らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2006/10/16

富士通テン、コンシュマー向けドライブレコーダー発売

富士通テンからコンシュマー向けドライブレコーダーDREC1000が発表されました(プレスリリース/製品情報ページ)。タクシー向け運輸商用車向けに続く製品で、コンシュマー向け製品初のセパレートタイプ。どら猫同様、記録時間が30秒から20秒に短縮され、カメラも商用車向けのとは別のものが採用されているようです。待ちに待ったセパレートタイプということで、年内の発売が噂されるKYBの個人向けクルマメと共にらくなび的に大注目の存在ですが、フレームレートが10fpsなのは気になるところ。商用車向けモデルも同じ10fpsなのでスペックが落とされたわけではありませんが、どら猫2(→公式サイト)の30fpsと比べるとどうしても見劣りが...。
→ (関連記事) 富士通テン、ドライブレコーダー(OBVIOUSレコーダー)開発ストーリー
→ (関連ニュース)事故を記録する乗用車向けドライブレコーダーを市販(Response.-10月16日)/富士通テンが一般消費者向けドライブ・レコーダを発売,価格は5万9850円(Tech-On!-10月16日)】
Comments
【435】

かなりいいスペックじゃないでしょうか。遅めのフレームレートも、もしかすると30fpsでおきる信号が消える現象への対策だったりして。あと、音声記録もポイント高いと思います。カメラの死角の情報も音声である程度補えるし、カメラでは読み取れない車両ナンバーを自分で読み上げてボイスメモ代わりに使えたりしませんかね(事故ったときにそんな冷静な対処ができるかどうかはちょっとあれですが)。

Posted by: 力野 at 2006年10月17日 13:19
【436】

 記録のフレームレートを落としても、映像の取得は普通のカメラで30fpsですので、信号が消える現象は残念ながら回避できないみたいです。音声の記録ができるのは力野さんのおっしゃる通り色々使い道がありそうでいい機能ですね。どなたかの使用レポートが出てくるのが楽しみです。

Posted by: 山茶花 at 2006年10月17日 22:10
Post a comment




※SPAM対策の為、入力されても表示されません。








上記情報を覚え込ませる 
Trackbacks
TrackBack URL
トラックバックする記事には,この記事へのリンクを含めてください
ADs Space
Links