らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2005/10/30

ナビ男くん比較テスト、パナHDS935M vs アルパHD55

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 連載中の[ストラーダ]FクラスとアルパインSUPER時短ナビの比較テスト第2回目第3回目に続き、早くも第4回目が掲載されました。あと残るは裏ナビのみ。「今回はテストカー+ナビで史上最高(当社比)総額約2,000万円の比較テスト」ということで身を案じていましたが、お二人ともご無事で何よりです。

2005/10/28

激安D-snap SV-AV35 12,800円、注文受付再開!

パナソニックのD-snap SV-AV35といえば、先日もお伝えした通り、い~でじ!!楽天市場店で送料・税込み12,800円で販売されているのは有名な話。やはり皆さん注目されているようで、しばらくすると売れ切れになるのですが、今回またこうして注文受付を再開されています。売り切れになると「あぁ、あの時買っておけば良かったなぁ~」と後悔するのに、いざ注文できるようになると「やっぱりもう少し待とうかなぁ~」と思うから不思議です。優柔不断な己に我ながら呆れます。
→ (関連記事) ムービーカメラ、ドライブレコーダーとしての実力は?

2005/10/26

ケンウッド HDD [Smá:t] Navi HDV-770、来春発売予定?

[東京モーターショー05]ケンウッドのシームレス実働実験(レスポンス-10月25日】 先日お伝えしたケンウッドのHDD [Smá:t] Navi HDV-770ですが、レスポンスの記事によれば「来春にも発売される予定」とのことです。

ホリバアイテック・どら猫、無線LAN対応予定?

タクミエンジニアさん(「山口功司」の物流コスト削減相談室様)がホリバアイテック製のドライブレコーダー「どら猫」について興味深い情報を掲載されています。無線LANに対応予定であることなど、新情報を織り交ぜて紹介されていますが、らくなびが驚いたのはソフトウェアの価格。業務用なので仕方ありませんが、仮に個人レベルで使うとしたら結構なお値段ですね。自家用車用Witnessにしても、いつの間にか「5万円くらい」という話が出てきていますし、3万円くらいの製品を期待するのは無理な相談なのでしょうか?

2005/10/25

HDS630/620シリーズ、地図更新は内蔵DVDドライブにディスクを入れるだけ?

価格.comくちコミ掲示板に気になる投稿が寄せられています。何でも、HDS630/HDS620シリーズの地図更新は「DVDのデータディスクを購入して更新する予定みたい」だとか。ちなみにナビ男くんは以前、2004ストラーダFクラスの発表会レポートで「年度版DVD-ROMをナビ本体に挿入し自動書き換えでOKと容易なものとなった」とコメントされていました。今後のパナHDDナビは、クラスを問わずDVD-ROMからの地図更新が可能となりそうです。

2005/10/22

日経エレクトロニクス、ドライブレコーダー特集記事

ドライブ・レコーダ あなたの運転,記録します(日経エレクトロニクス2005年10月24日号)】 日経エレクトロニクスの最新号でドライブレコーダーの特集が組まれています(目次)。Cover Storyでは、「カメラ,映像符号化回路,記録装置,加速度センサを組み合わせただけの第1世代品から一般ユーザーの利用も視野に入れ,映像品質を上げるなどして使い勝手を高めた第2世代品への移行が進む」とされています。先日お伝えした矢野経済研究所の調査資料にある通り、ドライブレコーダー内蔵カーナビも水面下で開発が進んでいるようですし、乗用車向けの市場が花開くまでもう少しの辛抱でしょうか。

2005/10/20

アゼストHDDナビ、バージョンアップで2005年モデルと同等に

アゼストの公式ウェブサイトにHDDナビゲーションバージョンアップディスク「ROAD EXPLORER HDD3.0」の詳細情報が掲載されています。今回のアップデートでは、細街路の音声案内リヤカメラのガイドライン表示といった2005年モデルの新機能に可能な限り対応したのがポイント。「主なバージョンアップ内容」としてバージョンアップ項目が列記されていますが、2005年モデルの新機能を把握する上でも参考になります。
→ (関連記事) アゼストナビ2005年モデルは細街路の音声案内に対応?

ケンウッド、HDD [Smá:t] Navi HDV-770 参考出品

東京モーターショー2005開幕!デジタル放送対応の注目の車載デジタル製品も(ZDNet Japan-10月19日)/カーオーディオの「iPod対応具合」を見てきた(ITmedia +D LifeStyle-10月19日)】東京モーターショー2005にケンウッドがHDD [Smá:t] NaviのAV一体型バージョンHDV-770を参考出品されるそうです。説明には、「■商品開発には音質マイスターが参画/Emotional Sound Seriesに搭載したODD ICや中点独立回路など、当社独自のサウンドテクノロジーを惜しみなく投入。」とあります。Emotional Soundをキャッチフレーズにされたところをみると、音質面はかなり期待できそうです。なぜなら、カーオーディオレシーバーの方は「3年間モデルチェンジを行わないケンウッドの自信作」(昨年のプレスリリース)なのですから。
→ (参考情報) ケンウッド公式サイト・東京モーターショー出展情報KENWOOD-Emotional Sound Series- 製品ページ
→ (関連記事) HDV-910/810後継機、自社設計で今秋発売?ケンウッド HDD [Smá:t] Navi HDV-770、来春発売予定?ケンウッド HDD [Smá:t] Navi HDV-770、正式発表

2005/10/17

ケンウッドHDM-555EXB、オービスMAP発売予定

ケンウッドHDD [Smá:t] Navi Update HDM-555EXB、今月14日の発売開始を機に公式サイトが更新されています。プレスリリースでは、iPodと光・電波ビーコンの同時接続制限の解消やDVD-ROMによる自力での地図更新対応が主な改善点として挙げられていましたが、さらにオービスデータディスクKNA-BC2005の発売予定についても明らかになりました。いずれも地味ですが、さりげなくも着実に市場ニーズに応えられている印象を受けます。

iフォーマット、「差分更新フォーマット」対応へ

カーナビ地図ネット配信へ三菱電など24社が統一規格(日本経済新聞-10月17日)】 報じられている内容自体は4年前のiフォーマットフォーラム発足時のものと酷似していますが、こうして改めて報道されたということは、iフォーマットのバージョンがあがるなど何らかの動きがあるのでしょうか。2007年度といえば、以前報道にあった官民共同開発のフローティングカーシステムが始動する年。 巷レベルで度々噂になる「複数メーカー共同での『通信ナビ』」との関係も気になります(談話室の関連投稿)。
→ (10/17追加) プレスリリースによれば、新たに「差分更新フォーマット」の標準化に取り組まれるとのこと(「差分更新フォーマットの概要」参照)。ゼンリンも昨年春に「部分更新追加型地図データフォーマット」をリリースし、既にソニーXYZシリーズに採用されていますが、主流派となるのはどちら?

2005/10/15

ドライブレコーダー内蔵カーナビ、水面下で着々とプロジェクトが進行中?

矢野経済研究所から「2005~2006年版 カーエレクトロニクス装置の市場実態と将来展望」が発刊されました。前回の資料に対し今回は「車載カメラ/レーダシステム」、特にドライブレコーダーが扱われたのがポイント。見出しには「ドライブレコーダ/ナビと融合してトータルカーセキュリティシステムに」と書かれ、「ドライブレコーダ市場の成長要因」の最初の項目に「カーナビメーカ参入」が挙げられています。ちなみに以前のプレスリリース(PDF形式28KB)では、「2007年;国交省はドライブレコーダ搭載義務化推進(乗用車含む)」と予想されていましたっけ。目次から分かることは高が知れていますが、この資料が「多くの技術者、商品企画マンらとともに市場の現在と将来を語り合い、それを分析した」産物であるならば、既にプロジェクトを始動したカーナビメーカーがあっても不思議ではない気がします。

2005/10/13

NHDN-W55Gは、今後のパナナビを占う上での試金石?

本日あった松下電器のプレスリリースを機にUniPhier®に関する最近のニュースを見直してみたのですが、先日開催されたCEATECでかなり動きがあったのですね。Tech-On!の記事によれば、カーAV用UniPhier®以前発表のあったGRiTT®-2(MN67762)で、既に今年発売の松下製トヨタDOPナビNHDN-W55G(商品情報)に採用されているとのこと。NHDN-W55Gといえば、BluetoothとG-BOOK ALPHAにいち早く対応したAutomotive®搭載機。従来あったパナナビの硬派なイメージを打ち破る「おまかせDJ」機能にも驚きましたが、ハードとソフトとの両面で新機軸を打ち出したナビであることに改めて気付かされます。
→ (関連ニュース)[CEATEC]地デジ・ケータイなど松下のUniPhier搭載機器が続々,ARMコアを採用(Tech-On! LSI情報局-10月4日)※要ユーザー登録(無料)トヨタらしかぬエンタテイメント、HDDナビ『NHDN-W55G』(レスポンス-4月22日)】

2005/10/12

松下電工、「リアペアカメラシステム」東京モーターショー参考出品

松下電工が今年の東京モーターショーで、昨年のITS世界会議に続きリアペアカメラシステムを参考出品されるそうです(→出展情報)。もし以前のニュース(関連ニュース参照)にあった通り「2005年に発売する新車に搭載」される予定であれば、大手自動車メーカーのブースで披露されても不思議ではないような気が。以前お伝えした通り、先駆者のクラリオンは研究段階で「三眼のスタイルが最も良いだろう」との結論を出されたわけですが、果たして二眼でどこまで理想に迫れるのでしょうか? スズキのように一眼ながら低価格を志向されるメーカーも現われ、いよいよ面白くなりそうです。
→ (関連ニュース)[ITS世界会議速報]松下電器産業,2個で構成する後方カメラ (日経Automotive Technology-2004年10月20日)※要ユーザー登録(無料)

2005/10/11

カロ地デジチューナー、「デジタル リバイズ エンジン」を重点訴求

サンライズカーオーディオさんがパイオニアの地デジチューナーGEX-P7DTVについてレポートを掲載されています(→管理人さんのページ)。地上デジタル放送はその仕組みから受信時にタイムラグが発生しますが、パイオニアの製品は他社のものと比べても「さらに少し遅れる傾向」にあるとか。メーカーによってハードウェアの処理能力に差がある以上、単純に「タイムラグ大=良い」と結論付けられないのは当然ですが、先日CEATEC JAPANで開催されたワンセグ討論会でもそうであったように、エラー補正技術を訴求されるということはそれだけの自信をお持ちなのでしょう(→「地上デジタルTVチューナーGEX-P7DTVの魅力」@メーカー商品ページ)。
→ (関連ニュース)[CEATEC JAPAN 2005]ワンセグの討論会、話題は早くも「ワンセグ版タイムシフト」に(ケータイWatch-10月6日)】

2005/10/10

itan Movie Hunter PVR1000

ここ最近、メモリースティックビデオフォーマット対応の簡易ビデオレコーダー市場が賑やかです。先月27日にはRWCからitan Movie Hunter PVR1000(プレスリリース)、今月4日にはハギワラシスコムからEASY RECORDER for Memory Stick DUO(プレスリリース)が発表されました。特に前者のPVR1000(製品情報)は「VGA(640x480) 30fps対応」でストリートプライスが1万円台前半(Amazon.co.jp)と、なんちゃってドライブレコーダーの素質十分。 6GBのマイクロドライブを使える点が良いですね。あくまでエンコーダーの画質と組み合わせるカメラ次第ですし、乗車の度に操作が必要なのは相変わらずでしょうが、気になる存在です。
→ (関連記事) ムービーカメラ、ドライブレコーダーとしての実力は?

2005/10/09

パナナビ付属アンテナの追加ブースターはナビックTBU-011で決まり?

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 店長さんによるパナ・ストラーダHDS630のロードインプレッション。パナナビでは付属アンテナの仕様がモデルごとに微妙に異なりますが、今回は「新採用のフィルムレスタイプ」だとか。ブースター無しは相変わらずなので、大塚専務さんご推薦(大塚電装機器BBS)ナビックTBU-011(→製品情報)と組み合わせれば良さそうです。店長さんは「どうやら今年はベーシック機には大きな動きはなさそう」とされていますが、DVD楽ナビもマイナーチェンジしたことですし、ストラーダDVシリーズの同梱地図ディスクが更新されるくらいの「小さな動き」ならあったりする?
→ (関連アンケート)普及価格帯2DIN一体型HDDナビ、あなたの選択は?(2005年版)
→ (10/11追加)従来のエントリーモデルDVD系は併売続行(レスポンス-10月11日)】 担当者の方がストラーダDVDモデルについて、「ただちに廃止はしません」「当分の間は併売を続けます」とコメントされています。

2005/10/08

WBS土曜版、特集「得するのは誰?複雑なETC割引」

今晩のテレビ東京・ワールドビジネスサテライト土曜版で、「得するのは誰?複雑なETC割引」(Yahoo!テレビ番組表)と題した特集が放送されるそうです。割引といえば、先日大塚専務さんが書かれていた購入助成絡みの話も気になります。ショップさんによっては2回払いで2年後に残金200円を払うリース制度を用意されていますが、事情を知らない方が見たら複雑怪奇そのもの?

2005/10/06

自家用車用Witness、お値段は「5万円くらい」?

先日11月1日発売開始とのアナウンスがあった自家用車用Witness。発売を前にして「そろそろパブリシティ活動を本格展開されるのでは?」と予想していましたが、やはり動きがありました。2005年9月27日放送のテレビ朝日系スーパーモーニング(Witnessの公式サイトでご覧になれます)。途中(3分14秒頃)、「偶然事故を目撃したタクシー乗務員が機転を利かせてカメラをたたきその衝撃を感知し記録した」と、imomushiさんの「動く日記」を彷彿とさせるエピソードが紹介された後、スタジオに画面が戻ったところで(8分2秒頃)自家用車用Witnessの実物が紹介されています。営業車向け同様の一体型ですが、横幅がスリムになった代わりに奥行きが長くなりました。「今のところ5万円くらいで発売予定」とのことですが、正式価格はおいくら?

ナビ男くん比較テスト第1回目、パナHDS935M vs アルパHD55

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 予告されていた[ストラーダ]FクラスとアルパインSUPER時短ナビの比較テストの掲載が始まりました。今回はその第1回目。マッハ郷さん操るポルシェと自転車のオバちゃん、その対決の行方やいかに。

2005/10/05

HDD楽ナビ新機能「ターゲットマップ」、幅広いユーザーの嗜好に対応?

予告通り、新楽ナビの商品情報ページが本公開されました。今回のHDD楽ナビにはiPod®コントロールなど、サイバーナビを超える機能が幾つか搭載されていますが、らくなびが最も気になっていたのはターゲットマップの地図表示。パナナビのベーシックモデル(WQVGA)と楽ナビのフォントサイズはかなり差があり、人によって好き嫌いが分かれるところですが、今回、小さめフォント派の楽ナビが文字拡大モードに対応したことでその守備範囲が広がりました。道路重視モードは、差し詰めパナナビで言うところのスタンダードマップ

2005/10/01

新楽ナビ、CMのイメージはガラリと変わる?

K's Factoryさんが新楽ナビ関係で追加情報を掲載されています。モデルチェンジの度にファミリー色が薄くなり、ついに本モデルでシンプル&スタイリッシュ路線(?)へ完全移行した楽ナビですが、宣伝広告もそれを意識したものになる模様です。 正式発表が終わり、改めて最初のうわさレベルの情報から振り返ると、K's Factoryさんが出される情報の確度が高いことに驚かされます。いつも何ちゃってコメントばかり連発しているらくなびですが、少しは見習わなければ。
→ (関連情報)新型楽ナビ、販売店用カタログ斜め読み」@お客さま談話室

民営化後初のETC車載器購入助成、近々発表を予定?

毎月1日は大塚電装機器さんの定例更新日。ETCリース制度について数々のコメントをされてきた大塚専務さんですが、今回はETC裏話禁断のページの豪華2本立てでこれまでになくヒートアップされています。そのお怒りはこぼれ話コーナーでも収まらないようで。とりあえず、ある日を境にETCリース制度対応のセットアップ店が急増したら、こんな裏話があったと理解すれば良さそうです。

ADs Space
Links