viewer、ネットワーク対応!

以前こちらで紹介したデジタルマルチメータ用データーロガーソフトTs Digital Multi Meter Viewerが、Ver.2.0.0でネットワーク対応を果たしていたことに遅ればせながら気付きました。何でも、「計測値をネットワーク上の他のパソコンで動作する Ts Digital Multi Meter Viewer で利用できる」とか。MASTECH社の激安デジタルマルチメーターMAS-344と組み合わせて、何か面白い使い方ができないかと夢が膨らみます。

2005/8/18

カーAV機能、そんなに重要ですか?

おーっと、ナビ男くんに動きがー! マッハ郷さんによるパナストラーダFクラスのナビインプレッション第2弾と店長さんによるアゼストMAX750ロードインプレッションの2本立て。久々の裏ナビということで、店長さんの辛口インプレッションが炸裂しております。まぁ、らくなび的にはカーAVには全~く興味が無いので、その分のリソースをドライブレコーダーに分けて頂きたいくらいです。って、ちょっと違いました? いずれにしても、果たして来年も店長さんのもとに評価モデルが届けられるのかどうか、気になるところです。

2005/8/17

正像仕様のコンパクトカメラ、ついに真打登場?

先日pingoさんが紹介されていた車載用超小型CCDカメラMCS1615ccd/typeM。どうしてtypeMなのかずっと気になっていましたが、OPPTECH社のウェブサイトが更新され、ついにその謎が解けました(→バックカメラ製品紹介ページ)。なんとMCS1615ccdはシリーズ化されていて、鏡像仕様のtypeMのほかに正像仕様のtypeTが存在したのです。 フロントカメラとして露出させるケースを考えると、「防水・防滴IP67」というのもポイント。ソニーXA-700C(FM-131BC)がIP65なので、それより2ランク上の防水性を確保していることになります。ティアドロップ形状の専用化粧カバーMCS1615coverで、デザイン性もバッチリ! 談話室にも正像仕様のコンパクトカメラに対する要望が寄せられてきましたが、いきなりの真打登場に驚かずにいられません。
→ (参考情報) 株式会社 山武 「制御機器の基礎知識 センサ編」
→ (関連記事) ちょびカメCCD-01、そっくりさん発見!

2005/8/11

アルパインHCE-C100、pingoさんの評価は?

おーっと、「Aクラスと暮らす ほぼ毎日書けない日記」に動きがー! なんと、あのpingoさんがついにアルパインのバックカメラユニットHCE-C100を購入されたとのこと。FM-131BCの時同様、3回に渡り詳細なインプレッションを掲載されています(→「やっぱり小さいのが好き」その1/その2/その3)。「撮影素子アスペクト比16:9」に期待されていたpingoさん、果たしてその評価やいかに!?
→ (9/17追加) 三部作に続いて、「バックカメラの真相」「バックカメラの実験編」を掲載されています。
→ (関連記事) ちょびカメCCD-01、そっくりさん発見!
→ (関連情報) バックカメラ、買い物相談室

アゼストナビ、PDF版マニュアル掲載開始!

アゼストナビのPDF版マニュアル、ついにダウンロードサービスが始まりました(→取扱説明書/取付説明書)。まずは2005年モデル(MAX950HD MAX850HD MAX750HD MAX550HD)からですが、昨年のサイトリニューアル以来、項目は用意されつつも中味が無い状態がずっと続いていたので感慨もひとしおです。アゼストナビといえば、個人的に是非知りたかったのがリアカメラのガイドライン調整方法。汎用品にも関わらず、どうして「上のラインがクルマから約2m、下のラインがクルマから約50cm」と言えるのか不思議でしたが、その裏にはガムテープを目印に使った調整があったのですね。カメラ本体を左右にずらして取り付けても、これだったら柔軟に調整できそう?

2005/8/10

デュアルビュー液晶、初採用ナビはイクリプスから?

サンライズカーオーディオさんが例の場所に気になる情報を掲載されています。未確定情報かつ噂レベルですが、先日シャープから発表されたデュアルビュー液晶(プレスリリース)を搭載するとかしないとか。PC Watchの記事には「製造コストは『通常の液晶の1倍~2倍の間』」 とあるので、採用されるとしても当初は上位モデルに限られるでしょうが、今後の展開が気になります。
→ (関連ニュース)1台で二度美味しい? シャープが「デュアルビュー液晶」発表(ITmedia-7月14日)/TV、PC、カーナビそしてゲームにも新たな活用方法を広げる、シャープ液晶技術の可能性(ITmedia-7月14日)】
→ (関連記事) デュアルビュー液晶搭載ナビ、まずはトヨタ純正ナビから?

2005/8/06

ドライブレコーダーでも超広角カメラが流行る?

富士通テンからタクシー向け「ドライブレコーダ」が発表されました(プレスリリース)。セパレートタイプで、記録媒体はコンパクトフラッシュ。高機能モデルなら最大3台のカメラを接続でき、音声録音にも対応するとか。バックカメラ並みの超広角カメラが採用されているのも見逃せません(画角:水平131度/垂直96度)。バックカメラ同様、ドライブレコーダーの世界でも超広角レンズが流行るのでしょうか? 広角であればあるほど遠近感が変に強調されてしまうので、個人的にはドライブレコーダーに向かないような気もしますが、実際のところどうなのでしょう?
→ (関連情報) ドライブレコーダー、情報あれこれ(@お客さま談話室)

2005/8/05

カーモニとの連動機能を備えたホームセキュリティー“Xtyle”

オムロンとフリービット、ワイヤレスカメラとセンサーを利用するホームセキュリティー製品“Xtyle”を発売(ASCII24-8月4日)】 先日お伝えした松下電工のMAMORIEに続き、またもやカーセキュリティーとの連動機能を備えたホームセキュリティーが現れました。MAMORIEは単にあらかじめ指定した電話番号に通報することしかできませんが、“Xtyle”は携帯電話からネットワークを介して直接センサー情報にアクセスできるのがポイント。基本はホームセキュリティーですが、カーモニについても「携帯電話でのコントロール、モニタリングを実現」(プレスリリース)とのこと。付属ワイヤレスカメラもカーモニとの併用で効果を発揮しそうです。2.4GHz帯なのでさすがに家のすぐ前にクルマを駐車していないとつらいでしょうが、電波さえ届けば、電源の心配をしなくて良い分(単2電池4本で寿命6ヶ月!)面白い使い方ができそうです。
→ (関連情報) オートポリス、ホームセキュリティとの組合せで自動通報システムへ進化

2005/8/02

パナ新型バックカメラTW-CC170B、希望小売価格明らかに

サントミデンソーさんがパナソニックの新型車載用カラーカメラTW-CC170Bについて、希望小売価格17,500円(税別)/8月下旬発売予定との情報を掲載されています(→最新情報)。カメラ本体の寸法も、従来紹介されていた「W31×H25×D28」から「W35×H25×D27」へと僅かながら変わっています。TW-CC180Bのストリートプライスは大体20~25%OFF近くで推移していますが(→楽天価格情報)、もしTW-CC170Bでも同様だとしたら税込み13,800円~14,700円程度で推移する計算に...。スペックだけ見ればライバルの最新モデルに若干見劣りしますが、15,000円を下回る価格の持つインパクトは過去、neteye AN-C55(S)やFinemine FM-131BC/FM-132BCのヒットにみられるように明らか。今回はブランドイメージもありますし、好評を博すかもしれませんね。
→ (関連情報) バックカメラ、買い物相談室

ホリバアイテック製ドライブレコーダー「どら猫」

以前、談話室のこちらのツリーでお伝えしたホリバアイテック製ドライブレコーダー「どら猫ですが、8月5日から販売開始とのことです(→プレスリリース※AcrobatPDF326KB/製品紹介ムービー)。Witnessと同様のカメラ一体型ですが、幅方向のスリム化とラウンドデザインとが相まってスペック以上にコンパクトな印象を受けます。標準価格は4.8万円~8.5万円。上位モデル(DR-3031)ではGPSやブレーキ、方向指示器等の状態も記録可能で、より高い証拠能力を期待できそうです。製品紹介ムービーの終わりでは、他に20GBのハードディスクを搭載した連続記録用DR-4041(1fps~15fpsで最大582時間)やバックモニターDR-4042も紹介されています。型番が大きく違うことからも明らかな通り、これらはDR-303xシリーズと搭載カメラおよびスペックが異なるので、続報に注目したいです。
→ (8/6追加)堀場製作所が新車載レコーダー(8月6日-読売新聞)】 愛称「どら猫」は、「猫の手の形のデザイン」に由来するそうです。

ADs Space
Links