らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2006/12/01

ストラーダ プラス1!2!3!キャッシュバックキャンペーン

パナナビの購入を検討されている方に耳寄りな情報です。本日12月1日から来年1月末までの期間限定で「ストラーダ プラス1!2!3!キャッシュバックキャンペーン」が実施されています。期間中、パナナビの対象ナビと対象オプション商品を同時購入すると、オプション商品の数に応じて8,000円~20,000円のキャッシュバックを受けられるとか。パナナビを購入するなら、このキャンペーンに応募しない手はありませんね。

2006/11/20

パナナビ、2007年度版地図ソフト・データ発表

パナナビの公式サイトで、毎年この時期恒例の「年度更新版 地図ソフト・データ」が発表されています。データベースの年度更新のみの機種が大半を占める中、唯一HDS630/HDS620シリーズ(CA-HDL1725D)のみ、機能的なアップグレードも施されています。事前の噂どおり、Fクラス同様、DVD-ROMからの地図更新に対応です。主な更新内容は地図描画・メニュー画面のデザイン見直しとiPod接続対応ですが、あくまで「主な」更新内容なので、どの程度までHDS635/HDS625シリーズの機能に近づくのか気になるところです。

2006/10/13

パナナビ、市販カーナビシェアトップは目前?

カーナビ所有者はドライバーの約44%、メーカーはパナソニックが人気(japan.internet.com-10月12日)】 カロナビとパナナビの順位が逆転したアンケート結果を見ると、ナビ男くんHDS625TDのレポートの冒頭にあった、パナナビが「今年度はいよいよ市販ナビ市場でシェアトップをとれるかもしれぬ勢い」とのお話も納得できます。オートバックスイエローハットの8月の売り上げランキングでも、トータルではパナナビが優勢。果たしてパナナビがシェアトップの座を獲得する日はやってくるのでしょうか?

2006/10/12

ナビ男くん、ストラーダHDS625TDレポート&インプレッション

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 予告されていたパナソニックの新型ナビ[ストラーダ]HDS625TDのレポート&インプレッションを掲載されています。 昨年のコンタクトさんによる日記(→「カーナビの地図」)を発端とするパナナビ地図の供給元変更の話は、今や噂の段階を超えて定説となった感もありますが、「現在は抜群の信頼感を誇るマップマスター系をベースにしたオリジナル地図へと変更されている」と、説を裏付ける情報を書かれています。先日、昭文社とモバイルマッピングからカーナビ事業参入の発表があったばかりですが、昭文社の地図がメインで採用されるナビは今後出てくるのでしょうか?

2006/9/12

パナソニック、ストラーダHDS635/HDS625シリーズ正式発表

パナソニックの廉価版2DIN一体型HDDナビ、ストラーダHDS635/HDS625シリーズが正式発表されました(プレスリリースはこちら)。ラインアップは、MDプレーヤーとリヤビューカメラ、さらに地デジチューナー同梱の有無で計6種類(CN-HDS635TD CN-HDS635RD CN-HDS635D CN-HDS625TD CN-HDS625RD CN-HDS625D)。ストラーダFクラスに続き、カメラスケール機能に改良が加えられ、中心軸の移動とスケールの左右独立での角度調整が可能になりました。こんなマニアックな改良がプレスリリースで取上げられること自体、驚きであると共に、長らくその必要性を主張してきた人間として感慨深いものがあります。
→ (9/13追加) 早速、製品情報ページが公開されています。こちらのページによれば、エンジン起動からカメラ起動までにかかる時間が05モデルの約13秒から約5秒に短縮されたとか。ここまでバックカメラ関連に意識が払われるとは、それだけバックカメラがメジャー化したことの証ですね。
→ (関連記事) パナ06ストラーダFクラス、カメラスケール機能バージョンアップ

2006/7/28

配電業務ナビゲーションシステム

電柱検索カーナビシステム 災害時素早く現場へ 中電が導入(読売新聞-7月28日)】 MCPC award 2005 グランプリを受賞した東北電力開発の「配電業務ナビゲーションシステム」ですが、全国の電力会社で続々と導入されているようです(プレスリリース)。見た感じはCN-HDX300Dそのものですが、タッチパネルや通信機能にも対応するなど、独自の進化を遂げています(→東北電力による開発紹介映像)。電力各社で微妙に仕様は異なるようですが、こうして業務用機器として生き続けているのをみると、HDX300ユーザーとして感慨深いものがあります。

2006/6/15

パナ06ストラーダFクラス、カメラスケール機能バージョンアップ

パナ06ストラーダFクラスのPDF版マニュアルが公開されています。今回掲載されたのは先に発売されたCN-HDS960TDとCN-HDS910TDの2機種(→カーナビゲーション 取扱説明書 | Panasonic)。カメラスケール機能がさりげなくバージョンアップしていて感動です。従来は「幅と角度」の調整のみしかできなかったパナナビですが、新モデルではついに中心軸の移動が可能となり、スケールの角度も左右独立で調節できるようになりました。従来はバックカメラを左右にずらして取り付けた場合に違和感が避けられなかっただけに、クラリオンナビに続く対応は歓迎されそうです。

2006/5/14

ナビ男くん、06HDDサイバーナビ発表会レポート

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 皆さん注目のカロッツェリア[サイバーナビ]の発表会レポートが掲載されています。「地デジもいいけど、ナビの進化こそ大切では?」とのコメントに店長さんの本音がチラリ。アナログチューナーのダイバシティ機能を省略するなど(→闇夜の日記「見てきました!06新型Fクラス」)、新ストラーダFクラスが地デジ対応を前面に押し出す中、サイバーナビがどのような戦い方をするのか気になります。更新履歴によれば週明けにはさらにもう1社から新型ナビが発表されるそうで、そちらも楽しみです。
→ (6/10追加) 親方さんから頂いたコメント同様、先日公開されたパナ06ストラーダFクラスのカタログのスペック欄にも、「アナログTVチューナー」の項目に「4chダイバーシティ」との表記があります。闇夜の日記で紹介されていたメーカー担当者の方は何か誤解されていたのでしょうか?

2006/5/11

パナソニック、地デジ対応新型ストラーダFクラス正式発表

今度はパナソニックから地上デジタル対応の新型ストラーダFクラスHDDナビ(CN-HDS960TD /CN-HDS940TD/CN-HDS910TD)が発表されました。プレスリリースはこちら。これで役者が揃ったわけですが、予め両者の概要をご存知だった大塚電装機器の工場長さんと闇烏さんが共に「Fクラス予約!」との印象を抱かれたのは実に興味深いです(→闇夜の日記「06サイバーvsFクラスは・・  &デジチュー話」)。専務さんのコメントにある通り、「デジタル放送は車載こそ恩恵が強い」わけですが、以前お尋ねしたアンケート結果とあわせて考えると、その先には恐ろしい結果が待ち受けているような気がしてなりません。「ITSを疑う」様でも先日この件について指摘されていましたが(→「地デジつけて その後」)、とりあえず地デジカーと思しきクルマを発見したら注意するに越したことはなさそうです。
→ (5/12追加) 早速、ストラーダFクラスの商品情報ページが公開されました。

2006/4/27

専務さんの心を揺れ動かした「Fクラスの概要」とは?

大塚専務さんがブログ「闇夜の日記」に興味深い記事を書かれています(→「06サイバーvsFクラスは・・  &デジチュー話」)。まだ解禁前ということで奥歯に物が挟まった書かれ方ですが、「どちらも連休明けの5月第2週に発表会がある」とこれまたキワドイ情報。オオバデンキさんもお馴染みの巷のうわさ&ヒトリゴトを更新されていますが、これで正式発表日が絞り込まれました。記事の行間から大塚専務さんが言わんとされる「Fクラスの概要」が強く伝わってきますが、来たる月初めの定例更新では「サイバーナビの概要」が分かったりする?

2006/4/11

ストラーダDVシリーズ付属アンテナ、追加情報

ストラーダDVシリーズ付属アンテナについて、サントミデンソーさんから追加情報をお寄せ頂きました。CN-DV255FD最新ロットの取付をされたところ、「フィルムアンテナは以前よりサイズダウンした感じですが、フィルムレスではありませんでした」とのこと。また、「作業用ヘラの付属もあり、取説の画像変更もされて」いたそうです。お店の最新情報コーナーでもアンテナ形状の写真を紹介されています。サントミデンソーさんでは、「付属フィルムアンテナ+イクリプスAVN付属ブースター(部品注文)」という組み合わせでブースターの後付けを勧められていると以前こちらでお伝えしましたが、今回はクラリオンのフィルムアンテナ・ZCP-106-500のブースターアンプ(部品定価5,290円)を追加で取り付けられたとか。パナナビにブースターが付属しない理由は分かりませんが、取付作業は一度で済ますに越したことは無いので、気になる方は大塚専務さんご推薦(大塚電装機器BBS)のナビックTBU-011(→製品情報)と合わせて検討されることをお勧めします。
→ (関連記事) ストラーダDVシリーズ付属アンテナ、4月生産分以降はフィルムレスタイプ?

2006/4/02

ストラーダDVシリーズ付属アンテナ、4月生産分以降はフィルムレスタイプ?

サントミデンソーさんから興味深い情報を教えて頂きました。なんと、パナ・ストラーダDVシリーズのフィルムアンテナとアンテナコードが4月生産分から変更されるとのこと(CN-DV155RFDのみ5月生産分から)。フィルムアンテナの品番はHDS620/630/955/935/905シリーズのそれとも違うそうです。一体どのように変更されるか詳細は不明ですが、価格コム掲示板のこちらのツリーをご覧になれば大方の想像は付く?

2006/3/17

パナソニック、ポータブルDVDナビ・ストラーダDS120/D050発表

噂されていたパナポータブルDVDナビが正式発表されました(プレスリリースはこちら)。マイナーチェンジモデルのCN-DS120Dに加え、DVD再生機能とSDカードスロットを省いた廉価モデルCN-D050Dが新たに追加されています。初代で提案された「ボディーカラー・質感のバリエーション」(初代プレスリリース)は市場にあまり評価されなかったのか、本モデルではシルバーに一本化されました。実勢価格の下落に合わせるように希望小売価格が大幅に引き下げられていますが(税込155,400円→税込115,500円)、最新地図付属の旧モデルと比べてお買い得なのはどちら?

2006/3/01

パナDVDナビ、在庫一掃モデルから順次最新地図に切り替わる?

毎月1日になると、闇烏さんがファイルをアップロードされている姿を想像しながら、大塚電装機器さんのサイトを見るのが半ば習慣化していますが、今回の「こぼれ話」はパナナビ関連情報のオンパレード。新バックカメラと新ポータブルナビ、さらにはストラーダDVシリーズ付属地図と、大塚電装さんらしい微妙な話題が続きます。ストラーダDVシリーズの付属地図については価格コム掲示板にも情報が寄せられ始めました(→たとえばこちらのスレッド)。詳細は不明ですが、気になる方は予め店員さんに確認されることをお勧めします。
→ (3/2追加) 大塚電装機器さんの掲示板で大塚専務さんが気になるコメントをされています。DVDナビに限らずHDDナビにも同様のことが当てはまるようで。

2006/2/23

カーナビは地図情報の鮮度が命?

価格コム掲示板に気になる書き込みが。カーナビは地図情報の鮮度が商品価値を大きく左右するのですから、各社ともその辺りの情報をはっきり明示して頂きたいもの。本体価格が安ければ安いほど、地図情報の価格に占める割合が高まるとなればなおさらです。ライバル楽ナビのDVDモデルは既に昨年秋にリニューアル済みですが、ストラーダDVDモデルは一体どうなるのでしょう? 先日噂になったポータブルナビの話題と共に気になるところです。
→ (関連記事) パナDVDナビ、在庫一掃モデルから順次最新地図に切り替わる?

2006/2/01

パナポータブルナビ、いよいよ春に新製品登場か?

毎日1日といえば大塚電装機器さんの定例更新日。パナのポータブルナビについて「今年の春あたりにこの2機種1本化して新しいポーダブルが出るって噂」話をされています(→こぼれ話コーナー)。DS110といえば、一部ショップ(ジャパネットたかた等)で2006年度版地図付属を売りに販売されていますが、これってショップさんの独自企画?それともメーカー販促品など全国的な現象? 今回の件とは無関係ですが、カーナビでは地図情報の鮮度が命なのに、はっきりと明示して販売されないケースが多いのは困ったものです。他に、デンソーの外部インターフェイス付ETC DIU-3810について、お二人が一体何を言わんとされているのかも気になります。「デンソー&パナのETC車載器はずべて載せる」方針とのことですが、真相やいかに?! ちなみに「ずべて」は誤字等の館さまによれば似字科に分類されるとか。誤字等の館さまでは、単に誤字を誤字で終わらせずに、その生まれてくる背景などを考察されていてとても勉強になります。

2006/1/20

ナビ男くん、「楽」か「道」か2006~ポロ・ポロ大作戦2~ファイナル!

おーっと、ナビ男くんに動きがー! これまで3回に渡り、カロHDD楽ナビとパナHDDストラーダのテストレポートを掲載されてきたナビ男くんですが、ついに最終回を迎えられました(→「楽」か「道」か2006~ポロ・ポロ大作戦2~)。今回はファイナルということで、裏ナビのおまけ付き。裏ナビの最後では当サイトで開催中のアンケートをご紹介頂いていますが、突然で驚かされました。この場を借りて御礼申し上げます。

2005/12/11

パナナビ年度更新地図、命名規則変わる

談話室に情報をお寄せ頂いている通り、パナソニックから年度更新地図の最新版が続々と発売されます(→メーカー案内TOPページ)。ナビ男くんの予告通り、2004年モデルのHDS950Mシリーズが内蔵DVDドライブを使った自力での地図更新に対応したり、最新モデル同様、トヨタマップマスターの地図情報をベースにするなどの動きがあったわけですが、らくなび的に気になったのは年度の数え方。これまでの例だと2005年12月までの情報をもって2005年度版とされるはずが、今回から1年飛んで2006年度版とされています。個人的には従来の命名規則の方がパナソニックらしくて好きですが、これも時代の流れでしょうか。
→ (関連記事) ナビ男くん、パナストラーダFクラス発表会レポートパナHDDナビ新機種、発表秒読み開始?

「楽」か「道」か2006~ポロ・ポロ大作戦2~ by ナビ男くん

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 「HDD楽ナビ」と「ストラーダHDD」のガチンコ対決、題して「楽」か「道」か2006~ポロ・ポロ大作戦2~が公開されています。「両機の成長ぶりを観察するには以前と同じルートを辿るが最善」ということで、昨年のレポートと同じ舞台でバトルが繰り広げられています。昨年の「「楽」か「道」か2005 POLO POLO大作戦」ではDVD楽ナビの進化に驚かされましたが、今年はどうなるのでしょう?
→ (関連アンケート)普及価格帯2DIN一体型HDDナビ、あなたの選択は?(2005年版)

2005/10/30

ナビ男くん比較テスト、パナHDS935M vs アルパHD55

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 連載中の[ストラーダ]FクラスとアルパインSUPER時短ナビの比較テスト第2回目第3回目に続き、早くも第4回目が掲載されました。あと残るは裏ナビのみ。「今回はテストカー+ナビで史上最高(当社比)総額約2,000万円の比較テスト」ということで身を案じていましたが、お二人ともご無事で何よりです。

2005/10/25

HDS630/620シリーズ、地図更新は内蔵DVDドライブにディスクを入れるだけ?

価格.comくちコミ掲示板に気になる投稿が寄せられています。何でも、HDS630/HDS620シリーズの地図更新は「DVDのデータディスクを購入して更新する予定みたい」だとか。ちなみにナビ男くんは以前、2004ストラーダFクラスの発表会レポートで「年度版DVD-ROMをナビ本体に挿入し自動書き換えでOKと容易なものとなった」とコメントされていました。今後のパナHDDナビは、クラスを問わずDVD-ROMからの地図更新が可能となりそうです。

2005/10/13

NHDN-W55Gは、今後のパナナビを占う上での試金石?

本日あった松下電器のプレスリリースを機にUniPhier®に関する最近のニュースを見直してみたのですが、先日開催されたCEATECでかなり動きがあったのですね。Tech-On!の記事によれば、カーAV用UniPhier®以前発表のあったGRiTT®-2(MN67762)で、既に今年発売の松下製トヨタDOPナビNHDN-W55G(商品情報)に採用されているとのこと。NHDN-W55Gといえば、BluetoothとG-BOOK ALPHAにいち早く対応したAutomotive®搭載機。従来あったパナナビの硬派なイメージを打ち破る「おまかせDJ」機能にも驚きましたが、ハードとソフトとの両面で新機軸を打ち出したナビであることに改めて気付かされます。
→ (関連ニュース)[CEATEC]地デジ・ケータイなど松下のUniPhier搭載機器が続々,ARMコアを採用(Tech-On! LSI情報局-10月4日)※要ユーザー登録(無料)トヨタらしかぬエンタテイメント、HDDナビ『NHDN-W55G』(レスポンス-4月22日)】

2005/10/09

パナナビ付属アンテナの追加ブースターはナビックTBU-011で決まり?

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 店長さんによるパナ・ストラーダHDS630のロードインプレッション。パナナビでは付属アンテナの仕様がモデルごとに微妙に異なりますが、今回は「新採用のフィルムレスタイプ」だとか。ブースター無しは相変わらずなので、大塚専務さんご推薦(大塚電装機器BBS)ナビックTBU-011(→製品情報)と組み合わせれば良さそうです。店長さんは「どうやら今年はベーシック機には大きな動きはなさそう」とされていますが、DVD楽ナビもマイナーチェンジしたことですし、ストラーダDVシリーズの同梱地図ディスクが更新されるくらいの「小さな動き」ならあったりする?
→ (関連アンケート)普及価格帯2DIN一体型HDDナビ、あなたの選択は?(2005年版)
→ (10/11追加)従来のエントリーモデルDVD系は併売続行(レスポンス-10月11日)】 担当者の方がストラーダDVDモデルについて、「ただちに廃止はしません」「当分の間は併売を続けます」とコメントされています。

2005/10/06

ナビ男くん比較テスト第1回目、パナHDS935M vs アルパHD55

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 予告されていた[ストラーダ]FクラスとアルパインSUPER時短ナビの比較テストの掲載が始まりました。今回はその第1回目。マッハ郷さん操るポルシェと自転車のオバちゃん、その対決の行方やいかに。

2005/9/23

ストラーダHDS630/HDS620、製品情報ページ公開

ストラーダHDS630/HDS620シリーズの製品情報ページが公開されました。広告ではリヤビューカメラの効用が大きくアピールされていますが、リヤビューカメラ付属モデルとの価格差が実売で8,000円を下回る(希望小売価格だと10,500円)となれば、気合が入るのも当然。BEC105のような超小型カメラを狙われている方には、お買い得なモデルと言えそうです。ただ、カメラ付属の有無に関係なく、全てのモデルで専用のカメラ端子(専用5ピンコネクタ)が採用されたのは、今後のパナナビを占う意味でも気になる兆候です。RCAタイプの汎用バックカメラを接続するには別途オプション(CA-LNRC10D)が必要だとか。良心的な価格設定(希望小売価格1,680円)ですが、カメラ付属モデルの値ごろ感がさらに高まります。

ADs Space
Links