らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2007/1/05

フロントアイカメラの使い心地 by 大塚電装機器さん

大塚電装機器さんの今年最初の定例更新。「コラム・HPの裏側」に書かれたフロントアイカメラのインプレッションは、市販品の取付け例をまだあまり聞かないだけに興味深いです。今年はアルパインクラリオンなど、各社から続々と発売されると専らの噂ですが、ドライブレコーダー内蔵ナビとの絡みも含めて要注目です。それにしても、いつも気になっているのがトップページ左上に記された"kcur"という文字。Favicon(→Wikipedia)のファイル名(kcur.ico)も同じスペルですし、白の背景に隠れるように白いフォントで書かれていると、妙に気になったりして。カンザスシティのラジオ局、KCURと何か関係があったりする?
→ (関連情報) チョット一息?「5.これは便利!フロントビューカメラ!*フロントアイカメラ検証」 by 大塚電装機器

2006/12/16

パナHDS630/HDS620シリーズ、リヤビューカメラ接続端子ピンアサイン

べるの@RB1様の「みんカラ」ブログで、パナストラーダHDS630/HDS620シリーズのリヤビューカメラ接続端子のピンアサイン解析結果が紹介されていることに遅ればせながら気が付きました。RCA変換ケーブルが比較的良心的な価格で提供されているためか、これまで話題に上ることがありませんでしたが、これぞまさにらくなび的に気になる情報。「みんカラ」もクラスタリングサーチに対応してさらに便利になったので(→みんカラサーチ、スタート!@みんカラ開発ブログ)、今後は新機能も活用してこうした貴重な情報を見逃さないようにしたいです。

2006/11/28

アルパイン[モビステ]X07シリーズ、マニュアル公開始まる

アルパイン[モビステ]X07シリーズのPDF版マニュアルが公開されました(→VIE-X07B等/利用条件)。機能が豊富なだけに、マニュアルも400ページを優に超える大作。なんと「リアカメラの操作」(→PDF)だけで5ページも割かれているから驚きです。PL法の絡みで仕方ない面もあるのでしょうが、ありとあらゆる状況を想定して書かれています。ガイド線の調整も自在にできそうで良い感じです。

2006/11/01

慶洋エンジニアリング、ホームページ開設

慶洋エンジニアリングのホームページがついに正式オープンしました。この社名を聞かれて「おぉー!」と感じられる方は、きっと相当なマニアか業界人のはず。製品紹介ページに「どこかで見覚えがある」製品がずらりと並んでいることからも明らかな通り、国内のありとあらゆるメーカーに製品を供給している会社です(→企業概要沿革/知的所有権取得)。私と慶洋エンジニアリングの出会いはAN-C55ですが(neteye AN-C55 徹底レポート)、日立モバイルFANT-D5Pの製造元だと教えて頂いたこともありましたっけ。どうしてこの時代にホームページが無いのだろうと、かれこれ4年近くも興味を抱き続けてきただけに、正式オープンは実に感慨深いものがあります。

2006/10/04

ナビ男くん、アルパイン[モビステ]X07レポート&ショートインプレッション

おーっと、またしてもナビ男くんに動きがー! 皆さん注目の新型アルパナビ[モビステ]X07昨年同様、正式発表前の段階でプロトタイプに触れる機会に恵まれた店長さんが、早くもレポート&ショートインプレッションを掲載されています。まず第1夜はドライブインフォメーションのレポートから。 コンタクトさんの予想にあったフロントビューカメラは「1月発売予定」とのことで、画面表示を「用途に合わせて可変」できるとされているのが興味深いです。ソニーの広視野角小型カメラモジュールRPU-C1833(→プレスリリース)を使えば実現できそうな機能にも思われますが、実際のところはどうなのでしょう?
→ (10/5追加) CEATEC2006でアルプス電気から似たような車載カメラが発表されています(→「アルプス電気,撮影角度190度の車載カメラを披露」Tech-On!-10月4日)。「2007年初頭をメドに,サンプル出荷を始める予定」とあるので、こちらの可能性もありますね。この種のカメラはドライブレコーダー用カメラの本命なので、搭載製品の登場が待ち遠しいです。

2006/9/12

パナソニック、ストラーダHDS635/HDS625シリーズ正式発表

パナソニックの廉価版2DIN一体型HDDナビ、ストラーダHDS635/HDS625シリーズが正式発表されました(プレスリリースはこちら)。ラインアップは、MDプレーヤーとリヤビューカメラ、さらに地デジチューナー同梱の有無で計6種類(CN-HDS635TD CN-HDS635RD CN-HDS635D CN-HDS625TD CN-HDS625RD CN-HDS625D)。ストラーダFクラスに続き、カメラスケール機能に改良が加えられ、中心軸の移動とスケールの左右独立での角度調整が可能になりました。こんなマニアックな改良がプレスリリースで取上げられること自体、驚きであると共に、長らくその必要性を主張してきた人間として感慨深いものがあります。
→ (9/13追加) 早速、製品情報ページが公開されています。こちらのページによれば、エンジン起動からカメラ起動までにかかる時間が05モデルの約13秒から約5秒に短縮されたとか。ここまでバックカメラ関連に意識が払われるとは、それだけバックカメラがメジャー化したことの証ですね。
→ (関連記事) パナ06ストラーダFクラス、カメラスケール機能バージョンアップ

2006/9/10

フロントアイカメラ、各社から続々と登場?

価格コム掲示板に気になる書き込みが。イクリプスから今年発売されたフロントアイカメラですが、先日コンタクトさんが掲載された噂話によれば、アルパインの新カーナビにも「さらに高機能な物」がオプション設定されるとか。販売店向けメニューの設定項目が何を意味するのか分かりませんが、各社でのオプション設定が当たり前となる日も案外近い?

2006/8/24

新型カローラ、バックカメラ標準装備?

高齢でも車庫入れ楽々 新カローラにバックモニター標準装備(中日新聞-8月24日】 「標準装備」といっても、あくまで一部グレードに限った話なのでしょうが、それでもすごいことですね。今後、他の車種も同様の流れになるとしたら、量産効果によるコストダウンもまだまだ期待できたりして。

2006/6/15

パナ06ストラーダFクラス、カメラスケール機能バージョンアップ

パナ06ストラーダFクラスのPDF版マニュアルが公開されています。今回掲載されたのは先に発売されたCN-HDS960TDとCN-HDS910TDの2機種(→カーナビゲーション 取扱説明書 | Panasonic)。カメラスケール機能がさりげなくバージョンアップしていて感動です。従来は「幅と角度」の調整のみしかできなかったパナナビですが、新モデルではついに中心軸の移動が可能となり、スケールの角度も左右独立で調節できるようになりました。従来はバックカメラを左右にずらして取り付けた場合に違和感が避けられなかっただけに、クラリオンナビに続く対応は歓迎されそうです。

2006/6/01

イクリプスバックカメラ、ついに裏技結線が不要に?

毎日1日といえば大塚電装機器さんの定例更新日。先日のらくなびの思いが通じたのかどうかは分かりませんが、イクリプスのフロントアイカメラと電源BOX(CAB106)について専務さんが自腹でレポートされています(→チョット一息?「5.これは便利!フロントビューカメラ!*フロントアイカメラ検証」)。「擬似バック信号」を使った予想通りの仕様で、これで例の裏技とも無縁ということに。バックカメラBEC106について特にコメントされていないのが気になりますが、BEC103以来続いてきた不思議な仕様の改善は歓迎されそうです。こぼれ話コーナーのチェックもお忘れなく!

2006/5/28

イクリプスバックカメラ、裏技の行方は?

イクリプスのバックカメラといえば、BEC103以来、リバース信号線にバックランプ電源を接続する裏技(但しメーカー動作保証外)が有名ですが、2006年モデルでは電源BOX(CAB106)に車両側のリバース信号入力線が追加されるなど、これまでとは事情が変わった気がしてなりません。電源BOX使用時、仮にバックカメラがリバースギア連動で切替表示され、フロントアイカメラがスイッチ操作で表示されるのだとしたら、これ以上のものは無いような気もします。既に市場には製品が出回りはじめたようですが(→楽天価格情報)、どなたか試された方はいらっしゃいますか?
→ (参考情報) AVN1106D製品情報ページからリンクされている配線図(PDFファイル/227KB)に配線BOX(CAB106)の配線図が掲載されています。

2006/5/25

闇夜の日記、カロ新型バックカメラND-BC2レポート

大塚専務さんが闇夜の日記カロ新型バックカメラND-BC2とパナCY-RC50KDの比較テストをされています(→闇夜の日記「06カロVSパナ 番外編:バックカメラND-BC2入荷!」)。大きさではパナCR50KDに分があるものの、画質と感度では良い勝負みたいです。ちなみにサンライズカーオーディオさんの例のページによれば、バックカメラのケーブル長は7mでRCA付属電源ケーブルの長さは3mだとか。ND-BC1と比べて配線の形状のみならず長さも変わったようなので、技を駆使される予定の方は要チェックということで。

2006/5/15

富士通テン、イクリプスナビ2006年夏モデル正式発表

富士通テンからイクリプスAVNナビゲーション2006年夏モデルが発表されました(プレスリリースはこちら)。早速製品情報ページが公開されています。注目は新たにオプション設定されたフロントアイカメラFEC106(プレスリリース/製品情報)。多チャンネル対応ドライブレコーダーのカメラとして活用できれば、死角解消に貢献しそうです。電源BOX(→製品情報)を使用すれば他社モニターへの接続も可能とありますが、バックカメラとフロントカメラの同時装着には対応しているのでしょうか?
→ (5/17追加) AVN1106Dの製品情報ページからリンクされている配線図を見る限り、社外ナビにCAB106を利用して取り付けた場合でも、バックカメラとフロントカメラの同時装着に対応しそうです。

2006/4/29

パイオニア、新型バックカメラND-BC2「5月下旬発売予定」

パナソニック、クラリオンに続き、パイオニアからも新型バックカメラが発売される模様です。情報源はアラジンの商品ページ。希望小売価格が若干下げられ(24,150円→22,050円)、バックカメラユニットND-BC2として「5月下旬発売予定」とのこと。ナビ男くんのレポート(→バックカメラ徹底比較)をはじめ、画質の良さで評価が高いND-BC1ですが、その特徴は新機種にも受け継がれるのでしょうか?
→ (5/16追加) 5月10日に06HDDサイバーナビと共に正式発表されました(プレスリリース/製品情報その1/製品情報その2)。希望小売価格の値下げ分(ND-BC1税込24,150円→ND-BC2税込22,050円)がそのままストリートプライスに反映されているようです(→楽天価格情報)。

2006/4/27

クラリオン、後方確認カラーカメラCC2011AA

新ブランド導入にあわせ製品情報ページのリニューアルが予告されていたクラリオンナビですが、こちらで公開がはじまりました。先日のプレスリリースには無かったオンダッシュパッケージNVA660HDや据え置き型NAX060HDがさりげなく掲載されるなど、新情報満載です。中でも注目は新型バックカメラCC2011AA(→後方確認カラーカメラCC2011AA)。前作CC2010AAと比べてサイズこそ変わらないものの、ナビ男くんもびっくりのギミックが採用されています。高解像度低歪レンズの採用で水平解像度が向上した点も見逃せません(300TV本以上→350TV本以上)。既にCC2010AAは在庫僅少となっていますが、購入の際はご注意ください。

2006/3/14

パナ新バックカメラCY-RC50KD、コード類の長さは余裕の約9m!

ここ連日更新が続いているサンライズカーオーディオさんですが、パナソニックの新バックカメラCY-RC50KDについて、「メーカーHPの仕様を見てもわからない?内容物」という書き出しで情報を掲載されています。何でも付属の映像用コードと電源コードの長さは共に5mだとか。カメラコントローラーの設置場所に左右されるとはいえ、カメラからモニターまでコード類の長さを最大9m(5m+4m)取れるとは驚きです。先日大塚専務さんが書かれていたコメントといい、今一番のおすすめバックカメラといえそうです。

2006/3/11

パナ新バックカメラCY-RC50KDは無敵の明るさを誇る?

先日のこぼれ話コーナーにあった予告(?)通り、大塚専務さんが闇夜の日記でパナ新バックカメラCY-RC50KDのインプレッションを掲載されています。「特筆すべきは夜間の明るさ」で、「他のカメラと比べるとかなり明るい」とのこと。心配されていた解像感についても、「小型カメラとしては画質のあれた感じが少なく見やすい方であることは間違いない」と、実に心強いコメントをされています。デザインにこだわる方向けにはオプションでカラーキャップが発売されることですし、値頃感の高い価格も相まって(→楽天価格情報)もはやヒットは約束されたようなもの?

2006/2/27

パナソニック、リヤビューカメラ新製品CY-RC50KD/CY-RC50D

パナソニックからバックカメラの新製品CY-RC50KD/CY-RC50Dが発表されました(プレスリリースはこちら)。写真とスペックを見る限り、HDS630RDシリーズの付属リヤビューカメラを一般市場向けにアレンジした感じ。カメラ単独での発表ということもあってか、「MID工法(立体回路実装)」「新規3枚レンズ」「シューディング補正機能、白検出機能、ピーク光量検知機能」といった技術面のアピールが並んでいます。先日の闇夜の日記で大塚専務さまが、「他社の超小型タイプに比べると 」「多少見易く感じられ」るとコメントされていましたが、こうした技術の賜物かもしれません。それにしても、未だパナソニックのWebサイトの何処にも情報が見当たらないTW-CC170Bが従来品として扱われているのは、一体どういうこと?【⇒ (3/18更新) TW-CC170Bの商品情報ページがついに公開されました。】
→ (関連記事) パナ新バックカメラCY-RC50KDは無敵の明るさを誇る?パナソニック、ストラーダHDS630/HDS620シリーズ正式発表パナ新型バックカメラTW-CC170B、希望小売価格明らかにキャラクターの力を借りてでも売りまくる?
→ (3/18追加) ついにTW-CC170Bの商品情報ページが公開されました。

2006/2/20

ドリームメーカー、超広角バックカメラCA-1

ドリームメーカーからユニークなバックカメラCA-1が発売されています(→メーカー直販@楽天市場)。「カメラ部分が180°回転する」設計に加え、市販製品ではトップクラスの画角を誇る超広角レンズ。水平視野角はHCE-C100を上回り、垂直方向はBEC105に並ぶと申し上げれば、その広角ぶりをお分かり頂けるかと。サイズもそれなりにコンパクトですし、俄然その正体が気になります。一般的にはレンズを広角にすればするほど、解像感が失われたり画像が暗くなると言われていますが、この製品はどうなのでしょう?

2006/1/02

イエローハット、プライベートブランドFine Mineの行方

先日イエローハットのウェブストアで販売が再開されたFine mine FM-132BCですが、何故か商品情報が消えてしまっています。これまで「おすすめ商品」コーナーで紹介されていたFine Mineシリーズの製品情報が、バックカメラに限らず全て跡形なく消えてしまったから驚きです。イエローハットといえば、先日の日経流通新聞MJ(Googleキャッシュ)に「大規模な店舗改装を実施する」との記事がありましたが、この辺りとの絡みでプライベートブランド戦略にもなにか動きがあるのでしょうか? 売れ筋ランキングで再び1位を飾るなど、関心も高いと思われるだけに今後の動きに注目です。

2005/12/02

Fine mine FM-132BC、ウェブストアで取扱い再開

下のマルハマ製ドライブレコーダーの記事をご覧の方ならお気づきかもしれませんが、イエローハットのウェブストアFine mine FM-132BCの販売が再開されています。今年春頃にウェブストアで欠品となった後は入手手段が実店舗に限られ、後継機発売の可能性も含めて気になっていただけに要注目です。概観・スペック共に似通ったTW-CC170Bがパナソニックから発売されるなど、この半年で選択肢もだいぶ広がりましたが、一時期あった圧倒的な人気を取り戻すことはできるのでしょうか?

2005/10/12

松下電工、「リアペアカメラシステム」東京モーターショー参考出品

松下電工が今年の東京モーターショーで、昨年のITS世界会議に続きリアペアカメラシステムを参考出品されるそうです(→出展情報)。もし以前のニュース(関連ニュース参照)にあった通り「2005年に発売する新車に搭載」される予定であれば、大手自動車メーカーのブースで披露されても不思議ではないような気が。以前お伝えした通り、先駆者のクラリオンは研究段階で「三眼のスタイルが最も良いだろう」との結論を出されたわけですが、果たして二眼でどこまで理想に迫れるのでしょうか? スズキのように一眼ながら低価格を志向されるメーカーも現われ、いよいよ面白くなりそうです。
→ (関連ニュース)[ITS世界会議速報]松下電器産業,2個で構成する後方カメラ (日経Automotive Technology-2004年10月20日)※要ユーザー登録(無料)

2005/9/23

ストラーダHDS630/HDS620、製品情報ページ公開

ストラーダHDS630/HDS620シリーズの製品情報ページが公開されました。広告ではリヤビューカメラの効用が大きくアピールされていますが、リヤビューカメラ付属モデルとの価格差が実売で8,000円を下回る(希望小売価格だと10,500円)となれば、気合が入るのも当然。BEC105のような超小型カメラを狙われている方には、お買い得なモデルと言えそうです。ただ、カメラ付属の有無に関係なく、全てのモデルで専用のカメラ端子(専用5ピンコネクタ)が採用されたのは、今後のパナナビを占う意味でも気になる兆候です。RCAタイプの汎用バックカメラを接続するには別途オプション(CA-LNRC10D)が必要だとか。良心的な価格設定(希望小売価格1,680円)ですが、カメラ付属モデルの値ごろ感がさらに高まります。

2005/9/20

パナソニック、ストラーダHDS630/HDS620シリーズ正式発表

噂されていたパナソニックの廉価版2DIN一体型HDDナビ、ストラーダHDS630/HDS620シリーズがついに正式発表されました(プレスリリース)。計4機種がラインアップされ(CN-HDS630D CN-HDS630RD CN-HDS620D CN-HDS620RD)、それぞれの違いはMDプレーヤーとリヤビューカメラの有無。付属カメラは、アルパインHCE-C100をも上回る業界最小クラスのサイズ(W23×H21×D20)とイクリプスBEC105に迫る広視野角(水平134度/垂直103度)がポイントです。「水平解像度は330本(中心部)」と高解像度をアピールされていますが、大塚専務さんの心配があたらないことを祈っています。
→ (関連情報) みんなのインプレッション 【カーナビゲーション編】 / クローズアップ・ナビ!

2005/9/17

パナ廉価版2DIN一体型HDDナビ、「21日のプレリリース(予定)」?

おーっと、大塚電装機器さんの闇夜の日記に動きがー! 巷でうわさの廉価版2DIN一体型HDDナビですが、「21日のプレリリース(予定)」だとか。「10月初旬には発売になるのでプレリリース後、即臨時更新するように!!」とのお達し、何ともお疲れ様です。「バックカメラ付モデル」も用意されるそうで、「大きさ500円玉以下、容積率で9.7cc!?」とかなりの小ささ。他社に負けじとさらなる小型化の道を歩まれるようですが、大塚専務さんが9月1日更新分のこぼれ話コーナーでコメントされていた通り、「あまりに小型=超広角レンズの製品は現時点では画質が悪い&歪が多くてとっても見難い」ことにならないかと心配です。さて、DVDモデルの話は全く聞きませんが、一体どうなってしまうのでしょう?
→ (関連記事) アルパインHCE-C100、pingoさんの評価は?

2005/8/26

俯瞰画像対応バックカメラ、スズキマジックで低価格化

スズキから俯瞰画像を表示できるバックカメラが発表されました(プレスリリース/製品紹介ページ)。この分野ではクラリオンが日産自動車に納入する視点変換アダプターが先行していますが、あちらがアダプターだけで47,250円するのに対し、こちらはカメラ込みで36,600円也。全体でみれば、これまでと比べて約半額に近い低価格化が図られたことになります。「車種専用の座標変換データテーブル」が組み込まれているので、おいそれと汎用品として流用できませんが、今後適用車種が広がりデータテーブルのバリエーションも増えれば、その中から自分のクルマに近いものを選ぶつわものが現れたりして?
→ (関連記事) 日産ティアナ、世界初視点変換アダプタークラリオン、車載カメラ次世代システム

2005/8/17

正像仕様のコンパクトカメラ、ついに真打登場?

先日pingoさんが紹介されていた車載用超小型CCDカメラMCS1615ccd/typeM。どうしてtypeMなのかずっと気になっていましたが、OPPTECH社のウェブサイトが更新され、ついにその謎が解けました(→バックカメラ製品紹介ページ)。なんとMCS1615ccdはシリーズ化されていて、鏡像仕様のtypeMのほかに正像仕様のtypeTが存在したのです。 フロントカメラとして露出させるケースを考えると、「防水・防滴IP67」というのもポイント。ソニーXA-700C(FM-131BC)がIP65なので、それより2ランク上の防水性を確保していることになります。ティアドロップ形状の専用化粧カバーMCS1615coverで、デザイン性もバッチリ! 談話室にも正像仕様のコンパクトカメラに対する要望が寄せられてきましたが、いきなりの真打登場に驚かずにいられません。
→ (参考情報) 株式会社 山武 「制御機器の基礎知識 センサ編」
→ (関連記事) ちょびカメCCD-01、そっくりさん発見!

2005/8/11

アルパインHCE-C100、pingoさんの評価は?

おーっと、「Aクラスと暮らす ほぼ毎日書けない日記」に動きがー! なんと、あのpingoさんがついにアルパインのバックカメラユニットHCE-C100を購入されたとのこと。FM-131BCの時同様、3回に渡り詳細なインプレッションを掲載されています(→「やっぱり小さいのが好き」その1/その2/その3)。「撮影素子アスペクト比16:9」に期待されていたpingoさん、果たしてその評価やいかに!?
→ (9/17追加) 三部作に続いて、「バックカメラの真相」「バックカメラの実験編」を掲載されています。
→ (関連記事) ちょびカメCCD-01、そっくりさん発見!
→ (関連情報) バックカメラ、買い物相談室

アゼストナビ、PDF版マニュアル掲載開始!

アゼストナビのPDF版マニュアル、ついにダウンロードサービスが始まりました(→取扱説明書/取付説明書)。まずは2005年モデル(MAX950HD MAX850HD MAX750HD MAX550HD)からですが、昨年のサイトリニューアル以来、項目は用意されつつも中味が無い状態がずっと続いていたので感慨もひとしおです。アゼストナビといえば、個人的に是非知りたかったのがリアカメラのガイドライン調整方法。汎用品にも関わらず、どうして「上のラインがクルマから約2m、下のラインがクルマから約50cm」と言えるのか不思議でしたが、その裏にはガムテープを目印に使った調整があったのですね。カメラ本体を左右にずらして取り付けても、これだったら柔軟に調整できそう?

2005/8/02

パナ新型バックカメラTW-CC170B、希望小売価格明らかに

サントミデンソーさんがパナソニックの新型車載用カラーカメラTW-CC170Bについて、希望小売価格17,500円(税別)/8月下旬発売予定との情報を掲載されています(→最新情報)。カメラ本体の寸法も、従来紹介されていた「W31×H25×D28」から「W35×H25×D27」へと僅かながら変わっています。TW-CC180Bのストリートプライスは大体20~25%OFF近くで推移していますが(→楽天価格情報)、もしTW-CC170Bでも同様だとしたら税込み13,800円~14,700円程度で推移する計算に...。スペックだけ見ればライバルの最新モデルに若干見劣りしますが、15,000円を下回る価格の持つインパクトは過去、neteye AN-C55(S)やFinemine FM-131BC/FM-132BCのヒットにみられるように明らか。今回はブランドイメージもありますし、好評を博すかもしれませんね。
→ (関連情報) バックカメラ、買い物相談室

2005/7/30

ちょびカメCCD-01、そっくりさん発見!

おーっと、pingoさんの「Aクラスと暮らす ほぼ毎日書けない日記」に動きがー! 先日のVP-T12の話に続き、またまた耳寄り情報を書かれています(→「おやじ汗シリーズ 〜 バックカメラの妄想 〜」)。今回は、なんとあのナビ男くんプロデュースのちょびカメCCD-01のそっくりさんを見つけられたというお話。まぁ、バックカメラの取り付けはかなり面倒なので、夏場だとスポットクーラーでも無い限り人に任せたくなりますが、pingoさんもコメントされている通り、入手ルートが広がることは朗報かと。って、同じかどうかは断言できませんけど...。それにしても、「撮影素子アスペクト比16:9」のアルパHCE-C100にほのかな期待を寄せられつつ、同じくワイドモニター対応のソニー製マツダDOPバックカメラに注目されるところやFM-132BCの後継機に対して期待されているところまで、pingoさんと私の関心事がことごとく同じで感動です。ちなみに、マツダDOPバックカメラ(C9S1 V7 532)の発売はFM-132BCのそれよりも前みたいなので、仮にアフター市場向けに出るとしたら、さらなる改良が期待できるかもしれません。
→ (関連情報) ちょびカメCCD-01、夜間の視認性は?

2005/7/25

アルパ新型バックカメラHCE-C100、気になるスペックは?

アルパインのバックカメラユニットHCE-C100、サントミデンソーさんがこれまで謎だったスペック等についてこちらのページで紹介されています。「クラス最小」を謳うだけあって、外形寸法はBEC105シリーズ(W27×H24×D24mm)を凌ぐ国内最小サイズ(W23.4×H23.4×D22.6mm)。最低被写体照度は約1.5ルクスで画角もライバルと互角ですが、「撮像素子アスペクト比16:9」のこだわりがキラリと光ります。カメラ取り付けネジを六角レンチで調整できるのも気が利いていますね。なぜって、鍋ネジだと取付後に角度を調整しようとしても、リヤガーニッシュの隅でドライバーが入らないケースがありますから。今月下旬発売予定とされていましたが、既に一部の店頭に姿を現し始めた模様(→楽天価格情報)。FM-132BC後継機の行方が気になりますが、性能・機能で選べばHCE-C100が今期ベストバイ?

2005/7/08

ちょびカメCCD-01、夜間の視認性は?

以前お伝えしたナビ男くんプロデュースの車載用カラーカメラ「ちょびカメ」CCD-01ですが、レポートを掲載されている方がいらっしゃいました(→みんカラ「On Your Mark!」様)。整備手帳に記されたレポートは取付け編視界編夜間の視認性編の計3つ。夜間の視認性はもとより、ちょびカメに関するインプレッション自体極めて貴重なので検討中の方は必見かと。2005年モデルはイクリプスBEC105GやアルパインHCE-C100など、超広角レンズ搭載モデルが目白押しですが、果たしてちょびカメはその優位(?)を保てるのでしょうか? ちなみにイクリプスBEC105Gについては、BEC104Gに引き続き、例の裏技にてリバースギア連動可能との情報がヤマフジ産業さんの掲示板に寄せられています。晴れて表技になるのは一体いつのこと?
→ (関連記事) ナビ男くん、最強バックカメラ「ちょびカメ」CCD-01リリース!ちょびカメCCD-01、そっくりさん発見!

2005/6/03

キャラクターの力を借りてでも売りまくる?

パナソニックのWebサイトにて、ストラーダFクラス2005年モデルの製品情報が公開されました。地図デザインの変更が最初にアピールされている点は好印象ですが、欲を言えば、既存ナビの年度更新でも是非改良して貰いたいところ。幻の「菜々子のナビ」計画()から約2年半、宮本選手と大黒選手を起用したプロモーションが果たして成功するのかどうか、全てはワールドカップ最終予選の結果次第? チャンネルパナソニックでも関連ブロードバンド放送が行われています。さて、パナソニックといえば、近日発売予定の製品について情報をお寄せ頂きました。新型バックカメラTW-CC170BフィルムレスエレメントアンテナTY-CA120DFの2つ。いずれも価格は不明ですが、6月末発売予定とのこと。写真やスペックなど、詳細が気になる方は談話室のこちらの投稿をチェック!
→ (関連コンテンツ) HDX300レポート編集室「きれいな地図は好きですか? - ナビの地図に求められるもの

2005/5/31

アルパ新バックカメラHCE-C100は手堅いデザイン?

先日アルパインからバックカメラユニットHCE-C100が発表されましたが(プレスリリース)、森の中のオーディオ屋さんが商品情報ページで写真を掲載されています。未だベールに包まれた面が多いHCE-C100ですが、写真を見る限り今流行の小型バックカメラのデザイン。値段もBEC105Gと同レベルですし(→楽天価格情報)、今期要注目のバックカメラと言えそうです。FM-132BCの行方が気になりますが、性能重視ならHCE-C100で決まり?
→ (関連記事) アルパ新型バックカメラHCE-C100、気になるスペックは?アルパイン、スーパー時短ナビ・HD55シリーズ発表Fine mine FM-132BC、ウェブストアは只今「欠品中」
→ (参考情報) 楽天市場で型番“HCE-C100”を検索

2005/5/17

富士通テン、イクリプスナビ2005年夏モデル発表

今度は富士通テンからイクリプスナビ2005年夏モデルが発表されました(プレスリリースはこちら)。アルパインの新型ナビと同様、新開発ナビエンジン「アルティマ・エンジン」の採用が謳われていますが、おそらく両者ともルネサス製SoC(システムオンチップ)SH7770のはず。既にパイオニアや三菱電機は2004年モデルから採用していますが(他にはソニーのXYZも?)、随分メジャーなチップになったものです。また新型バックカメラBEC105/BEC105Gのリリースも見逃せません。2004年モデルに比べ幅をさらに7mm狭め、視野角も水平135度/垂直105度と大幅に拡大。こうして各社から新型バックカメラの発表が続くと、Fine mine FM-132BCにも何か動きがあるのではと期待してしまいます。
→ (関連記事) Fine mine FM-132BC、ウェブストアは只今「欠品中」

アルパイン、スーパー時短ナビ・HD55シリーズ発表

アルパインからHDDカーナビゲーションシステム『スーパー時短ナビ・HD55』(INA-HD55、INA-HD55EU、NVA-HD55)が発表されました(プレスリリースはこちら)。プレスリリースの冒頭で「カーナビゲーションに求められる本質的要素「ナビ質」を徹底追求!」と宣言されたからには、相当期待して良さそう? アイシン・エィ・ダブリュとの共同開発というのも安心感があります。また同時発表のバックカメラユニットHCE-C100も要注目です。「水平視野角138度超広角レンズ」とアゼストCC2010AAのそれ(132度)を余裕で上回り、他にも「ワイド画面表示対応」「超小型サイズ」など、期待させる謳い文句がズラリ。長らく冬の時代を迎えていたアルパナビですが、ようやく待ちに待った春が来た?
→ (関連記事) アルパ新バックカメラHCE-C100は手堅いデザイン?「SUPER時短ナビ」スペシャルサイト、ついに公開
→ (参考情報) 楽天市場で型番“INA-HD55”を検索

2005/4/26

Fine mine FM-132BC、ウェブストアは只今「欠品中」

当サイトではすっかりお馴染みとなったFine mine FM-132BCですが、ウェブストアで「現在、欠品中です。販売予定は未定です。」との状態がここしばらく続いています。FM-131BCの頃は在庫切れも珍しくありませんでしたが、FM-132BCではちょっと記憶に無いような...。初代FM-131BCのスクープ情報を“A Story of A”のpingoさんからお寄せ頂いたのが2003年7月で、続くFM-132BCが発売されたのが2004年6月。FM-132BC自体、かなり完成度が高いだけに後継機種はちょっとイメージしにくいのですが、各社の新作ナビ発表も近いことですし、ひょっとしたらひょっとしたりする?
→ (関連記事) Fine mine FM-132BC、ウェブストアで取扱い再開

2005/4/09

ナビ男くん、最強バックカメラ「ちょびカメ」CCD-01リリース!

おーっと、ナビ男くんに動きがー! 皆さんお待ちかねのバックカメラの一大比較テストレポートがついに公開されました。「テストレポ史上、最も骨の折れるテスト」(更新履歴より)とのコメントは伊達ではなく、「百聞は一見に如かず」をまさに地で行く比較データに圧倒されます。また今回、長らく予告されていた「超小型バックカメラ」の全貌も明らかになりました(→ナビ男くんプロデュース車載用カラーカメラ「ちょびカメ」CCD-01)。驚くべきはその極小サイズ超々広角ぶり。画質こそ惜しくもXA-700Cに譲ったものの、それ以外の点ではほぼパーフェクトともいうべき性能です。夜間の視認性について今回のテストからは分かりませんが、「小さい、広い、きれい三拍子そろった最強バックカメラ」と銘打たれるからには期待して良い?
→ (関連記事) ちょびカメCCD-01、夜間の視認性は?

2005/3/15

ケンウッド・バックカメラCCD-1000、接続図公開

ケンウッドのバックカメラCCD-1000がついに発売されたわけですが、M2-SHOP.COMさんが接続図(PDF:754KB)を公開されています。イクリプスのバックカメラと異なり6ピンのPOWER CAMERA端子が採用され、電源系はリバース検出コードとアクセサリーコードの2つに分かれているのがポイント。「バックカメラ、買い物相談室」でも申し上げていますが、イクリプスのバックカメラで有名なRCA接続時の制限を気にせずに済むのは、この製品ならではの特徴でしょうか。
→ (参考情報) ケンウッド 後方確認用カメラCCD-1000 製品情報ページ

2005/2/06

クラリオン、車載カメラ次世代システム

先日クラリオンのウェブサイトがリニューアルされた際に誕生した新コンテンツ“Clarion Style”、その中の“Technology”コーナーで車載カメラ次世代システムが紹介されています。注目は「マッピング機能」の開発ストーリー。以前お伝えした日産ティアナの視点変換アダプターは単眼構成(カメラの数が1つ)でしたが、研究段階では「三眼のスタイルが最も良いだろう」との結論だったとか。三眼構成の俯瞰映像は必見です。ちなみに現在クラリオンのサイトでは「カーAV・カーナビアンケート」を実施されています。例年公開されている「カーAV/ナビ資料集」の元となるアンケートですが、質問項目と選択肢を見れば今年の傾向の半分は分かったようもの?

2005/1/29

ケンウッド、バックカメラCCD-1000発売予定

ケンウッドからバックカメラが発売されるとのことで、ウェブサイトに製品情報が掲載されています(→後方確認用カメラCCD-1000)。視野角(水平120度/垂直84度)はイクリプスBEC104と同じで、カメラ部の外形寸法もほとんど一緒(CCD-1000:W34/H27/D30mm - BEC104:W34/H27/D24)。果たして両者の関係やいかに!?
→ (参考情報) 楽天市場で型番“CCD-1000”を検索

2004/11/15

イクリプスのカーナビに汎用バックカメラを付ける方法 by 「クマの穴本店」様

ここしばらくの間、ヤマフジ産業さんのNAVI/AUDIO サポートBBSイクリプスのカーナビに汎用バックカメラを付ける方法が話題になっていました。そしてついに、投稿を寄せられていた方がご自身のホームページ(DIYと旅のHP「クマの穴本店」様)にその集大成ともいうべき情報をまとめられました(→「イクリプスナビの裏技 AVN4403D(4404Dでも可)で汎用バックカメラを純正と同じに使う方法」)。イクリプス製のバックカメラBEC104G/BEC103を市販のカーナビに装着する方法は既に多くの方に知られるところとなりましたが、逆のパターンはこれまで情報としてほとんど無かっただけに必見です。

2004/9/29

クラリオン、国内最小バックカメラ・アゼストCC2010AA発売

以前こちらでお伝えしたアゼストの新型バックカメラですが、本日ついに正式発表されました(CC2010AA:希望小売価格税込25,200円)。プレスリリースはこちら国内最小サイズというだけでも驚きなのに、画角の方も水平132度、垂直103度と国内最強のスペック!(※らくなび調べ)。味も素っ気も無いデザインですが、内に秘めた性能を知れば、これぞ機能美の極みとも言えそうです。長らくバックカメラの選択に悩まされ続けてきたアゼストナビユーザーにとって、ようやく待ちに待った春が来た? なお、ワイド8インチ1DINインダッシュTVなども同時発表されています(プレスリリースはこちら)。1DINインダッシュでワイド8インチとは、これまた珍しいですね(少なくとも私は他に例を知りません)。日本初のカーラジオ、カーオーディオを発表した伝統あるメーカーだけあって、AutoPC CADIASなど、他に無いものを作ることに長けていらっしゃるようで。。。
→ (9/30追加) 横幅178mmの本体に横幅176.4mmの液晶画面を収めるという、一見不可能なことを可能にした「トリニティモーション」。その動作の様子がcarviewのこちらの記事に写真で示されています。モニターを縦横90度回転させてしまうギミックに思わずビックリ!
→ (関連情報)アゼストナビ、バックカメラ大研究」「バックカメラ、買い物相談室
→ (参考情報) 楽天市場で型番“CC2010AA”を検索

2004/9/26

BEC104G、リバースギア連動への道

デンソーネットブログさんで以前紹介されたBEC104G/リバースギア連動キットついに発売されました。似たような商品が個人レベルでオークションを通じて販売されていたりもしますが(→例えばこちらの商品)、いずれの商品も、「裏技と聞くと、なんだか気持ち悪い」という方には朗報かもしれません。ただ、イクリプスBEC103が唯一の小型バックカメラだった頃ならいざ知らず、「安い・早い・うまい」の3拍子揃ったFinemine FM-132BCがある今となっては、敢えていばらの道を歩む必要も無い?
→ (関連情報)バックカメラ、買い物相談室

2004/9/13

ついにアゼストから新型バックカメラ登場か?

価格コム掲示板に気になる書き込みが。アゼスト(クラリオン)から新型バックカメラが登場との噂が最初に話題になったのは、今から遡ること約1年前。アゼストのバックカメラについては「アゼストナビ、バックカメラ大研究」で長らく追いかけてきただけに、実に感慨深いものがあります。BEC104をも凌ぐ超小型バックカメラが登場する日も近い?

2004/8/04

パナソニックTW-CC180B、商品情報ページ公開

度々話題にしているパナソニックの新型バックカメラTW-CC180B、ついにWebサイトに商品情報が掲載されました。従来品(TW-CC160B?)との比較で夜間の視認性向上をアピールされているのは興味深いです。さて、商品の方は既に先週末の段階で一部の店頭で見かけることができました。既にバックカメラのページでも申し上げている通り、7/25~8/31の期間限定でカメラカバーケースがサービスで付いてくるとか。TW-CC160Bの例をみる限り、この機を逃すと入手できない可能性もあるので、手に入れたい方はお早めに。ただ、全てのお店でキャンペーンが実施されているとは限らないので、確実に手に入れたい方は購入時にご確認を!
→ (参考情報) 楽天市場で型番“TW-CC180B”を検索

2004/7/30

パナソニックTW-CC180B、流通開始?

こちらでも度々話題にしているパナソニックの新型バックカメラTW-CC180B、さりげなくYahoo!オークションに出品されています(→Yahoo!オークションにてTW-CC180Bを検索)。楽天市場でも既に取り扱われているショップさんはありますが、商品画像が掲載されたのは今回が初では? 商品パッケージに踊る「夜間照度を向上(最低被写体照度 約1.5lx以下)させた高感度バックカメラ」とのキャッチフレーズ。サイズ面でFM-132BCやBEC104Gに一歩譲る中、「以下」という2文字に期待がかかります。
→ (関連情報)バックカメラ、買い物相談室

2004/7/17

パナ新型バックカメラTW-CC180B、仕様明らかに

サントミデンソーさんの最新情報コーナーに、先日も話題になったパナソニックの新型バックカメラTW-CC180Bの仕様が掲載されています。何でも、「W4.7×D3.1×H3.5 1.5lx(スモールランプ連動) 水平115°垂直90°」だとか。最近の製品はどれもコンパクトですが、敢えて特長を挙げれば垂直方向の画角が最も広いことでしょうか?(参考→BEC104G:84度、FM-132BC:82度、ND-BC1:82度)

2004/7/13

アゼスト、バックカメラ接続ケーブルCCA644-500発売

価格コム掲示板に気になる書き込みが。なんでも、ADDZEST純正オプションとしてバックカメラ接続ケーブルCCA644-500が発売されるとのこと(希望小売価格 3,150円)。「アゼストナビ、バックカメラ大研究」で申し上げている通り、他社のバックカメラを付けたいユーザーにとって長らく悩みの種だったこの問題。純正品の発売は朗報と言えそうです(※但しHDDナビのみ)。早速、楽天市場で調べてみると既に取扱店舗がありました。以前話題になった社外品(?)MCA-200と比べてもお買い得となれば、大ヒット間違い無し?

2004/7/09

BEC104G、同じ裏技でも安心できる?

デンソーネットブログさんに気になる記事が投稿されています。イクリプスBEC103/BEC104Gといえば例の「裏技」が有名ですが(詳細は「バックカメラ、買い物相談室」にて)、「裏技と聞くと、なんだか気持ち悪い」という方には朗報かもしれません。タイトルの「Rギア連動キット・・・?」ですが、省略された語尾は皆さんもうお分かりですよね? まぁ、別回路で対応されるとはいっても、結局は裏技であることに変わりないわけですが、、、。

2004/7/08

パナ新型バックカメラTW-CC180B、定価明らかに

発売が噂されているパナソニックの新型バックカメラですが、サントミデンソーさんのホームページに型番と共にメーカー希望希望小売価格が掲載されました。何でも、「TW-CC180B、税抜定価24,800円」だとか。ご覧の通り、既存製品に比べ大幅に値下げされたのがポイント。こうなると残る関心事は概観と仕様ですが、先日談話室のこちらのツリーでもご紹介頂いた東京モーターショーの参考出品、そのものズバリ?

2004/7/04

Finemine FM-132BC、ついにウェブストアに登場!

談話室のこちらのツリーで話題沸騰中の新型バックカメラFinemine FM-132BC。店頭での先行販売に続き、ウェブストアでの取扱も始まりました(商品詳細はこちら)。現在イエローハットにて実施中の「夏のワクワククーポンキャンペーン」、その利用ガイドでもFM-132BCが紹介されています。ただガイドに掲載されていながら、特別の割引は無い模様。やはり税込16,000円でファイナルアンサー?
→ (関連情報)バックカメラ、買い物相談室

2004/6/20

オートマティックAVセレクターなら美観を損ねない?

価格コム掲示板に気になる書き込みが。パナ・ストラーダFクラスがビデオ入力1系統でカメラ入力兼用である件は先日こちらでも触れたばかりですが、AVセレクターの利用についてメーカーさんの見解が紹介されています。立場上こうした回答をされるのは至極当然ですが、そこまで分かっていらっしゃるのなら2系統用意して貰いたかったです。まぁ、豊富なAV機能を備えた今時のナビでは、コストとの兼ね合いで無駄と判断されて仕方ない面もありますけど。同じく価格コム掲示板のこちらの書き込みによれば、データ2入力ON/OFF出力といったパナナビ伝統の配線も無くなってしまったようで(参考:みんなで作るカーナビFAQ「パナナビにある2つのコード「データ2入力」「ON/OFF出力」は一体、何?」)。うーむ。

2004/6/09

パナTW-CC160B、生産完了

おーっと、サントミデンソーさんの最新情報コーナーに動きがー! 何でもパナTW-CC160Bが生産完了だとか。またストラーダDVシリーズも「8月生産完了予定」とのこと。2003年7月10日の発売開始から間もなく1年を迎えるわけで(プレスリリース)、近いうちにマイナーチェンジがあると考えるのが自然?

2004/6/06

イエローハット Fine mine FM-132BC

各社から新型バックカメラの発表が相次いでいますが、談話室にお寄せ頂いた情報によれば、今度はイエローハットのプライベートブランドFinemineから、FM-131BCの後継となる新型バックカメラFM-132BCが発売されるとのこと(通常価格税込16,000円/6月発売予定)。店頭で実物を目撃された方、店員さんから何か情報を聞き出せた方がいらっしゃいましたら、是非こちらのツリーまでどしどし情報をお寄せくださいませ。(ご投稿ありがとうございました>「た」さま)

2004/5/28

BEC104GとBEC103の互換性

ヤマフジ産業さんのカーAV サポートBBSに、「BEC104+BEC103電源ユニット(裏技接続)」という変則的な組み合わせでの動作報告が寄せられています。BEC103とBEC104の互換性が確かめられたということで。

2004/5/23

イクリプスBEC104G、裏技での動作報告

イクリプスBEC104G、早速、ヤマフジ産業さんのカーAV サポートBBS裏技接続での動作報告が寄せられています。7月1日発売とされていたイクリプスBEC104G、6月中旬発売とされていたパイオニアND-BC1、いずれも一部のショップさんには既に入荷しているようです。

2004/5/19

富士通テン、04モデルプレスリリース

富士通テンからイクリプス2004年夏モデルが正式発表されました(プレスリリース)。「TV/GPS一体型フィルムアンテナ」は、さすが世界初だけあってこちらのプレスリリースで別途紹介されています。らくなび的に気になっていた新型バックカメラですが、BEC104BEC104G(RCA接続タイプ)として発表されました。BEC103に比べ奥行きが4mm短くなり(28mm→24mm)、専用タイプBEC104の希望小売価格が電源ユニットの分だけ(?)引き下げられたのがポイント。BEC104GはBEC103にあった制限を未だ引きずっているので、相変らず裏技が流行りそうです(同じ技が使えるかどうかは現時点では未知数ですが、まずは大丈夫?)。

イクリプスBEC104G、裏技は使えるか?

コンタクトさんの日記コーナーにて、イクリプス2004年夏モデルについて触れられています。BEC104Gについて、「例の裏技が使用可能です。(富士通テン関係者談)」とされているのは要注目です。いや裏技が使えるのは当然(?)として、関係者の方が非公式にせよ語られているという点がポイントかと。そういえば、以前談話室でもこんなやりとりがありましたっけ。う~む。

2004/5/17

カロAVIC-N1のここがアメリカン!

楽ナビをベースに開発され、今年4月からアメリカ市場に投入されたパイオニアノースアメリカAVIC-N1脱着式フロントパネルの採用など地域性を踏まえた改良が施されているわけですが、公式ページを眺めていて気になる情報に出くわしました。何かといえば、INTERACTページからvideoを選んで表示されるバックカメラの機能解説画面。ND-BC1がオプション設定されていることだけでも驚きなのに(もう少し早く気づけばよかった...)、画面の右サイドにナビ画面が同時表示されていてビックリです。走行中の利用を目的としたこの改良、"for keeping an eye on your trailer as you navigate the roads"との説明に「やはり、アメリカだなぁ~」と感じます。あと、前々から言い尽くされていることですが、楽ナビのデザインが、AVIC-N1のようなスタイリッシュ路線になれば幅広い層からの支持を得られるでしょうに、つくづく残念でなりません。ほんわか家族系&癒し系デザインもいいですが、サイバーナビとの温度差があり過ぎのような気が。

2004/5/15

パナソニック、新製品の噂

サントミデンソーさんの最新情報掲示板に気になる投稿が寄せられています。どうやら、パナのバックカメラにも何か動きがあるようで。。。

2004/5/13

イクリプスから新製品?

ヤマフジ産業さんのカーAV サポートBBSに気になる投稿が寄せられています。近日発表と噂のイクリプスナビですが、どうもその中にバックカメラの新製品が含まれているようで。。。詳細が気になる方は、No.2314の投稿をチェック! 今でも十分小さいというのに、「更に」小さくなる?

2004/5/07

各社新型バックカメラの噂

昨晩のTV東京WBS、アゼストの新機種発表会絡みでカーナビが取り上げられましたが、Webサイトに動画がアップされています(⇒「カーナビ高機能競争」)。アゼストといえば、新型バックカメラが出るとの噂が以前ありましたが、今回の発表だと未だみたいですね。所詮は巷の噂? パイオニアに関しては、かず♂さんの掲示板をみると何か動きがあるようです。ソニーXA-700C、finemine FM-131BCに新たな兄弟が加わるのでしょうか? ちなみに、MI-25C(MIYAMA)もさりげなく兄弟機種だったりします(⇒google検索)。もちろん、どれも見た目だけでらくなびが勝手に兄弟機種と見当をつけているだけですから、念のため。

2004/2/26

アゼストHDDナビで汎用バックカメラを使う

談話室に寄せられたボルさんの投稿にある通り、アゼストHDDナビ専用のバックカメラ連動ケーブル(MCA-200/MCA-020)が販売されています。社外品というだけで販売元は不明ですが(ご存知の方は情報をお寄せください)、有名ショップさんが取り扱われている以上、それなりの規模で流通している?

2003/11/28

慶洋エンジニアリングAN-C55(S)、無償交換

気が付くのが大変遅れましたが、国民生活センターのサイトに5月28日付で、慶洋エンジニアリング「車載用バックモニターカメラ(無償交換)」に関する告知が掲載されています。なんでも、昨年11月に販売したAN-C55(S)の一部に正像仕様の製品が紛れ込んだとか。すぐに分かる症状なので、既に対応済みかとは思いますが念のため。

2003/10/27

オムロン超高感度CMOSカメラ、ダイナミックレンジ160dB!

やじうまPC Watchに掲載された「PC Watch的モーターショーの歩き方」、遅ればせながら談話室に寄せられた情報で初めて知ったわけですが(ノーコメントさん、情報ありがとうございます!)、オムロンの例の超高感度CMOSカメラ(ダイナミックレンジがなんと160dB!)が出品されているではあ~りませんか! このコーナーで5月下旬に触れた通り、らくなび的にも気になっていた一品(^_^)ですが、製品化は2006年を予定とのこと。こうなると、シャープが開発している同種の製品(プレスリリース)の方が先に世に出てくる可能性はありますね。いずれの製品でも、キーワードはHDRC(High Dynamic Range CMOS)。ただ、カメラのダイナミックレンジに詳しいこちらのホームページ(@WS-30の世界さま)によれば、ダイナミックレンジは広ければ広いほど良いというわけでもないとのこと。やはりこのクラスにもなると、ITSアプリ向けのキーデバイスとしての存在意義が主なのでしょうか。

2003/10/22

新型バックカメラ参考出品@第37回東京モーターショー2003パナブース

おーっと、かず♂さんのカロナビお役立ち情報局に動きがー! 本日プレス向け公開が始まった第37回東京モーターショー2003。そのパナソニックブース小型の新型バックカメラが参考出品されているそうです。かず♂さんが掲示板に寄せられたコメント(記事番号[#16319]で始まるツリー)によれば、「性能/小ささのどちらもNo.1」だとか。もし発売されれば、イクリプスBEC103の強力な対抗馬となり得るだけに、その行方が気になるところです。写真など、詳細は「カロナビ 何でもコーナー Ver.2」をチェック!

2003/9/05

微妙にデザインが異なるソニーXA-700C発見!?

イエローハットのウェブストアに陳列されているソニー製バックカメラ、XA-700C。ご覧頂けばお分かりになる通り、デザインが微妙に違います。これって、デザインが変わる前兆? 参考までに、オフィシャルページの製品情報はこちらこちら

2003/8/29

アゼスト、新型バックカメラの噂

ヤマフジ産業さんの掲示板に気になる投稿(No.1730)が寄せられています。個性的なデザインで有名なアゼストのてんとう虫型バックカメラ、どうやらその後継機の発表が予定されているようです。ちなみにアゼストナビのバックカメラといえば、当サイトでもちょうど今日から「アゼストナビ、バックカメラ大研究」を公開しました。気になる方はご覧あれ。

2003/7/29

pingoさん、「バックカメラ:FM-131BCのすべて」公開

おーっと、pingoさんの“A Story of A”に動きがー! 予告されていた、「バックカメラ:FM-131BCのすべて」が公開されました。計2ページからなる、これまで日記に綴られた「バックカメラへの道」総集編です。皆さま、お見逃し無く!

2003/7/25

pingoさん「バックカメラへの道」、夜間の写り具合

おーっと、pingoさんの“A Story of A”に動きがー! 「Aクラスと暮らすほぼ毎日書けない日記」にて連載中の「バックカメラへの道」もついに「~その10~」を迎えられ、いよいよ大詰めです。今回は「夜間の写り具合」を紹介されています。

2003/7/23

pingoさん、「バックカメラへの道」更新

おーっと、pingoさんの“A Story of A”に動きがー! 初バックカメラへの道をひたすら突き進まれるpingoさん。「Aクラスと暮らすほぼ毎日書けない日記」にて、「バックカメラへの道~その7~」「バックカメラへの道~その8~」と、FM-131BCのインプレッションが続きます。

ヤックから新型バックカメラIC-10発売

バックカメラのページのリニューアル作業中に気づいたのですが、ヤックから新しいバックカメラIC-10が発売された模様です。といっても、バックカメラの商品リストに記された、「・IC-10 超広角車載用バックカメラ カラー」という情報しか分かりませんが。もし何かご存知の方がいらっしゃいましたら、掲示板などにお寄せ頂けると嬉しいです。

2003/7/18

pingoさん、「バックカメラへの道」更新

おーっと、pingoさんの“A Story of A”に動きがー! 初バックカメラへの道をひたすら突き進まれるpingoさんのもとに、話題のバックカメラFM-131BCが届きました(「Aクラスと暮らすほぼ毎日書けない日記」より)。次回、ついに「バックカメラへの道 ~その7~」で、待望の装着インプレッション大公開? 皆さん、お見逃し無く!

2003/7/08

pingoさんからバックカメラFM-131BCの続報届く

今注目のバックカメラFM-131BCについて、“A Story of A”のpingoさんからまたまたまた耳寄りな情報をお寄せ頂きました。前回同様、何はともあれ、まずはこちらのページをご覧ください。「百聞は一見にしかず」とはまさにこのこと(pingoさんに改めて感謝!)。圧倒的な情報量と取材パワーにただただ圧倒されるばかりです。一つ気になったのはFM-131BCのスペックの一番最後に書かれた、「別売Fine mine FM-391TV接続時に正像投影可能です」との注意書き。これを普通に解釈すれば、モニター(FM-391TV)自体が反転機能を備えていることになるわけで、もしその通りだとすれば、FM-391TVはユニークな特徴の持ち主ということになります。

2003/7/07

pingoさん、新型バックカメラFM-131BCスクープ情報

以前、パナHDX300のオプションであるオンダッシュ収納型据置き取付キット(CA-F1843D)のスクープをお寄せ頂いた“A Story of A”のpingoさんから、またまた耳寄りな情報を教えて頂きました(ちなみにCA-F1843Dは、その後正式発売されました)。何はともあれ、まずはこちらのページをご覧ください。ご覧になって「ビビッ!」と体に電流が走った方は(ちと大げさかな)、今まさにバックカメラを買おうと検討されている方のはず。このイエローハット・プライベートブランド“Fine mine”のバックカメラFM-131BC、概観・性能共に、誰がどうみてもソニーのバックカメラXA-700Cそっくりさん。カタログを入手されたpingoさんによれば、微妙に重量が違う以外、カタログスペック的には全く同じだったとのこと。衝撃的なのはその価格ですが、カタログには「14,800円(税別)」と記載されているとのことで、他の情報と突き合わせてチェックする限り、税込との表記は誤植の可能性が高そうです。ただ、それでも安いですよね。6月当初から販売自体はスタートしているようなので、もし既にご使用の方がおられましたら、掲示板などにインプレッションをお寄せ頂けると有り難いです。 ・・・・・・ 実は、らくなび的にさらに驚いたことがあるのですが、、、(続きはAnnexにて)。

2003/6/24

イクリプスBEC103、メーカー非公式回答

イクリプスの新型バックカメラBEC103の件で新たな展開がありました。ヤマフジ産業さんがご自身のサイト内の掲示板にて、メーカーさんの非公式回答を紹介されています(No.1625)。他社モニター接続時(RCA接続時)にスイッチ操作無しでリバース連動させたい場合、自己責任での接続となるのは相変わらずだそうで。それにしても、イクリプスナビ用にBEC103を購入された方は余った電源ユニットをどうされているのでしょうか? しばらくすれば、オークションに電源ユニットだけ出品されるようになったりして。

2003/6/12

イクリプスBEC103、裏技発見!

イクリプスの新型バックカメラBEC103の件で新たな展開がありました。ヤマフジ産業さんがご自身のサイト内の掲示板で、今回の一連の謎に迫る投稿(No.1544)をされています。結論的には、BEC103のリバース信号出力線にバックランプ信号orACC電源を供給することで映像出力され連動可能となるものの、メーカー動作保証外の接続法であり、故障などを誘発する可能性も否定できないとか。現状では「何が何だか良く分からないけど、とりあえず動いてしまう」ということで。詳細は、ヤマフジ産業さんの掲示板をご覧ください。

2003/6/11

イクリプスBEC103、謎の仕様

先日に話題になったイクリプスの新型バックカメラBEC103の件で続報です。コンタクトさんが、実際にカロAVIC-H9+AVIC-V7とイクリプスBEC103の組み合わせで調べられたところ、スイッチ操作無しにはリバース連動しなかったとか(詳細はコンタクトさんの掲示板をご覧ください)。スイッチを押したままにするなどの技(?)が使えず、スイッチを押した後5分経てば無常にも自動的に電源が切れる仕様は避けられないようです。ということで、イクリプス以外のナビにBEC103を組み合わせられる方は、くれぐれもご注意を。

2003/6/03

イクリプスBEC103、RCA接続時の仕様やいかに

ここ最近、ナビ男くんのホームページの動きをイクリプスの新型バックカメラBEC103に注目して眺めていて、気になることがありました。BEC103取扱開始のアナウンス以後、各社のリバース連動対応ナビのオプションとして一旦はBEC103がリストに追加されたものの、現時点ではイクリプスナビ以外、リストから外されています。この事実こそ、BEC103がRCA接続時に「本当に」リバースギア連動できない(=裏技なども存在しない可能性が高い)ことを物語っているのでは?

2003/5/29

イクリプスBEC103、RCA接続時の気になる仕様

先日イクリプスから発表された新型バックカメラBEC103。RCA出力対応になって「めでたし&めでたし」と思っていましたが、かず♂さんのカロナビお役立ち情報局内の掲示板に気になる投稿が。事の発端は、仕様に書かれた「リバースギアの連動はできません。スイッチによる切換となります。」という注意書き。AN-C55(S)と同じような切換スイッチ(=ONの状態を保てる)かと思いきや、どうやら違うようで、RCA接続時は仕様通りリバースギア連動できない模様です。他社ナビとBEC103の組み合わせを検討中の方は、よくお調べになることをお薦めします。

オムロン、高感度CMOSカメラ開発

本日29日の日経朝刊に、オムロンが高感度CMOSカメラを開発との記事が掲載されています。対応照度範囲が「〇・〇〇一ルクスから五十万ルクスまで」と、まるで暗視カメラと見間違うような性能です。現在発売されている主なバックカメラを見渡してみても、ソニーXA-700Cが約1.5~10万ルクス、パナTW-CC200BAが約5~10万ルクスですから、その凄さがお分かり頂けるかと。車載向けを念頭に置いているそうなので、バックカメラとしての製品化も早そう。「十月にサンプル出荷を開始」とのことで、早くもその登場が楽しみです。

2003/3/08

ナビ男くん、KEIYOバックカメラAN-C55(S)取扱い開始

ナビ男くんに動きがー!新型DVD楽ナビのテストレポートの予告に加え、バックカメラのコーナーが新設されました。以前から話に出ていたKEIYOのバックカメラAN-C55(S)の取扱いも正式(?)発表されています。らくなび的には、オプションで強力耐水加工なんてあったらいいなと思いました。取り付け後数年経った時に、差がつきそうですから。

2003/2/22

アルパINE-W099、バックカメラ対応に関する噂

アルパINE-W099のバックカメラ対応について、リバースギア連動無しでは?と噂されていましたが、こちらの書き込みによればトヨタにOEMされている兄弟機種のND3A-D52Aは対応しているとのこと。となると、INE-W099も対応していそうです。唯一、ナビ男くんのアイコン表示で未対応となっているのが気がかりですが。それにしても、一体いつになったらINE-W099の商品ページは完成するのでしょう。

2003/2/14

パナTW-CC160B専用カメラカラーケース

パナの新型バックカメラTW-CC160B専用カメラカラーケース(TV-CAMERA-1)ですが、サントミデンソーさんで単品販売されています。ただ、メーカーとして正式に製品化したわけではなく、あくまでショップさんが独自にメーカーに交渉された結果だそうで、単品販売されている例は日本全国を見渡してみても、ほとんど無いらしいです。思わず「0がひとつ多いのでは?」と疑ってしまう価格設定ですが、メーカー自身があまり売る気がなく卸値が高いのが響いているとのこと。パナさんが宣伝にもっと力を入れて認知度が高まれば、ある程度需要も喚起されてお手ごろ価格になるはずですけどね。

日産ティアナ、世界初視点変換アダプター

日産ティアナにバックカメラ用のオプションとして設定された、世界初の視点変換アダプター(プレスリリースはこちら)。5万円とかなり高いですが、汎用品としても是非欲しい一品です。バックカメラ使用時にナビは基本的に手持ち無沙汰なわけですから、その余ったリソースを使って「ソフトウェアだけで」同じ機能を実現できませんかね? まぁ、汎用化が可能だとしても初期設定がかなり大変かな。さすがに、広角レンズの曲率をユーザ側で設定するのは難しいので、予めメジャーな製品のデータを何種類かナビ側で持っている必要があるでしょうね。いかに簡単な設定ウィザードを作れるか、エンジニアの腕の見せ所?
→ (関連記事) クラリオン、車載カメラ次世代システム

2003/1/03

新型バックカメラTW-CC160B、製品ページ公開

パナの新型バックカメラTW-CC160Bの製品ページが、いつの間にか(笑)完成していました。同時にTW-CC200BAの後継モデルのTW-CC200BPの製品ページも公開されました。別の型番ですが特に機能・性能的な変更は無く、パッケージの変更だけの模様です。ただ、TW-CC200BPの製品紹介にある撮影画像で、TW-CC160Bのものと同じ画像が流用されているのはちょっと感心しません。事実上、下位モデルと上位モデルの差が画質面だけしかないのに、その違いをアピールしないなんて実にもったいないことです。

ADs Space
Links