らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2006/3/23

トヨタDOPナビ、2006年モデルのカタログから新サイバーナビが見えてくる?

おーっと、価格コム掲示板に気になる書き込みがー! これまでも、その年のDOPナビメーカーに名を連ねている場合はディーラーさん経由である程度の情報を入手できたようですが、どうやら今年もその可能性がある模様です。ルネサスSH7785の登場で、各社ともフラッグシップモデルはWVGAモニター搭載が当たり前になるのでしょうか?

2006/3/17

パナソニック、ポータブルDVDナビ・ストラーダDS120/D050発表

噂されていたパナポータブルDVDナビが正式発表されました(プレスリリースはこちら)。マイナーチェンジモデルのCN-DS120Dに加え、DVD再生機能とSDカードスロットを省いた廉価モデルCN-D050Dが新たに追加されています。初代で提案された「ボディーカラー・質感のバリエーション」(初代プレスリリース)は市場にあまり評価されなかったのか、本モデルではシルバーに一本化されました。実勢価格の下落に合わせるように希望小売価格が大幅に引き下げられていますが(税込155,400円→税込115,500円)、最新地図付属の旧モデルと比べてお買い得なのはどちら?

2006/3/16

WBS、特集「次世代カーナビのチカラとは?」

今晩のテレビ東京・ワールドビジネスサテライトで、「次世代カーナビのチカラとは?」と題してカーナビ特集が放送されるそうです。特集の後半では、「人間の体の体調を先読みしていろいろな警告をしてくれるカーナビの実験」も紹介されるとか。ここだけ聞くと、以前報道されたパイオニアの居眠り運転防止システムに近い気もしますが、「商品開発の段階で一番最初に今回見せてもらった」となれば、その後の開発状況が分かるのでしょうか?

2006/3/15

「どら猫2」関連画像掲示板

どら猫2をテーマにした画像掲示板が開設されています(アクセスはこちらから)。内部写真カメラの角度調整機構のアップなど、実機を前にしたら調べたくなる箇所の写真ばかりで感動です。痒いところに手が届くとはまさにこのことでしょう。

どら猫2、付属ソフトのバージョンアップは期待できる?

どら猫2の公式ウェブサイトに「FAQ及び各種ダウンロード」コーナーが追加されました。ソフトウェア使用許諾で「どら猫Viewer」についての言及がありますが、「各種ダウンロード」とされるからにはそれ以外の公開予定もあるのでしょうか? 差し当たりマルハマDR-965RVにあるような加速度データ表示機能が「どら猫Viewer」にも追加されるといいですね。

2006/3/14

クラリオン、HDDナビ新製品MAX960HDシリーズ正式発表

噂されていたクラリオンHDDナビの新製品が本日正式発表されました(プレスリリースはこちら)。VGAディスプレイの採用を機に操作画面や文字フォントなどが一新され、上位機種(MAX960HD、MAX860HD)と下位機種(MAX760HD、MAX560HD)の差別化が図られた模様です。今流行の渋滞情報データベースを搭載するなどナビ機能も進化を遂げていますが、起動時間が約5秒(業界最高水準)とは驚きました。現行モデルのMAX550HDはストリートプライスが11万円台と圧倒的なコストパフォーマンスを実現していますが、新ブランドでも同様の価格水準となるのでしょうか?

パナ新バックカメラCY-RC50KD、コード類の長さは余裕の約9m!

ここ連日更新が続いているサンライズカーオーディオさんですが、パナソニックの新バックカメラCY-RC50KDについて、「メーカーHPの仕様を見てもわからない?内容物」という書き出しで情報を掲載されています。何でも付属の映像用コードと電源コードの長さは共に5mだとか。カメラコントローラーの設置場所に左右されるとはいえ、カメラからモニターまでコード類の長さを最大9m(5m+4m)取れるとは驚きです。先日大塚専務さんが書かれていたコメントといい、今一番のおすすめバックカメラといえそうです。

三洋電機もドライブレコーダー市場に乗り出す?

三洋電機、カーエレクトロニクス事業を柱の一つに据え事業を再建(オートギャラリーネット-3月13日)】 10日付けで経済産業省より発表された三洋電機の事業再構築計画資料(詳細はこちら)にドライブレコーダーに関する記述があります。パワーソリューション事業の強化を図るべく、「車載カメラシステム・ドライブレコーダー・通信機能付ナビゲーションなどセキュリティー・安全性の確保を支援する車載システムへの参入」を具体的方針とするとか。そういえば、アルパインもドライブレコーダーの要素技術の開発を進めているそうです(→新卒者向け採用情報)。まぁ、こうした表向きのアナウンスを見ても実際の開発状況は見えてきませんが、矢野経済研究所の資料にあった通り、おそらく多くのカーナビメーカーがナビとの融合を視野に水面下で開発を進めているのでしょう。

2006/3/11

アゼストブランドは今後どうなる?

サンライズカーオーディオさんが約半年前にあっと驚くアナウンス」として掲載された思わせぶりな情報。その後長らく行方知らずでしたが、その続きともとれる情報を例の如く、例の場所に掲載されています。「クラリオンブランドHDDナビ第1弾」ということは、今後アゼストブランドをやめてしまうというようにも解釈できたりして。【⇒(3/12追加) ブランド統一は既定路線とのこと。詳細は↓】 VGA化については他メーカーについても巷レベルで様々な噂(例えば...)を耳にしますが、各社とも先日ルネサスから発表されたSH7785の採用が前提にあるのでしょうか?
→ (3/12追加)クラリオンはもともとアゼストブランドを廃止する方針」であると、るりるらさまからご指摘頂きました。昨年末にあったニュースリリースによれば、2006年モデルから順次クラリオンブランドが採用される模様です。

「マルハマDR-965RV」、「ホリバアイテックどら猫2」比較レポート

マルハマDR-965RVとホリバアイテックどら猫2を比較したレポートが、2ちゃんねるのドライブレコーダー総合スレッドに寄せられています(→846-849)。おそらく大半の方にとって最終候補となるであろう、今旬の2製品の比較レポートだけに実に興味深いです。
→ (関連記事) 必見!「マルハマ Road View PRO DR-965RV 使用レポート」

パナ新バックカメラCY-RC50KDは無敵の明るさを誇る?

先日のこぼれ話コーナーにあった予告(?)通り、大塚専務さんが闇夜の日記でパナ新バックカメラCY-RC50KDのインプレッションを掲載されています。「特筆すべきは夜間の明るさ」で、「他のカメラと比べるとかなり明るい」とのこと。心配されていた解像感についても、「小型カメラとしては画質のあれた感じが少なく見やすい方であることは間違いない」と、実に心強いコメントをされています。デザインにこだわる方向けにはオプションでカラーキャップが発売されることですし、値頃感の高い価格も相まって(→楽天価格情報)もはやヒットは約束されたようなもの?

不二精機、車載監視カメラD.E.R(ドライバー・アイ・レコーダー)

不二精機から業務用ドライブレコーダーが発売されました(→車載監視カメラD.E.R/ドライバー・アイ・レコーダー)。従来は4チャンネル録画ともなるとHDDモデルが相場でしたが、この製品は計8個のSDカードスロットを搭載しフラッシュメモリベースでの長時間録画を可能にしています。写真では3つのレンズが見えるので、おそらく4つのカメラ全てを1つのユニットに内蔵しているのでしょう。これまで4チャンネル録画と聞くと、独立した4つのカメラのイメージしか無かったので新鮮です。ちなみにMPEG4のエンジン部には例のDNPのチップが採用されているとか(→日経「不二精機、車載用監視カメラ事業に参入」)。デザインも含めて実にユニークな製品ですが、それもそのはずで、メーカーの不二精機おにぎり自動成形機でシェアトップを占めるパイオニアだとか。とりあえず「1システム35万円前後」という価格は見なかったことにします(^_^)。
→ (関連記事) もうひとつのドライブレコーダー、水面下で開発中?
→ (関連ニュース)おにぎり製造機 「母の手作り」以上求めて(asahi.com: 技あり - be on Sunday-2005年8月28日)】

ドライブレコーダー普及のあるべき形とは?

ドライブレコーダーの本格的普及は実現可能か(SAFETY JAPAN 2005 [コラム]/日経BP社-3月10日)】 岡崎五朗氏がドライブレコーダー普及のあるべき形についてコラムを寄せられています。義務化の是非はこの際置いておくとして、とにかく法整備だけは進めないと社会的に大問題になりそうな気はします。まぁ、以前談話室で話題になった通り、そうした問題が起こることで徐々に法整備も進むのでしょうが。

2006/3/09

ナビ男くん、ケンウッドHDV-770インプレッション

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 店長さんによるケンウッドHDV-770のテスト&レポートが掲載されています。「まず、カーオーディオありきとは・・・」などと、ちょっと微妙なコメントをされているのが気になりますが、とりあえず音に対するこだわりがどの程度あるかで評価は大きく変わりそうです。

2006/3/06

Analog Devices Blackfinプロセッサ、紹介記事

低コスト・低消費電力のカーナビ・システムを構築するためのハード&ソフト設計(組み込みネット-3月1日)】 Analog Devices社の方がBlackfinプロセッサのカーナビへの適用例を紹介されています。元はDesign Wave Magazineの今年1月号に掲載された記事。私の知る限り日本ではこのLSIを搭載したナビはまだ無いような気がしますが、今後メジャーになるのでしょうか? いずれにしても、「車が移動している間に新しい経路を選ぶことが法律で禁じられている国」があるとは驚きです。

2006/3/03

ソニー・ヨーロッパ、欧州市場でカーナビシェア20%を目指す

ソニー、欧州カーナビ市場でシェア20%獲得を狙う(ロイター-3月2日)】 記事にある「欧州で同社初のスタンドアローン型カーナビゲーション製品」とは、具体的にはこちらの製品のこと。対するトムトム(TomTom)の製品はこちらのデモページ※音が鳴ります!で概要をご覧になれます。海外のポータブルナビ事情は度々ニュースになりますが、TomTomのお膝元であるオランダでは、フロントガラスにカーナビをつけていて「視界が悪い状態で運転するのは禁止」という理由で罰金を科された例があるとか(→「フロントグラスにカーナビをつけると罰金!?」@ポートフォリオ様)。結局、この種のナビが普及するかどうかは、その国の道路交通法や警察当局の方針次第なのでしょうか?
→ (関連記事) 「かの地でポータブルが好まれる理由」のらくなび的考察

2006/3/02

アルプス社、実験サイトALPSLAB(アルプスラボ)公開

アトラス地図でおなじみのアルプス社により、「次世代地図サービスの新しい可能性を提案する実験サイトALPSLAB(アルプスラボ)が公開されました(プレスリリース)。2004年暮れに民事再生法の適用を申請したアルプス社ですが、昨年はYahoo! JAPANと共同で地図更新情報募集の実験運用を開始し、暮れには投票実験も新たに始めるなど、新しい動きが目立ちます。自分が住んでいる近所の地図を見ても続々と情報が寄せられていて、Yahoo!のリーチ率の高さを改めて実感します。
→ (関連記事) Yahoo!地図情報、地図更新情報募集の実験運用開始アトラスシリーズのアルプス社、民事再生法の適用を申請

2006/3/01

ナイトライダー、スーパーチャンネルで全68話放送決定!

この4月からスーパーチャンネルにて放送予定のナイトライダーですが、なんと第3シーズンと第4シーズンを含んだ全68話が放送されるとのこと(→番組情報ページ)。現在話題になっているSEASON 3(1/31発売)SEASON 4(4/4発売予定)のDVD-BOXはいずれも英語版なので、それに先駆けてということになります。Knight Riderシリーズの脚本KNIGHT RIDER ARCHIVE様などで公開されていますし(→KNIGHT RIDER TV SCRIPTS)、これを機会に英語のリスニングにチャレンジというのもいいかも。

ソニー、カーフィッティング情報提供サービス終了へ

ソニーのWebサイトに「カーフィッティングサービス終了のお知らせ」が掲載されました。DIY取り付けに欠かせない車種別フィッティングマニュアルの公開サービスですが、「2006年5月31日をもちまして終了」とのこと。先日闇烏さんからお寄せ頂いたコメントで、最悪の事態が回避される可能性もあると思っていただけに、今回の決定は残念でなりません。
→ (関連記事) アルパイン、「車種別取付け情報」提供開始ソニー、車種別フィッティングマニュアルは今後どうなる?

パナDVDナビ、在庫一掃モデルから順次最新地図に切り替わる?

毎月1日になると、闇烏さんがファイルをアップロードされている姿を想像しながら、大塚電装機器さんのサイトを見るのが半ば習慣化していますが、今回の「こぼれ話」はパナナビ関連情報のオンパレード。新バックカメラと新ポータブルナビ、さらにはストラーダDVシリーズ付属地図と、大塚電装さんらしい微妙な話題が続きます。ストラーダDVシリーズの付属地図については価格コム掲示板にも情報が寄せられ始めました(→たとえばこちらのスレッド)。詳細は不明ですが、気になる方は予め店員さんに確認されることをお勧めします。
→ (3/2追加) 大塚電装機器さんの掲示板で大塚専務さんが気になるコメントをされています。DVDナビに限らずHDDナビにも同様のことが当てはまるようで。

ADs Space
Links