らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2007/4/09

パイオニアも、ドライブレコーダー内蔵ナビに興味あり?

パイオニアの技術情報誌「PIONEER R&D」最新号カーエレクトロニクスの特集が組まれています。「2006HDDカーナビゲーション製品の開発」記事(PDF3.1MB)や「モーバイルシステム開発センターの紹介」記事(PDF1.9MB)など、カロナビファンには興味深い情報がずらり。「カーナビゲーションをとりまくITS技術」(PDF1.7MB)の中では、「フロントカメラの応用として、前方の状況を撮影する車載カメラとカーナビゲーションを組み合わせたドライブレコーダーへの応用が考えられる」とされています。過去に富士通テンの技報でもドライブレコーダー内蔵ナビについて触れられていましたが、最初に発売するのは一体どのメーカー?

矢野経済研究所「2007~08年版 ITSテレマティクス市場予測レポート」

矢野経済研究所から「2007~08年版 ITSテレマティクス市場予測レポート」発刊のプレスリリースが出ています。見出しの大部分がテレマティクス関連で占められていますが、「松下/ドラレコは乗用車向けには難しい」など、ドライブレコーダー関連の気になる見出しもあります。「KYB/ドラレコは乗用車向けで大きく伸びる」とありますが、昨年報道にあった個人向けクルマメはその後どうなったのでしょう?

2007/2/17

なんちゃってドライブレコーダー、CPの良さに業界人も注目?

矢野経済研究所からドライブレコーダーに関するレポートが出ています(→「ネットワーク化するドライブレコーダ市場の新展開とその戦略」)。見出しを読む限り、報道されている動向も一通り抑えられていて、興味をそそられます。とりあえずらくなび的には、以前ニュースになったKYBの個人向けドライブレコーダーのその後が気になるわけですが、今年はどんな新製品が登場するのでしょう? それにしても、 定価が136,500円もする業界向けレポートなのに、「携帯電話を用いたドラレコの作成」なんて見出しがあると、なんちゃってドラレコV602SHで頑張る身としては妙な親近感を覚えます。

2007/1/10

日本のパトカーにもDVRが搭載される日は近い?

パトカーに防犯カメラ…警視庁が700台配備検討(読売新聞-1月10日)】 「解像度の高い新型カメラ」や「暗号処理した記録媒体」といったフレーズを聞くと、米国市場でパトカー向け防犯カメラとしての実績がある(Toughbook-Arbitrator)、パナソニックのAG-CPD15が思い浮かびます。AG-CPD15の記録媒体はP2メモリカードですが、米国仕様の製品ページには"3 configurable archive types (P2, local HDD, external HDD)"とあることですし、いざ導入となれば何とでもなる? カメラだけで262,500円(希望小売価格)もするところをみると、個人レベルではとても手を出せそうにありませんが、PDFカタログ(2.33MB)をみると思わず欲しくなります。

2006/12/05

大日本印刷、車載カメラ向け組込用MPEG-4カメラボード『CB4200B』発売

大日本印刷(DNP)から、例のT4 MPEG-4モジュールを搭載した、車載カメラ向け組込用MPEG-4カメラボード『CB4200B』が発売されるようです(プレスリリースはこちら)。T4 MPEG-4モジュールは不二精機の車載監視カメラD.E.Rで話に聞く程度で他の採用例を知りませんが、スキップバック・ストレージ機能が仮に予定通り「2005年4月リリース」だったとするなら、1年半以上の沈黙(?)を破って本格的な販売攻勢に出ることになります。画像補正ICと思しきチップの表面にはアピカル社らしきロゴが見えるので、おそらくはDT-018054が搭載されているのでしょう。せっかくのMPEG-4なのですから、「最大35秒間」なんて言わず、常時録画もできて欲しいと思うのは私だけ?

2006/12/01

「もっと知りたいドライブレコーダー!」 by 大塚電装機器さん

毎月1日といえば、大塚電装機器さんの定例更新日。予告通り、ドライブレコーダーの検証レポート「もっと知りたいドライブレコーダー!」を掲載されています。大塚専務さんが闇夜の日記で「どら猫2」を取り付けたと書かれていたので、どこか不吉な予感はしていたのですが、イクリプスDREC1000についてちょっと厳しい内容のレポートになっています。画角と画質(解像感)はトレードオフの関係にある以上、どちらを優先するかといったことに尽きるのでしょうが、ホント悩みます。なお、DREC1000は「連続して衝撃を受けた場合、殆どロス無く連続してデーター録画」できるとか。おそらく例の性能比較表ではこれをもって多重トリガー対応とされていたのでしょう。大塚専務さま、闇烏さま、ご多忙の中、リクエストにお応えいただきありがとうございました。

2006/11/26

セイコーエプソン×ドライブレコーダ=?

ブレーンチャイルドが現在調査中のドライブレコーダーに関するレポート(→「2006年度版車載用カメラの開発動向とその世界需要予測」)、その調査対象企業の中になぜか「セイコーエプソン」があります。普通に考えれば半導体事業部が扱う半導体デバイス(S1S65シリーズ)のことでしょうが、同一ジャンルの製品が東京エレクトロンデバイスDNPにも存在する以上、どうしてエプソンだけ、他の最終製品メーカーと並んで紹介されているのか気になります。今でこそプリンタのイメージが強いエプソンですが、かつては車載用液晶テレビを販売していましたし、ドライビングプロセッサーなんて製品もありましたっけ(→爆音PaPaプライベートガレージ様)。液晶事業を通じてつながりのある三洋電機も市場への参入を検討中のようですし、ひょっとしたらひょっとしたりして?

2006/11/24

イクリプス・ドライブレコーダーDREC1000、次期モデルの行方

No 538 “事故の目撃者”ドライブレコーダーの証拠能力に課題(田丸一男のVOICE取材メモ-11月24日)】 イクリプスのドライブレコーダーDREC1000ですが、商品企画担当の高木正樹氏によれば、「次のモデルでは、駐車中の盗難なども撮影できる機能を付けていければと考えています」とのこと。この取材メモは、ちょうど今週DriveRECさんが紹介されている動画がMBSのVOICEで放映されたときのもので、計13回(No 532~No 544)の掲載が予定されています。いよいよ流通が始まったDREC1000に対し、まるでタイミングを合わせたかのようにみんカラでどら猫2のプレゼントキャンペーンが実施され、これがまた抜群の宣伝効果を生んでいるようですが、楽天ランキング1位の座を奪うことはできるのでしょうか?
→ (関連記事) マルハマ、CCDカメラ搭載カーセキュリティー“LOCK ON”

2006/11/15

イクリプスDREC1000、ビューアソフト&取扱説明書の公開始まる

イクリプスDREC1000のプレスリリースで予告されていたビューアソフトの配布がE-iSERVで始まりました。取扱説明書が同時公開され、いずれも会員登録せずにダウンロードできます。取説にはバックアップ電源の内蔵が明記されているものの、気になる多重トリガー対応の有無については特に記載なし。ビューアでビデオ画面が占めるサイズはおよそ560×420ピクセルですが、興味深いのは出荷時のCFカードの状態を再現できる「CFカード復元」機能。以前お伝えした技報の記事にある通り、富士通テンのドライブレコーダーはCFカードからブートするので、復元すると各種プログラムがそのままCFカードに展開されます。ファイルを眺めてみたところで分かることはたかが知れていますが、DRECTP.BINあたりを覗いてみると人によっては面白いと感じるかも。

2006/11/14

ドライブレコーダー、「メーカー最大手」は何処?

ドライブレコーダー:LED問題の検討会、国交省が設置(MSN毎日インタラクティブ-11月14日)】 前回に続く、毎日新聞の山田大輔氏による記事。記事には「問題解決のための検討会を発足させた」とありますが、国土交通省のプレスリリースを読む限り、特にLED信号機の話題に限定した検討会でもなさそうです。ドライブ・カメラを「メーカー最大手」とされていますが、楽天の売れ筋ランキングどら猫2が上位を独占していることを考えると、コンシュマー向けに限れば別の結果になるような気がしてなりません。

2006/11/10

多重トリガー対応ドライブレコーダー、クルマメ以外にも存在?

KYBのドライブレコーダー「クルマメ」といえば、公式サイトサンプル動画のリンクらしきものがありながら、未だリンクが張られない状態が続いているわけですが、DriveRECさんがクルマメの紹介ビデオ(→WMV形式/6MB)を掲載されています。らくなび的に気になるのは、ビデオの最後に登場する「ドライブレコーダー性能比較表」。セパレート型の「F社」は富士通テンのOBVIOUSレコーダーだと容易に想像できますが、なんと多重トリガーに対応しているというから驚きです。こうなると、コンシュマー向けDREC1000の多重トリガー対応の有無が俄然気になりますが、大塚電装機器さんが次回更新で検証を予定されているので、もしかしたら何か分かるかもしれません。ちなみに、F社のバックアップ電池が×となっていますが、コンシュマー向けでは新たに電気2重層キャパシタを内蔵したとの報道(Tech-On!)がありますので念のため。
→ (関連記事) 「もっと知りたいドライブレコーダー!」 by 大塚電装機器さん富士通テン、ドライブレコーダー(OBVIOUSレコーダー)開発ストーリー

2006/11/04

ドライブレコーダー、2010年には一部乗用車に標準搭載か?

日経Automotive Technologyの最新号(2006年秋号)で「ドライブレコーダ普及へのシナリオ」と題した特集が組まれています。ネットでは記事の触りだけしか読めませんが、「2010年までには一部乗用車にもドライブレコーダの標準搭載が始まる可能性もある」とのこと。展示会レベルでは、開発ツール(LabVIEW)のデモで「白線検出を行いながら、画像集録・歪み・熱電対・GPSセンサからの同期入力が行える車載ドライブレコーダ」(→LabVIEW Days 2006)が紹介されていることを考えると、既に一部のメーカーは開発に乗り出しているのかもしれません。

2006/11/02

松下電器産業、P2半導体メモリービデオレコ-ダー発売

富士通テン、ドライブレコーダー売り場の設置を提案(日経産業新聞-11月1日)】 松下電器産業が「タクシーやバス、トラックといった業務用車両向けの製品」を手がけていると記事にありますが、セキュリティー市場向けビデオレコーダーAG-CPD15のことを指しているのでしょうか。米国市場向けの製品(プレスリリース)から1年を経て、先月国内発売されたToughbook-Arbitrator。クラリオンのドライブレコーダー(製品情報)とは機能的、価格的に別次元の製品のような気もしますが、一体どれくらいの値段なのでしょう?
→ (関連ニュース)松下電器産業、車載向けビデオレコーダを発売(Tech-On!-8月3日)】

2006/10/21

ドライブレコーダーDREC1000、サンプル動画@カービューTV

カービューTVで先日あったイクリプス新製品発表会の模様が紹介されています(→「外付けハードはもう不要! ワンセグ内蔵の最新ナビ」)。動画の後半残り3分の1がドライブレコーダーの説明に割かれ、サイト公開中のものを含め、計3点のサンプル映像が出てきます。例のサンプル映像の結末が気になる方はチェックされてみては?

2006/10/17

富士通テン、ドライブレコーダー内蔵ナビの開発はどの段階?

ドライブレコーダー…ナビへの搭載は?(Response.-10月17日)】 プレゼンのチャートをよく見ると、「ドライブレコーダーの取組み」を示す赤の矢印が、DREC1000発売を機にカーナビ(?)側に近づいたことが分かります。多チャンネルのカメラ入力を前提としたSmartCODEC™(プレスリリース)が先日富士通研究所から発表されましたが、「想定利用シーン」の図を見てドライブレコーダー内蔵ナビを連想してしまうのは私だけでしょうか? 本技術自体は今年度末の製品化を予定とあるので、その先の展開が気になります。市場を見渡すと、コンタクトさんが早くも希望小売価格の8掛けで販売開始最安値がさらにその1万円下をゆくどら猫2との勝負の行方やいかに!?
→ (10/18追加) 闇夜の日記によれば大塚電装機器さんもドライブレコーダーの取扱いを始められるとか。注目のDREC1000についておよそ7掛け半の「販売予定価格」を掲示されています。

2006/10/16

富士通テン、コンシュマー向けドライブレコーダー発売

富士通テンからコンシュマー向けドライブレコーダーDREC1000が発表されました(プレスリリース/製品情報ページ)。タクシー向け運輸商用車向けに続く製品で、コンシュマー向け製品初のセパレートタイプ。どら猫同様、記録時間が30秒から20秒に短縮され、カメラも商用車向けのとは別のものが採用されているようです。待ちに待ったセパレートタイプということで、年内の発売が噂されるKYBの個人向けクルマメと共にらくなび的に大注目の存在ですが、フレームレートが10fpsなのは気になるところ。商用車向けモデルも同じ10fpsなのでスペックが落とされたわけではありませんが、どら猫2(→公式サイト)の30fpsと比べるとどうしても見劣りが...。
→ (関連記事) 富士通テン、ドライブレコーダー(OBVIOUSレコーダー)開発ストーリー
→ (関連ニュース)事故を記録する乗用車向けドライブレコーダーを市販(Response.-10月16日)/富士通テンが一般消費者向けドライブ・レコーダを発売,価格は5万9850円(Tech-On!-10月16日)】

2006/10/04

ナビ男くん、アルパイン[モビステ]X07レポート&ショートインプレッション

おーっと、またしてもナビ男くんに動きがー! 皆さん注目の新型アルパナビ[モビステ]X07昨年同様、正式発表前の段階でプロトタイプに触れる機会に恵まれた店長さんが、早くもレポート&ショートインプレッションを掲載されています。まず第1夜はドライブインフォメーションのレポートから。 コンタクトさんの予想にあったフロントビューカメラは「1月発売予定」とのことで、画面表示を「用途に合わせて可変」できるとされているのが興味深いです。ソニーの広視野角小型カメラモジュールRPU-C1833(→プレスリリース)を使えば実現できそうな機能にも思われますが、実際のところはどうなのでしょう?
→ (10/5追加) CEATEC2006でアルプス電気から似たような車載カメラが発表されています(→「アルプス電気,撮影角度190度の車載カメラを披露」Tech-On!-10月4日)。「2007年初頭をメドに,サンプル出荷を始める予定」とあるので、こちらの可能性もありますね。この種のカメラはドライブレコーダー用カメラの本命なので、搭載製品の登場が待ち遠しいです。

2006/10/03

富士通テン、ドライブレコーダー(OBVIOUSレコーダー)開発ストーリー

富士通テンのドライブレコーダーがメーカーの技報で紹介されています(→「ドライブレコーダー(OBVIOUSレコーダー)の開発」PDF-849KB)。プレスリリース以降全くといっていいほど情報が無いので、実に興味深い資料。論文の最後で、「乗用車向けに普及する形態は,商用車市場と異なる形態で普及する可能性が高く,HDDを持っているカーナビにGセンサとカメラを追加する融合がまず考えられる」と結ばれています。どうか水面下で開発作業が進んでいますように...。同時掲載されたAVN075HDの開発ストーリーも要チェックです(→「'05年秋市販1DINHDDAVN(JUPITER)の開発」 PDF-1.66MB)。

2006/9/30

エルモ社SUV-Cam、サンプル動画公開

先月末にエルモ社から発表のあったSUV-Cam(→公式サイト)ですが、サンプル動画が公開されました。SUV-Camは小型防水CCDカメラと2.2インチ液晶搭載のMPEG4デジタルビデオレコーダーのセットで、活用事例のひとつとして車載カメラとドライブレコーダーが挙げられているのがポイント。カメラ部がIPX8という高い防水性能を誇るため、特にオートバイでの利用で威力を発揮しそうです。

2006/9/26

KYB(カヤバ工業)、個人向けクルマメ年内にも発売?

以前、タロちゃん様から情報をお寄せ頂いたKYB(カヤバ工業)の個人向けドライブレコーダーですが、8月21日付の日刊工業新聞に「KYB、年内にも個人向けドライブレコーダーに参入(てくてくjp)」との記事が掲載されています。スペックの詳細は不明なものの、業務用(→公式サイト)にある多重トリガバックアップ電池内蔵といった特徴はおそらくそのままでしょうし、個人向け初のセパレートタイプ(カメラと本体が別)として期待が高まります。既にライバルどら猫2は最安値が4万円台を割るところまできていますが、個人向けクルマメはどの程度の価格帯に投入されるのでしょうか?
→ (関連記事) 富士通テン、コンシュマー向けドライブレコーダー発売

2006/9/07

Appro社、低価格常時記録型HDDドライブレコーダー

複数台のカメラを接続可能なドライブ・レコーダ,台湾メーカーが2006年10月に発売(日経BP Tech-On!-8月18日)】 10月発売とされるAppro社の常時記録型HDDドライブレコーダーDVR-3064ですが、このスペックで「250米ドル程度」とは安いですね。PDF版のデータシート(934KB)で、もう少し細かい製品画像をご覧になれます。内蔵HDDを2台としているのは一体どうして?単に容量のためか、何か他の理由があるのか分かりませんが、ミラーリングだったりしたら面白いのに。"Maximum shock-proof endurance in the roughest environments."などと最上級表現を多用されると、色々期待したくもなります。

2006/9/05

クラリオン、業務用常時記録型HDDドライブレコーダー発売

クラリオンから業務用車両向けの常時記録型HDDドライブレコーダーCF-2400Aが発売されました(プレスリリースはこちら)。製品自体は以前ラウム様から教えて頂いたこちらの記事(ラウムさま、コメントありがとうございます!)で紹介されていたので、既にご存知の方も多いことでしょう。業務用だけあって個人ではとても手が出ませんが、富士通テンに続くカーナビメーカーの参入は興味深いです。

2006/8/22

米国、EDR(Event Data Recorder)ガイドライン発表

米国で急速普及するドライブレコーダー(MYCOMジャーナル-8月22日】 米国でEDR(Event Data Recorder)のガイドラインが発表されています(NHTSA Press Release)。日本でもいずれはこうしたガイドラインが設定されるのでしょうが、先日公開された交通事故調査解析手法標準化会議の最新報告書(Word 文書-162KB)を読む限り、まだしばらく時間がかかりそうです。以前申し上げたことがありますが、自動車技術会のサイトにある会議に関する一連のレポートは、諸外国の動向を知る上でとても参考になります。

2006/8/20

「LED信号機の映像消滅問題」に関係者が危機感?

LED信号機:ドライブレコーダーに同調 新鋭機器に盲点(MSN毎日インタラクティブ-8月20日)】 6月末に公開された国交省によるドライブレコーダーの調査報告書で取上げられていた「LED信号機の映像消滅問題に関する考察」ですが、改めて毎日新聞で報じられています。仕様一覧の表と付録の今回のLED問題がらくなび的に気になる情報だったわけですが、マスコミでは人身事故の低減効果のみがクローズアップされたので、関係者が危機感を抱いたのでしょうか。なお、自動車研究の2006年7月号で研究速報として詳細が紹介されています。ちなみに先日掲載したV602SHの動画サンプルでも、最初に選んだのはLED信号機が映ったケースだったりします。
→ (8/22追加) ホリバアイテックより、「『どら猫』及び『どら猫2』では撮影間隔調整により問題は発生いたしません」とのコメントが発表されました(→どら猫2専用サイト)。

2006/8/16

ビデオiPod用MPEG4レコーダ、iLuv-i180WHT

IMJ、ビデオiPodに直接録画可能なレコーダ(AV Watch-7月4日)/IMJ、iPod用ビデオレコーダとスピーカーを18日に発売(AV Watch-8月15日)】 発売が延期されていたビデオiPod用のMPEG4レコーダiLuv-i180WHTですが、18日の発売が決定したそうです。「映像入力を監視して、ビデオ信号が入ると同時に録画を開始するスタンバイ録画」機能に加え、「iPodのHDD容量が少なくなった時に、古い録画ファイルを自動で削除する自動削除設定」も可能だとか。常時録画型のドライブレコーダーとして使ったら面白いような気もしますが、全てはレコーダの価格次第?(→楽天価格情報)

ADs Space
Links