らくなび大事典TOPページへ戻るらくなび大事典の歩き方「らくなび的に気になる情報」編 らくなび的に気になる情報

2007/4/09

パイオニアも、ドライブレコーダー内蔵ナビに興味あり?

パイオニアの技術情報誌「PIONEER R&D」最新号カーエレクトロニクスの特集が組まれています。「2006HDDカーナビゲーション製品の開発」記事(PDF3.1MB)や「モーバイルシステム開発センターの紹介」記事(PDF1.9MB)など、カロナビファンには興味深い情報がずらり。「カーナビゲーションをとりまくITS技術」(PDF1.7MB)の中では、「フロントカメラの応用として、前方の状況を撮影する車載カメラとカーナビゲーションを組み合わせたドライブレコーダーへの応用が考えられる」とされています。過去に富士通テンの技報でもドライブレコーダー内蔵ナビについて触れられていましたが、最初に発売するのは一体どのメーカー?

矢野経済研究所「2007~08年版 ITSテレマティクス市場予測レポート」

矢野経済研究所から「2007~08年版 ITSテレマティクス市場予測レポート」発刊のプレスリリースが出ています。見出しの大部分がテレマティクス関連で占められていますが、「松下/ドラレコは乗用車向けには難しい」など、ドライブレコーダー関連の気になる見出しもあります。「KYB/ドラレコは乗用車向けで大きく伸びる」とありますが、昨年報道にあった個人向けクルマメはその後どうなったのでしょう?

2007/2/17

なんちゃってドライブレコーダー、CPの良さに業界人も注目?

矢野経済研究所からドライブレコーダーに関するレポートが出ています(→「ネットワーク化するドライブレコーダ市場の新展開とその戦略」)。見出しを読む限り、報道されている動向も一通り抑えられていて、興味をそそられます。とりあえずらくなび的には、以前ニュースになったKYBの個人向けドライブレコーダーのその後が気になるわけですが、今年はどんな新製品が登場するのでしょう? それにしても、 定価が136,500円もする業界向けレポートなのに、「携帯電話を用いたドラレコの作成」なんて見出しがあると、なんちゃってドラレコV602SHで頑張る身としては妙な親近感を覚えます。

2007/1/10

日本のパトカーにもDVRが搭載される日は近い?

パトカーに防犯カメラ…警視庁が700台配備検討(読売新聞-1月10日)】 「解像度の高い新型カメラ」や「暗号処理した記録媒体」といったフレーズを聞くと、米国市場でパトカー向け防犯カメラとしての実績がある(Toughbook-Arbitrator)、パナソニックのAG-CPD15が思い浮かびます。AG-CPD15の記録媒体はP2メモリカードですが、米国仕様の製品ページには"3 configurable archive types (P2, local HDD, external HDD)"とあることですし、いざ導入となれば何とでもなる? カメラだけで262,500円(希望小売価格)もするところをみると、個人レベルではとても手を出せそうにありませんが、PDFカタログ(2.33MB)をみると思わず欲しくなります。

2006/12/05

大日本印刷、車載カメラ向け組込用MPEG-4カメラボード『CB4200B』発売

大日本印刷(DNP)から、例のT4 MPEG-4モジュールを搭載した、車載カメラ向け組込用MPEG-4カメラボード『CB4200B』が発売されるようです(プレスリリースはこちら)。T4 MPEG-4モジュールは不二精機の車載監視カメラD.E.Rで話に聞く程度で他の採用例を知りませんが、スキップバック・ストレージ機能が仮に予定通り「2005年4月リリース」だったとするなら、1年半以上の沈黙(?)を破って本格的な販売攻勢に出ることになります。画像補正ICと思しきチップの表面にはアピカル社らしきロゴが見えるので、おそらくはDT-018054が搭載されているのでしょう。せっかくのMPEG-4なのですから、「最大35秒間」なんて言わず、常時録画もできて欲しいと思うのは私だけ?

2006/12/01

「もっと知りたいドライブレコーダー!」 by 大塚電装機器さん

毎月1日といえば、大塚電装機器さんの定例更新日。予告通り、ドライブレコーダーの検証レポート「もっと知りたいドライブレコーダー!」を掲載されています。大塚専務さんが闇夜の日記で「どら猫2」を取り付けたと書かれていたので、どこか不吉な予感はしていたのですが、イクリプスDREC1000についてちょっと厳しい内容のレポートになっています。画角と画質(解像感)はトレードオフの関係にある以上、どちらを優先するかといったことに尽きるのでしょうが、ホント悩みます。なお、DREC1000は「連続して衝撃を受けた場合、殆どロス無く連続してデーター録画」できるとか。おそらく例の性能比較表ではこれをもって多重トリガー対応とされていたのでしょう。大塚専務さま、闇烏さま、ご多忙の中、リクエストにお応えいただきありがとうございました。

2006/11/26

セイコーエプソン×ドライブレコーダ=?

ブレーンチャイルドが現在調査中のドライブレコーダーに関するレポート(→「2006年度版車載用カメラの開発動向とその世界需要予測」)、その調査対象企業の中になぜか「セイコーエプソン」があります。普通に考えれば半導体事業部が扱う半導体デバイス(S1S65シリーズ)のことでしょうが、同一ジャンルの製品が東京エレクトロンデバイスDNPにも存在する以上、どうしてエプソンだけ、他の最終製品メーカーと並んで紹介されているのか気になります。今でこそプリンタのイメージが強いエプソンですが、かつては車載用液晶テレビを販売していましたし、ドライビングプロセッサーなんて製品もありましたっけ(→爆音PaPaプライベートガレージ様)。液晶事業を通じてつながりのある三洋電機も市場への参入を検討中のようですし、ひょっとしたらひょっとしたりして?

2006/11/24

イクリプス・ドライブレコーダーDREC1000、次期モデルの行方

No 538 “事故の目撃者”ドライブレコーダーの証拠能力に課題(田丸一男のVOICE取材メモ-11月24日)】 イクリプスのドライブレコーダーDREC1000ですが、商品企画担当の高木正樹氏によれば、「次のモデルでは、駐車中の盗難なども撮影できる機能を付けていければと考えています」とのこと。この取材メモは、ちょうど今週DriveRECさんが紹介されている動画がMBSのVOICEで放映されたときのもので、計13回(No 532~No 544)の掲載が予定されています。いよいよ流通が始まったDREC1000に対し、まるでタイミングを合わせたかのようにみんカラでどら猫2のプレゼントキャンペーンが実施され、これがまた抜群の宣伝効果を生んでいるようですが、楽天ランキング1位の座を奪うことはできるのでしょうか?
→ (関連記事) マルハマ、CCDカメラ搭載カーセキュリティー“LOCK ON”

2006/11/15

イクリプスDREC1000、ビューアソフト&取扱説明書の公開始まる

イクリプスDREC1000のプレスリリースで予告されていたビューアソフトの配布がE-iSERVで始まりました。取扱説明書が同時公開され、いずれも会員登録せずにダウンロードできます。取説にはバックアップ電源の内蔵が明記されているものの、気になる多重トリガー対応の有無については特に記載なし。ビューアでビデオ画面が占めるサイズはおよそ560×420ピクセルですが、興味深いのは出荷時のCFカードの状態を再現できる「CFカード復元」機能。以前お伝えした技報の記事にある通り、富士通テンのドライブレコーダーはCFカードからブートするので、復元すると各種プログラムがそのままCFカードに展開されます。ファイルを眺めてみたところで分かることはたかが知れていますが、DRECTP.BINあたりを覗いてみると人によっては面白いと感じるかも。

2006/11/14

ドライブレコーダー、「メーカー最大手」は何処?

ドライブレコーダー:LED問題の検討会、国交省が設置(MSN毎日インタラクティブ-11月14日)】 前回に続く、毎日新聞の山田大輔氏による記事。記事には「問題解決のための検討会を発足させた」とありますが、国土交通省のプレスリリースを読む限り、特にLED信号機の話題に限定した検討会でもなさそうです。ドライブ・カメラを「メーカー最大手」とされていますが、楽天の売れ筋ランキングどら猫2が上位を独占していることを考えると、コンシュマー向けに限れば別の結果になるような気がしてなりません。

2006/11/10

多重トリガー対応ドライブレコーダー、クルマメ以外にも存在?

KYBのドライブレコーダー「クルマメ」といえば、公式サイトサンプル動画のリンクらしきものがありながら、未だリンクが張られない状態が続いているわけですが、DriveRECさんがクルマメの紹介ビデオ(→WMV形式/6MB)を掲載されています。らくなび的に気になるのは、ビデオの最後に登場する「ドライブレコーダー性能比較表」。セパレート型の「F社」は富士通テンのOBVIOUSレコーダーだと容易に想像できますが、なんと多重トリガーに対応しているというから驚きです。こうなると、コンシュマー向けDREC1000の多重トリガー対応の有無が俄然気になりますが、大塚電装機器さんが次回更新で検証を予定されているので、もしかしたら何か分かるかもしれません。ちなみに、F社のバックアップ電池が×となっていますが、コンシュマー向けでは新たに電気2重層キャパシタを内蔵したとの報道(Tech-On!)がありますので念のため。
→ (関連記事) 「もっと知りたいドライブレコーダー!」 by 大塚電装機器さん富士通テン、ドライブレコーダー(OBVIOUSレコーダー)開発ストーリー

2006/11/04

ドライブレコーダー、2010年には一部乗用車に標準搭載か?

日経Automotive Technologyの最新号(2006年秋号)で「ドライブレコーダ普及へのシナリオ」と題した特集が組まれています。ネットでは記事の触りだけしか読めませんが、「2010年までには一部乗用車にもドライブレコーダの標準搭載が始まる可能性もある」とのこと。展示会レベルでは、開発ツール(LabVIEW)のデモで「白線検出を行いながら、画像集録・歪み・熱電対・GPSセンサからの同期入力が行える車載ドライブレコーダ」(→LabVIEW Days 2006)が紹介されていることを考えると、既に一部のメーカーは開発に乗り出しているのかもしれません。

2006/11/02

松下電器産業、P2半導体メモリービデオレコ-ダー発売

富士通テン、ドライブレコーダー売り場の設置を提案(日経産業新聞-11月1日)】 松下電器産業が「タクシーやバス、トラックといった業務用車両向けの製品」を手がけていると記事にありますが、セキュリティー市場向けビデオレコーダーAG-CPD15のことを指しているのでしょうか。米国市場向けの製品(プレスリリース)から1年を経て、先月国内発売されたToughbook-Arbitrator。クラリオンのドライブレコーダー(製品情報)とは機能的、価格的に別次元の製品のような気もしますが、一体どれくらいの値段なのでしょう?
→ (関連ニュース)松下電器産業、車載向けビデオレコーダを発売(Tech-On!-8月3日)】

2006/10/21

ドライブレコーダーDREC1000、サンプル動画@カービューTV

カービューTVで先日あったイクリプス新製品発表会の模様が紹介されています(→「外付けハードはもう不要! ワンセグ内蔵の最新ナビ」)。動画の後半残り3分の1がドライブレコーダーの説明に割かれ、サイト公開中のものを含め、計3点のサンプル映像が出てきます。例のサンプル映像の結末が気になる方はチェックされてみては?

2006/10/17

富士通テン、ドライブレコーダー内蔵ナビの開発はどの段階?

ドライブレコーダー…ナビへの搭載は?(Response.-10月17日)】 プレゼンのチャートをよく見ると、「ドライブレコーダーの取組み」を示す赤の矢印が、DREC1000発売を機にカーナビ(?)側に近づいたことが分かります。多チャンネルのカメラ入力を前提としたSmartCODEC™(プレスリリース)が先日富士通研究所から発表されましたが、「想定利用シーン」の図を見てドライブレコーダー内蔵ナビを連想してしまうのは私だけでしょうか? 本技術自体は今年度末の製品化を予定とあるので、その先の展開が気になります。市場を見渡すと、コンタクトさんが早くも希望小売価格の8掛けで販売開始最安値がさらにその1万円下をゆくどら猫2との勝負の行方やいかに!?
→ (10/18追加) 闇夜の日記によれば大塚電装機器さんもドライブレコーダーの取扱いを始められるとか。注目のDREC1000についておよそ7掛け半の「販売予定価格」を掲示されています。

2006/10/16

富士通テン、コンシュマー向けドライブレコーダー発売

富士通テンからコンシュマー向けドライブレコーダーDREC1000が発表されました(プレスリリース/製品情報ページ)。タクシー向け運輸商用車向けに続く製品で、コンシュマー向け製品初のセパレートタイプ。どら猫同様、記録時間が30秒から20秒に短縮され、カメラも商用車向けのとは別のものが採用されているようです。待ちに待ったセパレートタイプということで、年内の発売が噂されるKYBの個人向けクルマメと共にらくなび的に大注目の存在ですが、フレームレートが10fpsなのは気になるところ。商用車向けモデルも同じ10fpsなのでスペックが落とされたわけではありませんが、どら猫2(→公式サイト)の30fpsと比べるとどうしても見劣りが...。
→ (関連記事) 富士通テン、ドライブレコーダー(OBVIOUSレコーダー)開発ストーリー
→ (関連ニュース)事故を記録する乗用車向けドライブレコーダーを市販(Response.-10月16日)/富士通テンが一般消費者向けドライブ・レコーダを発売,価格は5万9850円(Tech-On!-10月16日)】

2006/10/04

ナビ男くん、アルパイン[モビステ]X07レポート&ショートインプレッション

おーっと、またしてもナビ男くんに動きがー! 皆さん注目の新型アルパナビ[モビステ]X07昨年同様、正式発表前の段階でプロトタイプに触れる機会に恵まれた店長さんが、早くもレポート&ショートインプレッションを掲載されています。まず第1夜はドライブインフォメーションのレポートから。 コンタクトさんの予想にあったフロントビューカメラは「1月発売予定」とのことで、画面表示を「用途に合わせて可変」できるとされているのが興味深いです。ソニーの広視野角小型カメラモジュールRPU-C1833(→プレスリリース)を使えば実現できそうな機能にも思われますが、実際のところはどうなのでしょう?
→ (10/5追加) CEATEC2006でアルプス電気から似たような車載カメラが発表されています(→「アルプス電気,撮影角度190度の車載カメラを披露」Tech-On!-10月4日)。「2007年初頭をメドに,サンプル出荷を始める予定」とあるので、こちらの可能性もありますね。この種のカメラはドライブレコーダー用カメラの本命なので、搭載製品の登場が待ち遠しいです。

2006/10/03

富士通テン、ドライブレコーダー(OBVIOUSレコーダー)開発ストーリー

富士通テンのドライブレコーダーがメーカーの技報で紹介されています(→「ドライブレコーダー(OBVIOUSレコーダー)の開発」PDF-849KB)。プレスリリース以降全くといっていいほど情報が無いので、実に興味深い資料。論文の最後で、「乗用車向けに普及する形態は,商用車市場と異なる形態で普及する可能性が高く,HDDを持っているカーナビにGセンサとカメラを追加する融合がまず考えられる」と結ばれています。どうか水面下で開発作業が進んでいますように...。同時掲載されたAVN075HDの開発ストーリーも要チェックです(→「'05年秋市販1DINHDDAVN(JUPITER)の開発」 PDF-1.66MB)。

2006/9/30

エルモ社SUV-Cam、サンプル動画公開

先月末にエルモ社から発表のあったSUV-Cam(→公式サイト)ですが、サンプル動画が公開されました。SUV-Camは小型防水CCDカメラと2.2インチ液晶搭載のMPEG4デジタルビデオレコーダーのセットで、活用事例のひとつとして車載カメラとドライブレコーダーが挙げられているのがポイント。カメラ部がIPX8という高い防水性能を誇るため、特にオートバイでの利用で威力を発揮しそうです。

2006/9/26

KYB(カヤバ工業)、個人向けクルマメ年内にも発売?

以前、タロちゃん様から情報をお寄せ頂いたKYB(カヤバ工業)の個人向けドライブレコーダーですが、8月21日付の日刊工業新聞に「KYB、年内にも個人向けドライブレコーダーに参入(てくてくjp)」との記事が掲載されています。スペックの詳細は不明なものの、業務用(→公式サイト)にある多重トリガバックアップ電池内蔵といった特徴はおそらくそのままでしょうし、個人向け初のセパレートタイプ(カメラと本体が別)として期待が高まります。既にライバルどら猫2は最安値が4万円台を割るところまできていますが、個人向けクルマメはどの程度の価格帯に投入されるのでしょうか?
→ (関連記事) 富士通テン、コンシュマー向けドライブレコーダー発売

2006/9/07

Appro社、低価格常時記録型HDDドライブレコーダー

複数台のカメラを接続可能なドライブ・レコーダ,台湾メーカーが2006年10月に発売(日経BP Tech-On!-8月18日)】 10月発売とされるAppro社の常時記録型HDDドライブレコーダーDVR-3064ですが、このスペックで「250米ドル程度」とは安いですね。PDF版のデータシート(934KB)で、もう少し細かい製品画像をご覧になれます。内蔵HDDを2台としているのは一体どうして?単に容量のためか、何か他の理由があるのか分かりませんが、ミラーリングだったりしたら面白いのに。"Maximum shock-proof endurance in the roughest environments."などと最上級表現を多用されると、色々期待したくもなります。

2006/9/05

クラリオン、業務用常時記録型HDDドライブレコーダー発売

クラリオンから業務用車両向けの常時記録型HDDドライブレコーダーCF-2400Aが発売されました(プレスリリースはこちら)。製品自体は以前ラウム様から教えて頂いたこちらの記事(ラウムさま、コメントありがとうございます!)で紹介されていたので、既にご存知の方も多いことでしょう。業務用だけあって個人ではとても手が出ませんが、富士通テンに続くカーナビメーカーの参入は興味深いです。

2006/8/22

米国、EDR(Event Data Recorder)ガイドライン発表

米国で急速普及するドライブレコーダー(MYCOMジャーナル-8月22日】 米国でEDR(Event Data Recorder)のガイドラインが発表されています(NHTSA Press Release)。日本でもいずれはこうしたガイドラインが設定されるのでしょうが、先日公開された交通事故調査解析手法標準化会議の最新報告書(Word 文書-162KB)を読む限り、まだしばらく時間がかかりそうです。以前申し上げたことがありますが、自動車技術会のサイトにある会議に関する一連のレポートは、諸外国の動向を知る上でとても参考になります。

2006/8/20

「LED信号機の映像消滅問題」に関係者が危機感?

LED信号機:ドライブレコーダーに同調 新鋭機器に盲点(MSN毎日インタラクティブ-8月20日)】 6月末に公開された国交省によるドライブレコーダーの調査報告書で取上げられていた「LED信号機の映像消滅問題に関する考察」ですが、改めて毎日新聞で報じられています。仕様一覧の表と付録の今回のLED問題がらくなび的に気になる情報だったわけですが、マスコミでは人身事故の低減効果のみがクローズアップされたので、関係者が危機感を抱いたのでしょうか。なお、自動車研究の2006年7月号で研究速報として詳細が紹介されています。ちなみに先日掲載したV602SHの動画サンプルでも、最初に選んだのはLED信号機が映ったケースだったりします。
→ (8/22追加) ホリバアイテックより、「『どら猫』及び『どら猫2』では撮影間隔調整により問題は発生いたしません」とのコメントが発表されました(→どら猫2専用サイト)。

2006/8/16

ビデオiPod用MPEG4レコーダ、iLuv-i180WHT

IMJ、ビデオiPodに直接録画可能なレコーダ(AV Watch-7月4日)/IMJ、iPod用ビデオレコーダとスピーカーを18日に発売(AV Watch-8月15日)】 発売が延期されていたビデオiPod用のMPEG4レコーダiLuv-i180WHTですが、18日の発売が決定したそうです。「映像入力を監視して、ビデオ信号が入ると同時に録画を開始するスタンバイ録画」機能に加え、「iPodのHDD容量が少なくなった時に、古い録画ファイルを自動で削除する自動削除設定」も可能だとか。常時録画型のドライブレコーダーとして使ったら面白いような気もしますが、全てはレコーダの価格次第?(→楽天価格情報)

2006/8/13

ドライブレコーダー装着車割引特約

イタリア版ドライブレコーダー 実験開始へ(Response.-8月13日)】 「装着車両の保険料は10%以上安くできる」見込みだとか。いずれは国内でもドライブレコーダー装着車に対する割引特約が登場するのでしょうか。

2006/8/12

ナプロフクシマ テスト&レポート「どら猫2」

安藤佳正氏によるナプロフクシマ テスト&レポート「どら猫2」が取上げられています。ブラックボックス云々の指摘は必ずしもあたらない気がしますが、ヤマダ電機でWitness2が企業向けに販売され(→最近の新聞広告)、オリジナルのWitnessが機能を限定(?)した上でWitness 1として個人向けに販売されているのをみると、そうした見方もできるのかもしれません。ヤマダ電機仕様のWitnessはビューワソフトや取扱説明書がネットで公開されるなど(→日本交通事故鑑識研究所 ヤマダ電機向けサポートページ)、これまでの経緯からはとても考えられないわけですが、これも競争原理が働いた結果でしょうか。
→ (関連ニュース)かーぐっず ためしてみ隊 今話題のドライブレコーダー「どら猫2」を試す!(AUTOBACS.COM)】

2006/8/09

4ch防犯HDDレコーダーを活用したドライブレコーダー製作例

2chのドライブレコーダー総合スレッドに情報を寄せられていた521さんこと、ひっぽこさんがホームページを開設されました。防犯カメラ用4ch入力HDDレコーダーを活用した常時記録型ドライブレコーダー、その導入に至るまでの経緯を大変詳しく紹介されています。ドライブレコーダー全般についても、基本的なところからレンズによる画角の違いまで実に丁寧に解説されていて感動です。

2006/8/08

富士通テン、運輸商用車向けドライブレコーダーを発売

富士通テンから新型ドライブレコーダーが発表されました(プレスリリースはこちら)。昨年タクシー向けに発売された製品(プレスリリース)をベースとして、記録トリガーの改善により大型車特有の車体の揺れへの対応が図られたそうです。セパレートタイプのドライブレコーダーとしては他にKYBのクルマメ(DRE-100)が有名で、タロちゃん様から気になる情報もお寄せ頂いているわけですが、セパレートタイプのコンシュマー向け製品を最初に出すのは一体どのメーカーでしょう?

2006/7/18

ルネサス新SoC SH7774、画像認識処理機能搭載

ルネサスから画像認識処理機能搭載のカーナビ向けSoC、SH7774が発表されました(プレスリリースはこちら)。「車載カメラを搭載し、カメラで撮影した車線や先行車などの画像認識を行うシステム」をターゲットに開発され、2チャネルのビデオ入力インタフェースを備えているのがポイント。既に一部のドライブレコーダー(マルハマDR-965RVRoadscope PLUS他)には画像認識を元とした機能が搭載されていることですし、案外ドライブレコーダー内蔵ナビへの採用も期待できたりして?

2006/7/12

どら猫2、メーカー直販で保守部品の取扱開始

どら猫2の公式ウェブサイトオンライン販売が始まりました。本体のみならず、電源ケーブルや両面テープなど、保守パーツも用意されているのがポイント。取り扱いをメーカー直販に限る理由も特に無いでしょうから、正規取扱店であれば店舗から取り寄せできたりするのでしょうか?

2006/6/30

平成17年度映像記録型ドライブレコーダーの搭載効果に関する調査報告書

国土交通省が音頭を取って進めている映像記録型ドライブレコーダーの搭載効果に関する調査ですが、平成17年度の報告書が掲載されました(プレスリリース)。業務用を中心に普及も進んだ2年目の報告書ということで、前回と比べて内容も充実しています。中でもらくなびが興味を持ったのは、付録にあるドライブレコーダー仕様一覧。大半の製品はスペックから推測できるものの、中にはどうしても分からない製品もあり、まるでドライブレコーダー製品当てクイズといった感じです(→らくなびの解答)。他に「LED信号機の映像消滅問題に関する考察」も興味深いです。

2006/6/11

ドライブレコーダー対応「タクシーエム」、搭載タクシー増加中?

最近、客席用液晶モニターで映像コンテンツが見れるタクシー(→「What'sタクシーエム」)があるのですが、その オプション(?)としてドライブレコーダー機能があることに気づきました(→ドライブレコーダー001 カメラシステム)。ドライブレコーダーとしてみるとHDD常時録画のセパレートタイプですが、「タクシーエム」と一部ハードを共有しているのがポイント(→HDD映像再生機・映像記録機)。タクシーエムは広告収入をベースに運営されていて(→「広告の案内」)、FAQに「搭載されていることで乗車料金が値上げされることは一切ありません」とある以上、純粋に同じ機能を備えたドライブレコーダーを導入するのに比べ、タクシー事業者の負担も軽く済んだりして?

2006/6/09

アサヒ電子研究所、ドライブレコーダー参考出品

アサヒ電子研究所のドライブレコーダー(TRGテレマティクスニュースオンライン-6月9日)】 ボードコンピュータ(VISUAL THUNDER)の応用例としての出品で、「製品化時期、価格は未定」だとか。「1Gで約4時間連続録画可能」とありますが、フラッシュメモリベースで常時録画を前提とした製品自体、まだ数えるほどしか無いので興味深いです。個人的には三洋電機さんに動画デジカメの技術を投入した製品を発売して頂きたいところですが、ドライブレコーダー市場参入の話はその後進んでいるのでしょうか?

2006/6/01

ドライブレコーダーWitness、オフィシャルサイト閉鎖?

ドライブレコーダーWitnessのオフィシャルサイトが「当ホームページは、2006年5月31日をもちまして閉鎖致しました」との表示に変わりました。単なるウェブサイトの移転であれば良いのですが、移転先が示されないと何かあったのではと心配になります。
→ (6/5追加) コメントでお知らせ頂いていた株式会社ドライブ・カメラ日本交通事故鑑識研究所のウェブサイトに動きがありました(みなさま、コメントありがとうございます!)。従来は営業車と自家用車で明確に区別されていましたが、新ウェブサイトではそうした違いが特に見当たりません。リフレさんにお知らせ頂いたセイフティセミナー様のサイトで、営業車で撮影したと思われるWitness2の取得映像が公開されているところをみると、今後は営業車向けもWitness2になるのでしょうか?
→ (関連記事) 株式会社アドテックが手がける意外な製品

2006/5/25

株式会社アドテックが手がける意外な製品

各種メモリ製品で有名なアドテックIR資料の中に興味深い情報を発見しました。5月12日付で公開された平成18年3月期決算説明資料(PDFファイル/250KB)。15ページ目で「新製品展開」と題し、自家用車向けWitnessが紹介されています。まぁ、分かったところでどうということはない情報ですが、らくなび的に気にならずにはいられません。

ドライブレコーダー、普及の先に待っているもの

ドライブレコーダはフライトレコーダになれるか(日経Automotive Technology/Tech-On!-5月23日)】 メーカー間でカーナビレベルの開発競争が起これば消費者としては嬉しい限りですが、イベントデータレコーダー(EDR)のことがあるので一筋縄にはいかないような気もします。EDRは1970年代にGMのエアバック装着車に付けられたのが最初ですが(→参考:GM - GMability Safety: Event Data Recorders)、訴訟大国アメリカではPL法やプライバシー関連で大きな論議を呼んでいるとか(→イベント・データ・レコーダー、米国最新動向)。自動車技術会のサイトに掲載されている交通事故調査解析手法の国際標準化会議に関する一連のレポートは、EDRを巡る諸外国の状況を知る上で参考になります。

2006/5/23

どら猫2、加速度表示対応ビューアソフトDoraTool誕生!

ドライブレコーダー・どら猫2の加速度表示対応ビューアソフトの情報が、2ちゃんねるのドライブレコーダー総合スレッドに寄せられています(→188-196207-210213220)。加速度のグラフ表示に加え、任意フレームおよび全フレームのJPEGファイル出力が可能とのこと。いやはや、実に素晴らしい。HSPで書かれているというのも興味深いです(→Hot Soup Processor オフィシャルホームページ)。
→ (6/24追加) ついに作者の方がホームページを開設されました。細かなバージョンアップが続けられ、ついにV2.09で逆再生も可能になったとか。誠に素晴らしいソフトです。

2006/5/21

KYB(カヤバ工業)、ドライブレコーダーDRE-100近日発売予定

こちらこちらでコメントを頂いていた(どられこさん、タロちゃんさん、ありがとうございます!)KYB(カヤバ工業)のドライブレコーダーDRE-100ですが、メーカーの製品情報ページを発見しました。本体部とカメラ部が分かれたセパレートタイプで営業車向けの製品。業務用のどら猫同様、GPS内蔵を売りにしています。「データは暗号化され、セキュリティも万全」とありますが、理想を言えば裁判で証拠として通用するレベルであって欲しいです。現状では法律の改正など、メーカーの努力だけでは難しい面もありますが、メーカーとして最善を尽くした製品があればそれだけで魅力的です。
→ (5/29追加) 正式発表されました。プレスリリースはこちら(日経プレスリリース)。本日5月29日より発売開始とのこと。

2006/5/15

ドライブレコーダー、本格普及まであと何年?

富士経済発刊の調査レポート「2006 セキュリティ関連市場の将来展望」の中でドライブレコーダーについて触れられているようです。発刊に際し公開された調査結果では、ドライブレコーダーの市場規模について「2008年予測 45億円 05年比2倍」とされています。以前お伝えした通り、矢野経済研究所では「2007年;国交省はドライブレコーダ搭載義務化推進(乗用車含む)」と予想されているわけですが、あと2~3年のうちにドライブレコーダーを取り巻く事情は大きく変わるのでしょうか?

2006/5/14

人とくるまのテクノロジー展2006

人とくるま展:ITSやドライブ・レコーダ関連が相次ぐ(Tech-On!-5月11日)】 2006年5月24~26日開催の「人とくるまのテクノロジー展2006」では、先日紹介した堀場製作所の技術セミナーのみならず、ドライブレコーダーの講演や展示が多く行われる模様です。いくら入場料が無料でも平日開催である以上、個人的な趣味だけで足を運ぶのは難しそうですが、お仕事と称して参加できる方は是非?

2006/4/30

どら猫2、設定変更で大容量CFカードも使用可能に?

どら猫2の興味深いレポートが2ちゃんねるのドライブレコーダー総合スレッドに寄せられています(→120-121)。何でも、初期パラメータファイルを変更するだけで、標準の128MBを超える大容量のCFカードを使用できる可能性があるとか。容量に余裕があれば、衝撃検出感度を下げて記録対象を広げたりできるわけで、真相が気になります。業務用は512MBが最大とされていますが、上限やいかに?! どら猫といえば、来たる5月26日にフォーラムの開催が予定されています(→堀場製作所 技術セミナー情報 「ドライブレコーダの活用事例の紹介」)。3時間半と時間もたっぷりなので、ちょっと突っ込んだ話でも聞けたりするのでしょうか。

2006/4/29

どら猫2の内蔵カメラモジュールと思しき製品

ドライブレコーダーを用途とする東光のCMOSカメラモジュール製品一覧を「へぇ~」と思いながら眺めていたら、どこかで見覚えのある製品が...。TMV1320 (高感度 広角YUV CMOSカメラモジュール)のことですが、これってもしやどら猫2の内蔵カメラでは? どら猫2をテーマにした画像掲示板で公開されているカメラ部の拡大写真を見ると、まさに瓜二つ。業務用のどら猫が無線LANに対応予定であることとも符合するような...(※業務用とコンシュマー用でカメラモジュールは異なります)。まぁ、仮に分かったところで「だからどうした?」と言われてしまうのが落ちですが、こうしたドライブレコーダーを意識した部品情報を知るたび、普及も近いと感じます。

2006/4/11

「どら猫2」モニター募集キャンペーン

先日ニュースになった「どら猫2」ですが、公式ウェブサイトにプレスリリースが掲載されました。「全国展開するカー用品店を通して発売」とありますが、販売店案内にはさしあたりAUTOBACS.COMが追加されています。また今回の販路拡大(?)を記念して、モニター募集キャンペーンを実施されるそうです(→応募ページ)。抽選で50名が1年間「どら猫2」のモニターとなり、期間終了後は「商品返却の必要はありません」とのこと。申込期限は5月末までと余裕があるので、激戦は避けられない?
→ (関連記事) ホリバアイテック「どら猫2」、販路大幅拡大?

2006/4/10

タクシー業界、ドライブレコーダー導入のその後

タクシー業界:事故防止にDレコを活用 模索の動きが広がる(トラモンド-4月10日)】 ジコ録の発売をいち早く報じるなど、タクシー業界におけるドライブレコーダー情報に詳しいトラモンドですが、ドライブレコーダー導入後の動きについて書かれています。自家用車向け製品で事故抑止効果を狙うなら、ユーザー自身が記録を閲覧できるのは当然として、ドライバーが積極的にチェックしたくなるような工夫が必要なのでしょう。運転に点数を付けるなり、映像を地図と連動して表示させ後で振り返れるようにするなど、ますます高性能化するカーナビのハードを持ってすれば様々なアイデアを実現できそうです。今後のドライブレコーダーは、事故発生時の映像記録に徹する単機能タイプと、遊び感覚の機能も詰め込んだカーナビ内蔵タイプに分かれたりして?
→ (関連記事) 新型車載カメラ『ジコ録』 by 練馬タクシーワコーからエンターテイメント製品、続々登場!

2006/4/05

ホリバアイテック「どら猫2」、販路大幅拡大?

堀場製作所子会社、取り付け・再生容易なドライブレコーダー発売(日経産業新聞-4月5日)】 どう見ても「どら猫2」ですが、どら猫2(DR-3015)が既に2月下旬から一部のカーコンビニ倶楽部やテックジャムを通じて販売されているのは皆さまご存知の通り。4月10日発売とされている製品は、「全国の自動車用品店」向けの別モデルなのでしょうか? それとも、これまでは試験的販売に過ぎなかったのでしょうか? いずれにしても、「全国の自動車用品店を通じて販売」となれば、マルハマDR-965RVと共にドライブレコーダーの知名度アップに大きく貢献しそうです。

2006/4/03

マルハマDR-965RV、本体ブラック塗装例

マルハマDR-965RVの本体をブラック塗装にされた方がこちらのページ(PIAZZA of f3.5様)で写真を公開されています。CCDレンズを取り囲むモールがデザイン上のアクセントとなっていてカッコイイです。そういえば、OEM元製品の可能性が巷で指摘されるこちらの製品も、基本はブラックボディーですね。本体がシルバーだと、DR-965RVに限らず外から見たときに目立つ傾向にあるようですが(→だんごパパ様によるどら猫2のレポート@carviewみんカラ)、皆様のお好みは一体どちら?

2006/3/15

「どら猫2」関連画像掲示板

どら猫2をテーマにした画像掲示板が開設されています(アクセスはこちらから)。内部写真カメラの角度調整機構のアップなど、実機を前にしたら調べたくなる箇所の写真ばかりで感動です。痒いところに手が届くとはまさにこのことでしょう。

どら猫2、付属ソフトのバージョンアップは期待できる?

どら猫2の公式ウェブサイトに「FAQ及び各種ダウンロード」コーナーが追加されました。ソフトウェア使用許諾で「どら猫Viewer」についての言及がありますが、「各種ダウンロード」とされるからにはそれ以外の公開予定もあるのでしょうか? 差し当たりマルハマDR-965RVにあるような加速度データ表示機能が「どら猫Viewer」にも追加されるといいですね。

2006/3/14

三洋電機もドライブレコーダー市場に乗り出す?

三洋電機、カーエレクトロニクス事業を柱の一つに据え事業を再建(オートギャラリーネット-3月13日)】 10日付けで経済産業省より発表された三洋電機の事業再構築計画資料(詳細はこちら)にドライブレコーダーに関する記述があります。パワーソリューション事業の強化を図るべく、「車載カメラシステム・ドライブレコーダー・通信機能付ナビゲーションなどセキュリティー・安全性の確保を支援する車載システムへの参入」を具体的方針とするとか。そういえば、アルパインもドライブレコーダーの要素技術の開発を進めているそうです(→新卒者向け採用情報)。まぁ、こうした表向きのアナウンスを見ても実際の開発状況は見えてきませんが、矢野経済研究所の資料にあった通り、おそらく多くのカーナビメーカーがナビとの融合を視野に水面下で開発を進めているのでしょう。

2006/3/11

「マルハマDR-965RV」、「ホリバアイテックどら猫2」比較レポート

マルハマDR-965RVとホリバアイテックどら猫2を比較したレポートが、2ちゃんねるのドライブレコーダー総合スレッドに寄せられています(→846-849)。おそらく大半の方にとって最終候補となるであろう、今旬の2製品の比較レポートだけに実に興味深いです。
→ (関連記事) 必見!「マルハマ Road View PRO DR-965RV 使用レポート」

不二精機、車載監視カメラD.E.R(ドライバー・アイ・レコーダー)

不二精機から業務用ドライブレコーダーが発売されました(→車載監視カメラD.E.R/ドライバー・アイ・レコーダー)。従来は4チャンネル録画ともなるとHDDモデルが相場でしたが、この製品は計8個のSDカードスロットを搭載しフラッシュメモリベースでの長時間録画を可能にしています。写真では3つのレンズが見えるので、おそらく4つのカメラ全てを1つのユニットに内蔵しているのでしょう。これまで4チャンネル録画と聞くと、独立した4つのカメラのイメージしか無かったので新鮮です。ちなみにMPEG4のエンジン部には例のDNPのチップが採用されているとか(→日経「不二精機、車載用監視カメラ事業に参入」)。デザインも含めて実にユニークな製品ですが、それもそのはずで、メーカーの不二精機おにぎり自動成形機でシェアトップを占めるパイオニアだとか。とりあえず「1システム35万円前後」という価格は見なかったことにします(^_^)。
→ (関連記事) もうひとつのドライブレコーダー、水面下で開発中?
→ (関連ニュース)おにぎり製造機 「母の手作り」以上求めて(asahi.com: 技あり - be on Sunday-2005年8月28日)】

ドライブレコーダー普及のあるべき形とは?

ドライブレコーダーの本格的普及は実現可能か(SAFETY JAPAN 2005 [コラム]/日経BP社-3月10日)】 岡崎五朗氏がドライブレコーダー普及のあるべき形についてコラムを寄せられています。義務化の是非はこの際置いておくとして、とにかく法整備だけは進めないと社会的に大問題になりそうな気はします。まぁ、以前談話室で話題になった通り、そうした問題が起こることで徐々に法整備も進むのでしょうが。

2006/2/21

ホリバアイテック「どら猫2」、ネット通販にも力を入れる?

発売を間近に控えたホリバアイテック「どら猫2(DR-3015)」公式サイトに新たな販売店として(株)テックジャム が加わりました。販売価格は税込48,678円 47,309円で「即納可能」と書かれています。株式会社テックジャムといえば、楽天市場で「理科学習実験教材販売のひだまり」としてショップを運営されていますが、案の定、そちらにも商品情報を追加されています。今後、どの程度まで販売店が増えるか分かりませんが、通販で気軽に買えるのは有難いです。
→ (3/11追加) (株)テックジャム さんのウェブサイトでホームページ上の表示価格と買い物カゴに入れた後の価格にズレがありましたが、いずれも税込49800円で統一されました。一時的とはいえ、安い方の価格で購入できた方もいらっしゃるようで(→「はとね焼却炉」さま)。

2006/2/18

どら猫2、「発売は3月上旬予定」

ホリバアイテックのコンシュマー向けドライブレコーダー「どら猫2」(→公式サイト)ですが、主要販売ルートであるカーコンビニ倶楽部の新小岩店さんが「発売は3月上旬予定」との情報を掲載されています(→新商品 『どら猫2』予約受付中)。「取扱店一覧」に名を連ねる加盟店も徐々に増えてきていますが、発売開始時点でWitness(→公式サイト)のそれを上回るのかどうか注目したいです。コンシュマー向けドライブレコーダーといえば、マルハマDR-965RVはストリートプライスが最安値で4万円を切りました。保険的な意味合いが強い商品だけに、いつ購入を決断すべきなのか悩ましいです。

2006/1/29

宝島社DVDムック「実録 衝撃DVD!交通事故の瞬間―生死をわける“一瞬”」

「実録衝撃DVD!交通事故の瞬間」@楽天ブックス宝島社からDVDムック「実録 衝撃DVD!交通事故の瞬間―生死をわける“一瞬”」が発売されています。付録DVDには実際に事故が発生した際にドライブレコーダーが記録した映像が収められていますが、こうした書籍が企画として通ること自体、世間のドライブレコーダーに対する関心の高さを物語っているのでしょう。以前お伝えしたimomushiさまのブログ「動く日記」のように、ヒヤリハットの映像を公開されるサイトも徐々に増えてきました。タクシー会社で朝礼時に乗務員に事故映像を見せる光景も度々報じられますが(→Witness テレビ放送一覧)、こうした映像を見るたび、自身の安全運転意識を高めねばと感じます。

2006/1/28

SORELL SV-15、実売59,800円で国内発売開始

言葉の壁を越えて、20GB HDD搭載のムービーカム/PMP(AV Watch-1月25日)】 20GB HDD(1.8インチ)を搭載した、ポータブルメディアプレーヤー兼ムービーカメラのSORELL SV-15が国内でも発売されました(製品情報/PDFカタログ)。S Cam社の製品情報ページはこちら。回転式カメラを備え、常時録画タイプのドライブレコーダーとしても充分使えそうな仕様です。内蔵カメラだとVGAモードでの録画時にフレームレートが最大15fpsしか確保できませんが(QVGAモードなら30fps)、外部入力経由ならVGAモードでも30fpsを保てるとか。録画開始ボタンの位置もなかなかいい感じですね。

2006/1/26

ホリバアイテック、コンシュマー向けドライブレコーダー「どら猫2」発売

ホリバアイテックからコンシュマー向けのドライブレコーダー、どら猫2(DR-3015)が発売されました。既に公式サイトも公開され、予約受付中となっています。車速信号の接続は無く、1件あたりの記録時間こそ30秒から20秒に短縮されていますが、秒間30フレームの性能は業務用そのままカーコンビニ倶楽部が主な販売ルートとありますが、マルハマDR-965RVのように広く一般に流通するといいですね。表立って価格を出さずに見積りフォームを用意されようとしている点は、どこか自家用車向けWitnessと似ている気もしますが、本命メーカーのコンシュマー市場参入にまずは拍手を送りたいです。全ては価格次第とはいえ、もし業務用同様に大容量のCFカードに交換できるのなら、活用の幅も広がりそうです。

2006/1/17

NHKサイエンスZERO「交通事故の瞬間を捉えろ 進む車の安全技術」

今週土曜21日放送のサイエンスZERO(NHK教育テレビ)でドライブレコーダーが取り上げられるそうです。先日紹介したJARI自動車研究のドライブレコーダー特集にも記事を寄せられていた、永井正夫氏がゲストとして招かれるとか。先月7日の日経産業新聞にNECと東芝がMRAMを使ったドライブレコーダーを試作との記事があった通り、各社とも研究開発を着実に進められているようです。マルハマに続くメーカーは一体どこでしょう?
→ (関連記事) ドライブレコーダー内蔵カーナビ、水面下で着々とプロジェクトが進行中?

2006/1/02

JARI自動車研究最新号「予防安全特集」

日本自動車研究所の「自動車研究」2005年11月号でドライブレコーダの特集が組まれています。4つの記事が閲覧可能ですが、中でも「ドライブレコーダ研究の現状と将来」は興味深いです。ここではドライブレコーダがイベント・データ・レコーダー(EDR)を含む広義の意味で使われていますが、そもそも1990年代前半のスウェーデンでの取り組みがはじまりだとか。以前、米国での状況が話題になりましたが、そのずっと前から動きがあったのですね。他に、Witnessでおなじみの大慈彌氏のレポートも掲載されています(→『ドライブレコーダ開発と搭載実績および効果』)。「裁判においてWitness画像が証拠採用された判例が」「すでに3件ほどある」そうですが、製品によって証拠の証明力に差が生まれるのかどうか、今後の判例が気になります。

2005/12/19

RidingRecorder発売中止?

発売間近とばかり思っていたバイク向けドライブレコーダー“RidingRecorder”ですが、「発売を一時中止」されるとか。(最終?)仕様決定のアナウンスがあった直後だけに驚きです。

2005/12/10

必見!「マルハマ Road View PRO DR-965RV 使用レポート」

彗星のごとく登場した、マルハマ製ドライブレコーダーRoad View PRO DR-965RV。購入された方がウェブサイトを開設され、早速レポートを掲載されています(→「マルハマ Road View PRO DR-965RV 使用レポート」様)。未だメーカー公式サイトに何も情報が掲載されない中、実に有り難いレポートです。動画も公開されていますが、こうして情報を知れば知るほどマルハマさんを見直してしまいます。
→ (関連記事) マルハマ製ドライブレコーダー、結構いいかも
→ (参考情報) Yahoo!ショッピングでDR-965RVの取扱い店舗を探す楽天市場でDR-965RVの取扱い店舗を探す

バイク用ドライブレコーダーRidingRecorder、発売間近?

以前紹介したバイク向けドライブレコーダー“RidingRecorder”ですが、およその価格(58,000円)が決まるなど、発売へ向けて話が進んでいる模様です。レコーダー本体のOEM供給元は一時的公式サイトで紹介されていた某有名メーカーですし、たとえご存じない方でも、「最大30フレーム/秒」や視野角などのスペックから容易に想像がつくはず。「動画への変換は同封のソフトで可能」とありますが、自動車向け解析ソフトの簡易版が添付されるか、それとも単なるJPEGの結合ソフトなのか、どちらなのでしょう? セパレート型という点ではオリジナルを上回る魅力を持っているわけで、自動車向けとしてみても気になる存在です。
→ (12/11追加) 上でセパレート型と書きましたが、10月下旬にあったアナウンス(以下引用)を失念していました。今回発表されたカメラの視野角といい、一体型とみるのが妥当でしょう。「結構いろいろ仕様変更ありそうです.まず,納期とコストの問題でカメラ別体にすると,パラ-シリ,シリ-パラ変換が必要になるため一体型,GPS機能も省く事になりそうです.」
→ (関連記事) ホリバアイテック製ドライブレコーダー「どら猫」ホリバアイテック・どら猫、無線LAN対応予定?

2005/12/04

マルハマ製ドライブレコーダー、結構いいかも

マルハマ製ドライブレコーダーDR-965RV、イエローハットの専売商品とばかり思っていましたが、Yahoo!ショッピングにも取扱店舗が表れました(→NET-JTC~おもしろ通販情報局~)。より詳細な商品情報が掲載されているのですが、これまたビックリ! まず加速度センサーは水平方向(XY軸)に加え垂直方向(Z軸)にも対応した3軸仕様。カメラ部は秒間20フレーム、最低照度1LUX、カラー35万画素、画角横120度/縦90度と文句なしのスペック。本体はつまみを回せば分離可能で、前車の発進をアラームで知らせるGo-To機能のオマケ付き。車速パルス接続が無さそうなのは残念ですが、欲張ればきりがありません。業務用製品の現状を考えれば、メーカーさんの意欲が伝わってくるというものです。正直、マルハマさんを見直しました!

2005/12/02

マルハマ、個人向けドライブレコーダー発売!

バックカメラでおなじみのマルハマから、個人ユーザー向けドライブレコーダーRoad View PRO DR-965RVが発売されました(イエローハット・プレスリリース/PDF231KB)。とりあえず最初はイエローハットの専売商品として様子を見るらしく、早速ウェブストアでの取り扱いが始まっています(→商品ページ)。衝撃前14秒と衝撃後6秒の合計20秒の映像が最大10回まで記録され、それ以降は古いものから上書きされる仕様。 もう少しメモリ容量に余裕があっても良かった気がしますが、記録映像をパソコンから確認できるのは◎ですね。

オプテックス、ドライブトレーナーDT-01発売

オプテックスからドライブレコーダーの新製品、「ドライブトレーナーDT-01」が発表&発売されています(プレスリリース/PDF形式7.22MB)。「物流トラックや業務用車両を対象」とされているだけあって、価格も完全にプロ仕様(?)。まぁ、先日お伝えした「どら猫」のソフトウエアと同程度なので、この辺りが相場ということなのでしょう。ちなみに、同じ業務用でも練馬タクシーさんのジコ録はソフトウェアは無償提供だとか。本体・カメラを分けたセパレート設計と相まって、個人事業者に特に好評だそうです。セパレート設計のドライブレコーダーといえば、富士通テンから11月に新製品が発売されるとのニュースが以前ありましたが(プレスリリース)、こちらもそろそろ動きがあるのでしょうか?

2005/11/21

トヨタが目指すカーナビの近未来像

「IT抜きに、クルマの進化は加速しない」、トヨタが語るクルマの未来(nikkeibp.jp-11月18日)】 トヨタが目指す未来のカーナビ像が紹介されています。記事の内容自体が興味深いことはもちろんですが、スライド画面をよく見れば(ITPro内の詳細記事)、カーナビに前方カメラが接続されているではありませんか! ドライブレコーダー内蔵カーナビと決まったわけではありませんが、可能性のひとつとして期待が膨らみます。

2005/11/01

自家用車用Witness、ついに発売開始?

11月1日ということで気になるのは自家用車用Witnessの行方。晴れて発売開始となったようで、ウェブサイトに製品情報が少しだけ掲載されました。デザインは、先日スーパーモーニングの番組内で紹介されたものと同じ。肝心の値段については一切触れられていませんが、番組内のコメントにあった通り「5万円くらいで発売予定」なのでしょうか? 関東・甲信越エリアよりも北海道エリアの方が販売代理店が多いなど、まだまだこれからの印象を受けますが、今後の動向が気になります。

2005/10/28

激安D-snap SV-AV35 12,800円、注文受付再開!

パナソニックのD-snap SV-AV35といえば、先日もお伝えした通り、い~でじ!!楽天市場店で送料・税込み12,800円で販売されているのは有名な話。やはり皆さん注目されているようで、しばらくすると売れ切れになるのですが、今回またこうして注文受付を再開されています。売り切れになると「あぁ、あの時買っておけば良かったなぁ~」と後悔するのに、いざ注文できるようになると「やっぱりもう少し待とうかなぁ~」と思うから不思議です。優柔不断な己に我ながら呆れます。
→ (関連記事) ムービーカメラ、ドライブレコーダーとしての実力は?

2005/10/26

ホリバアイテック・どら猫、無線LAN対応予定?

タクミエンジニアさん(「山口功司」の物流コスト削減相談室様)がホリバアイテック製のドライブレコーダー「どら猫」について興味深い情報を掲載されています。無線LANに対応予定であることなど、新情報を織り交ぜて紹介されていますが、らくなびが驚いたのはソフトウェアの価格。業務用なので仕方ありませんが、仮に個人レベルで使うとしたら結構なお値段ですね。自家用車用Witnessにしても、いつの間にか「5万円くらい」という話が出てきていますし、3万円くらいの製品を期待するのは無理な相談なのでしょうか?

2005/10/22

日経エレクトロニクス、ドライブレコーダー特集記事

ドライブ・レコーダ あなたの運転,記録します(日経エレクトロニクス2005年10月24日号)】 日経エレクトロニクスの最新号でドライブレコーダーの特集が組まれています(目次)。Cover Storyでは、「カメラ,映像符号化回路,記録装置,加速度センサを組み合わせただけの第1世代品から一般ユーザーの利用も視野に入れ,映像品質を上げるなどして使い勝手を高めた第2世代品への移行が進む」とされています。先日お伝えした矢野経済研究所の調査資料にある通り、ドライブレコーダー内蔵カーナビも水面下で開発が進んでいるようですし、乗用車向けの市場が花開くまでもう少しの辛抱でしょうか。

2005/10/15

ドライブレコーダー内蔵カーナビ、水面下で着々とプロジェクトが進行中?

矢野経済研究所から「2005~2006年版 カーエレクトロニクス装置の市場実態と将来展望」が発刊されました。前回の資料に対し今回は「車載カメラ/レーダシステム」、特にドライブレコーダーが扱われたのがポイント。見出しには「ドライブレコーダ/ナビと融合してトータルカーセキュリティシステムに」と書かれ、「ドライブレコーダ市場の成長要因」の最初の項目に「カーナビメーカ参入」が挙げられています。ちなみに以前のプレスリリース(PDF形式28KB)では、「2007年;国交省はドライブレコーダ搭載義務化推進(乗用車含む)」と予想されていましたっけ。目次から分かることは高が知れていますが、この資料が「多くの技術者、商品企画マンらとともに市場の現在と将来を語り合い、それを分析した」産物であるならば、既にプロジェクトを始動したカーナビメーカーがあっても不思議ではない気がします。

2005/10/10

itan Movie Hunter PVR1000

ここ最近、メモリースティックビデオフォーマット対応の簡易ビデオレコーダー市場が賑やかです。先月27日にはRWCからitan Movie Hunter PVR1000(プレスリリース)、今月4日にはハギワラシスコムからEASY RECORDER for Memory Stick DUO(プレスリリース)が発表されました。特に前者のPVR1000(製品情報)は「VGA(640x480) 30fps対応」でストリートプライスが1万円台前半(Amazon.co.jp)と、なんちゃってドライブレコーダーの素質十分。 6GBのマイクロドライブを使える点が良いですね。あくまでエンコーダーの画質と組み合わせるカメラ次第ですし、乗車の度に操作が必要なのは相変わらずでしょうが、気になる存在です。
→ (関連記事) ムービーカメラ、ドライブレコーダーとしての実力は?

2005/10/06

自家用車用Witness、お値段は「5万円くらい」?

先日11月1日発売開始とのアナウンスがあった自家用車用Witness。発売を前にして「そろそろパブリシティ活動を本格展開されるのでは?」と予想していましたが、やはり動きがありました。2005年9月27日放送のテレビ朝日系スーパーモーニング(Witnessの公式サイトでご覧になれます)。途中(3分14秒頃)、「偶然事故を目撃したタクシー乗務員が機転を利かせてカメラをたたきその衝撃を感知し記録した」と、imomushiさんの「動く日記」を彷彿とさせるエピソードが紹介された後、スタジオに画面が戻ったところで(8分2秒頃)自家用車用Witnessの実物が紹介されています。営業車向け同様の一体型ですが、横幅がスリムになった代わりに奥行きが長くなりました。「今のところ5万円くらいで発売予定」とのことですが、正式価格はおいくら?

2005/9/24

「自家用車用Witness 11月1日発売開始」予定?

ドライブレコーダーWitnessの公式サイトで「自家用車用Witness 11月1日発売開始!!」と告知されています。今月に入り「2005年9月発売」のロゴが消されましたが、発売延長の前触れだったのですね。製品内容や値段といった肝心の情報がまだなのに、購入希望フォームだけ先に用意されているのは驚きの一言。11月になれば先日プレスリリースがあった富士通テンのドライブレコーダも発売されますし、マスメディアでドライブレコーダーが紹介される機会も増えるのでしょうか?
→ (関連記事) 自家用車用Witness、お値段は「5万円くらい」?
→ (関連ニュース)荒っぽい運転も記録します:ドライブレコーダー:即解カーテクノ:@CARS(読売新聞-9月19日)】

2005/9/13

ムービーカメラ、ドライブレコーダーとしての実力は?

おーっと、価格.comくちコミ掲示板に気になる書き込みがー! パナソニックのD-snap SV-AV35を車載カメラとして活用されているOKAHONさんがご自身のウェブサイトに映像を掲載されています。ドライブレコーダーに関心をお持ちの方の中には、自家用車向けの製品が発売されるのを待つ一方で、ムービーカメラの値崩れ品を検討されている方もきっと多いはず。らくなびもその一人で、SV-AV35が12,800円三洋のXacti DMX-C1が19,900円という情報を見ながら悩ましい日々を送っています。1GBや2GBといった大容量のSDカードもだいぶ安くなりましたが(例えば上海問屋さん)、これだけの容量があれば運転の一部始終を記録できますね。事故後のやりとりを丸々記録できる点では専用のドライブレコーダーの上をいくわけで、実に気になる存在です。

2005/9/11

バイク用ドライブレコーダー“RidingRecorder”

自動車向けのドライブレコーダーは業務用を中心に僅かながらも選択肢が増えつつありますが、ライダーから要望が多かったバイク向けのドライブレコーダー“RidingRecorder”が間もなく(?)発売される模様です。製品情報ウェブサイトはこちら。価格など詳細は不明ですが、対車との事故ではあらゆる面で不利な状況に置かれるだけに、今後の展開が気になります。

2005/9/10

ついにベールを脱いだ「ジコ録」

練馬タクシーさんがサイトリニューアルされ、ジコ録(DRVREC/NT1)がついにその全貌を現しました(→製品情報ページ)。業務用に徹したデザインは人によって評価が分かれそうですが、サブカメラにオプションで対応している点は良いですね。リニューアル前までは「一般への販売はしておりません。また、販売予定もございません」とのアナウンスを掲載されていましたが、果たして今後の対応に変化はあるのでしょうか?

2005/8/17

正像仕様のコンパクトカメラ、ついに真打登場?

先日pingoさんが紹介されていた車載用超小型CCDカメラMCS1615ccd/typeM。どうしてtypeMなのかずっと気になっていましたが、OPPTECH社のウェブサイトが更新され、ついにその謎が解けました(→バックカメラ製品紹介ページ)。なんとMCS1615ccdはシリーズ化されていて、鏡像仕様のtypeMのほかに正像仕様のtypeTが存在したのです。 フロントカメラとして露出させるケースを考えると、「防水・防滴IP67」というのもポイント。ソニーXA-700C(FM-131BC)がIP65なので、それより2ランク上の防水性を確保していることになります。ティアドロップ形状の専用化粧カバーMCS1615coverで、デザイン性もバッチリ! 談話室にも正像仕様のコンパクトカメラに対する要望が寄せられてきましたが、いきなりの真打登場に驚かずにいられません。
→ (参考情報) 株式会社 山武 「制御機器の基礎知識 センサ編」
→ (関連記事) ちょびカメCCD-01、そっくりさん発見!

2005/8/06

ドライブレコーダーでも超広角カメラが流行る?

富士通テンからタクシー向け「ドライブレコーダ」が発表されました(プレスリリース)。セパレートタイプで、記録媒体はコンパクトフラッシュ。高機能モデルなら最大3台のカメラを接続でき、音声録音にも対応するとか。バックカメラ並みの超広角カメラが採用されているのも見逃せません(画角:水平131度/垂直96度)。バックカメラ同様、ドライブレコーダーの世界でも超広角レンズが流行るのでしょうか? 広角であればあるほど遠近感が変に強調されてしまうので、個人的にはドライブレコーダーに向かないような気もしますが、実際のところどうなのでしょう?
→ (関連情報) ドライブレコーダー、情報あれこれ(@お客さま談話室)

2005/8/02

ホリバアイテック製ドライブレコーダー「どら猫」

以前、談話室のこちらのツリーでお伝えしたホリバアイテック製ドライブレコーダー「どら猫ですが、8月5日から販売開始とのことです(→プレスリリース※AcrobatPDF326KB/製品紹介ムービー)。Witnessと同様のカメラ一体型ですが、幅方向のスリム化とラウンドデザインとが相まってスペック以上にコンパクトな印象を受けます。標準価格は4.8万円~8.5万円。上位モデル(DR-3031)ではGPSやブレーキ、方向指示器等の状態も記録可能で、より高い証拠能力を期待できそうです。製品紹介ムービーの終わりでは、他に20GBのハードディスクを搭載した連続記録用DR-4041(1fps~15fpsで最大582時間)やバックモニターDR-4042も紹介されています。型番が大きく違うことからも明らかな通り、これらはDR-303xシリーズと搭載カメラおよびスペックが異なるので、続報に注目したいです。
→ (8/6追加)堀場製作所が新車載レコーダー(8月6日-読売新聞)】 愛称「どら猫」は、「猫の手の形のデザイン」に由来するそうです。

2005/7/30

ジコ録の概要が見えてきた?

らくなびが今最も注目している練馬タクシーさんのドライブレコーダー「ジコ録」ですが、雲助の部屋様の掲示板(雲助の井戸端)に興味深い情報が寄せられています(→こちらのツリー)。何でも、「カメラがセパレート型になり、視界をさえぎる心配はほとんど無くなった」とか。また「記録作動用マニュアルスイッチがオプション」で用意され、「媒体も市販CFが使える」とのこと。これで先日の報道通り「1台3万1500円」なら、話題を呼ぶのも当然ですね。
→ (8/6追加) 練馬タクシーさんのウェブページにジコ録についてのアナウンスが掲載されました。「現在のところ、タクシー車両のみ対応中。申し訳有りませんが、一般への販売はしておりません。また、販売予定もございません」とのことです。
→ (関連情報) 新型車載カメラ『ジコ録』 by 練馬タクシージコ録、まずは好調な滑り出し?

2005/7/16

イベント・データ・レコーダー、米国最新動向

フライトレコーダーの自動車版――プライバシーの懸念も(上)/(下)(6月27日~28日-HOTWIRED JAPAN)】 以前も紹介したイベント・データ・レコーダーについて、米国での最新動向がレポートされています。登場から既に10年以上が過ぎたEDRでさえ今もって大きな議論を呼んでいるのですから、いざドライブレコーダーの義務化なんてことになったら、とてつもない時間を要しそうです。

2005/7/09

ジコ録、まずは好調な滑り出し?

先日お伝えした練馬タクシーさんのドライブレコーダー「ジコ録」ですが、トラモンド最新号のニュースヘッドラインによれば「【 東京 】「ジコ録」売れ行き好調/練馬タク、約千台を受注」とのこと。ウェブページが更新されるのを今か今かと待っているらくなびですが、「売れ行き好調」と聞くとなおさらその正体が気になります。
→ (8/6追加) 練馬タクシーさんのウェブページにジコ録についてのアナウンスが掲載されました。「現在のところ、タクシー車両のみ対応中。申し訳有りませんが、一般への販売はしておりません。また、販売予定もございません」とのことです。
→ (関連記事) 新型車載カメラ『ジコ録』 by 練馬タクシー

2005/6/15

新型車載カメラ『ジコ録』 by 練馬タクシー

あの練馬タクシーさんがドライブレコーダーの発売を計画されているそうです。「一部業界紙等で報道されました新型車載カメラ『ジコ録』につきましては、現在生産段階に入っております。」とのこと。先日の訃報には心を痛めましたが、先代社長の遺志が受け継がれているのがせめてもの救いです。Witnessの公式ページに掲載されたアナウンスでこのことを知ったぐらいなので詳細は分かりませんが、とても気になる存在です。「あたかも弊社製品の改良版のような紛らわしいイメージを与えておりますが、この製品は弊社の改良版ではございません」ということは、DNP製「T4 MPEG-4モジュール」など、他社製モジュールが採用された可能性もあるわけで個人的にはむしろ好都合。個人用か業務用か分かりませんが、こうして選択肢が増えることは嬉しい限りです。
→ (6/15追加) 上にある「一部業界紙」とはバス・タクシーの専門情報紙「トラモンド」のことらしく、9日付けの記事「国交省:ドラレコの低廉化に期待 普及促進の方針示す」で紹介されていました。「20日から1台3万1500円で注文を受け付ける」のであれば、近日中に全貌が明らかになりそう。「矢崎総業が自社製のデジタルタコグラフ、タクシーメーターとも連動可能な「YZAC-eye」を発売」との情報も要チェックです。
→ (8/6追加) 練馬タクシーさんのウェブページにジコ録についてのアナウンスが掲載されました。「現在のところ、タクシー車両のみ対応中。申し訳有りませんが、一般への販売はしておりません。また、販売予定もございません」とのことです。
→ (関連情報) ドライブレコーダー、情報あれこれ(@お客さま談話室)
→ (関連ニュース)矢崎総業 ドライブレコーダY-eye発売(山口功司の物流コスト削減相談室-5月20日)】

2005/6/08

米国のドライブレコーダー事情

アメリカでドライブレコーダーといえば、1998年創立のDRIVECAM社が元祖(製品情報)。衝撃をトリガーとして映像を記録するのはWitnessと同じですが、2つのカメラで前方と車内を同時撮影できます。夜間の車内撮影用に赤外線照明も備え、マイクで車内外の音声もキャッチ。データはUSB経由でパソコンに吸出し、専用アプリケーションで解析できるとか。既に2001年の段階で現行製品の初期モデルを発表していたというから驚きです。その後も機能追加とファームウェアのバージョンアップが続き、最近ではトリガーとしてドアー開閉が追加されたのが何ともアメリカン(プレスリリース)。公式サイトのビデオクリップを見ると(※ActiveXプラグインのインストールが必要です)、デュアルカメラと音声記録の重要性を実感できます。詳細は取扱業者であるこちらの保険代理店さんが詳しく、PDF版のマニュアル等がズラリ。気になるお値段は1台およそ$1,100(※構成によって違うのであくまで一例)。この価格なので当然あちらでも営業車をターゲットとしていますが、Witnessと比べて欲しいのはどちら?

2005/6/06

自家用車用Witness、2005年9月発売開始

当初、今年4月にも発売予定と言われていた自家用車向けWitnessですが、公式サイトの情報によれば2005年9月発売開始とのこと。先日もお伝えしたDNP製「T4 MPEG-4モジュール」を搭載したドライブレコーダーが当面のライバルと目されるわけですが、一体、いつ、どこのメーカーから発売されるのでしょう? あまりWitnessがのんびりしていると、世界初自家用車向けドライブレコーダーの称号をもっていかれたりして。らくなび的には、「T4 MPEG-4モジュール」ベースのまだ見ぬ製品に大期待です。
→ (関連記事) 自家用車向けWitness、値段は3万円程度?もうひとつのドライブレコーダー、水面下で開発中?
→ (関連アンケート) 「自家用車向けドライブレコーダー、あなたの関心度は?」

2005/5/02

ドライブレコーダー導入の立役者、桜井氏亡くなる

記録装置の開発者・桜井さんの死を惜しむ(毎日新聞-5月2日)】 ドライブレコーダーに感心のある方なら、練馬タクシーさんのホームページを一度はご覧になったことがあるはず(→いつも同乗『目撃者』自動車版フライトレコーダー)。自家用車向けWitnessの発売を目前に控え、何とも残念なニュースです。

2005/3/29

もうひとつのドライブレコーダー、水面下で開発中?

ドライブレコーダーWitnessが2005年日経BP技術賞の部門賞(コンシューマーIT部門)を受賞しました(詳細はこちら)。自家用車用Witnessの発売開始も間近に迫り、俄然購買意欲が高まりますが、らくなび的には他社からも早々にドライブレコーダーが発売されそうな気がして悩ましいです。というのも、大日本印刷(DNP)が発売中のT4 MPEG-4モジュールにいよいよスキップバック・ストレージ機能が追加されるから(2005年4月リリース予定)。応用例として真先に運転状況記録装置(ドライブカメラ等)が掲げられているとなれば、明日にでもこのモジュールを搭載した製品が発表されて不思議ではありません。自家用車向けWitnessがブラックボックス仕様であるだけに、SDメモリーカードを介してPCへデータを移せるとしたら、その是非はともかくとして魅力的です。

2005/3/12

ドライブレコーダーの理想はルームミラー内蔵型?

車線や車間を監視、1台5役の次世代車載カメラ開発(asahi.com-3月9日】 ドライブレコーダーについては特に触れられていませんが、ルームミラーに内蔵するのがデザイン的に見て自然ですね。認可の問題があるので、現状だと新車限定でしょうか。自家用車向けWitnessが一体どのようなデザインになるのか分かりませんが、あまり目立つようだと車上荒らしの格好の餌食にならないかと心配です。以前CR-V太郎さんからお寄せ頂いたコメントにある通り、ドライブレコーダーとカーセキュリティを兼ねる製品が出てくれば最高なのですが。

2005/2/28

米国におけるイベント・データ・レコーダーの真相は?

車にもブラックボックス 事故防止と捜査でEU検討(Yahoo!ニュース-共同通信-2月28日)】 EUでは「2009年までに新車に導入を義務付けたい考え」とのこと。「1990年代前半以降に製造された米国車」には既に搭載されている可能性が高いなんていう話も以前ありましたが(「車に潜むビッグブラザー」@ITmedia コラム)、実際のところどうなのでしょう。記録されているという意識があれば自ずと安全運転になるのでしょうが、プライバシーとの兼ね合いが難しいですね。とりあえず、自家用車向けドライブレコーダーの販売も近いので、この辺りの法整備が進むことを期待します。

2004/12/07

ドライブレコーダー、搭載義務化は何年先?

矢野経済研究所発行の「2004~05年版 ITSテレマティクス市場予測レポート」(プレスリリース)。概要の中で「2010年までの未来シナリオ」として、「2007年:国交省はドライブレコーダ搭載義務化推進(乗用車含む)」と書かれています。あくまで一民間研究所の予想に過ぎませんが、一日も早い搭載義務化と法整備を願いたいものです。まぁ、「義務化推進」の段階から最終的に義務化されるまでには、これまた長い年月を要しそうですが。

2004/12/03

ドライブレコーダーWitness、記録画像を動画でチェック!

ドライブレコーダーWitnessの記録画像(動画サンプル)が、販売代理店のひとつ、日本ソフトウェアコンサルタンツさんのサイトで公開されています(→ドライブレコーダー紹介ページ)。その数なんと32事例! 動画を見る限りでは、トリガーとなる0.4Gの衝撃感度は良い按配に調整されているようです。これまでもTV番組内で参考程度に紹介されることはありましたが、これだけ事例を見せられるとドライブレコーダーの重要性を再認識せずにはいられません。
→ (関連アンケート)自家用車向けドライブレコーダー、あなたの関心度は?

2004/11/18

自家用車向けWitness、取得映像の閲覧機能は無し

先日もお伝えした自家用車向けWitnessですが、オフィシャルホームページに「現行の営業車向けと今後発売予定の自家用車向けについて」と題するお知らせが掲載されました。これによると、自家用車向けWitnessにはユーザー自身が取得映像を閲覧できる機能は無いとのこと。「事故時の対応」を主眼に置けば、閲覧できない方が好ましいのはもちろんですし、ドライブレコーダーの性格上やむを得ないのですが、、、。頭では分かっていても、庶民的にはちょっと残念です。もうこうなったら、先日ニュースにあったパナの警察/国防組織向け車載デジタルビデオシステムを積むしかない?(^_^)
→ (関連ニュース)松下の米国法人、警察/国防組織向けの車載デジタル・ビデオ・システム(nikkeibp.jp-11月15日】

2004/11/09

自家用車向けWitness、値段は3万円程度?

昨日8日のテレビ東京ワールドビジネスサテライトドライブレコーダーが特集されました。早速、Witnessオフィシャルページの「テレビ放送一覧」コーナーにて番組の映像が公開されています。特集の最後で小谷さんが、間もなく発売予定の自家用車向けWitnessについて、現在の営業車向けWitnessと比べて「これの半分のサイズで値段も大体3万円くらい、半分くらいのお値段のものが個人用で4月から売り出される」と紹介されていました。またコンパクトフラッシュカード採用の営業車向けWitnessと違い、メモリーは取り外し不能(内蔵)とのことです。まぁ、取り外し不能とはいっても、ヒヤリとした場面の自己分析等は多くの方の要望としてあるはずで、営業車向け同様、専用解析ソフトが提供されるとは思いますけど。来年4月発売予定とのことで、期待が膨らみます。
→ (11/18追加) 別途こちらの記事で申し上げている通り、自家用車向けWitnessにはユーザー自身が取得映像を閲覧できる機能は用意されないとのことです。

2004/11/04

自家用車用ドライブレコーダーWitness、まもなく発売開始

当サイトでもだいぶ前から注目しているドライブレコーダーWitness、リニューアルされた公式サイトの情報によれば、その自家用車向けの製品が早ければ来年春には発売されるそうです。今後、価格設定がどうなるかが気がかりですが、事故はいつ何時起こるか判らず、価格がこなれるのを待つというのもそぐわないとなれば、仮に7万円台でも安いと考えるべきなのでしょうか? 庶民派らくなびとしては、実に悩ましい問題です。なお、「Witnessって 、一体何モノ?」という方は、「テレビ放送一覧」コーナーにて動画が公開されていますので是非一度ご覧になることをお薦めします。

2004/7/10

ドライブレコーダー、製造上の欠陥が原因の事故究明に有効

事故前後の映像・速度を記録 ドライブレコーダー導入へ(asahi.com-7月5日)】 一連の三菱自動車の欠陥隠し事件を受けて、ドライブレコーダーの導入に弾みがつくかもしれません。この話、先日ぐーさんに談話室でご紹介頂いたレスポンスの記事にもある通り、既に話自体は出ていたわけですが、その後、事件の影響を少なからず受けているようです。ドライブレコーダーにメーカーの欠陥隠しから身を守る効用もあったとは、意外であると共に残念でなりません。

2004/7/08

その時クルマは見た!

米警察で導入増える、パトカー搭載のデジタルビデオ・システム(HOTWIRED JAPAN-7月8日)】 ドライブレコーダーの延長にあるシステムですが、今や家庭用HDDレコーダーが勝手に番組録画する時代なのですから、一般への普及もあながち夢物語ではないかもしれません。ナイトライダーでは、走り去ったクルマのナンバーをKITTが「分かりました、マイケル」といってプレイバックするシーンが何度となくありましたっけ。いまや、ひとたび外に出ればどんな災難が降りかかってくるか分からない時代。ひとつの映像が、自分だけでなく他人の人生をも左右する決定的な証拠となるかもしれないと思うと、普及を願わずにはいられません。

2004/6/04

ドライブレコーダーWitness

「Witness」は、物言えぬ被害者の“最後の味方”だ(ITmedia-6月4日)】 談話室のこちらの投稿でごーさんからお知らせ頂きました。ドライブレコーダー導入推進派として、一日も早い装着義務化を願っています。「死人に口無し」はご免です!

2004/3/04

運転支援システム

「いつもと違う運転、してませんか?」運転行動DBを用いた運転支援システム(MYCOM PC WEB-3月3日)】 昨日のドライブレコーダーの話題とも関係しますが、こちらも是非カーナビに先行搭載して貰いたい機能です。ちゃんとしたものとなると、センサーの数もそれなりに必要でしょうが、なんちゃって機能ならば現状のハードでもそれなりのものができるはず。それでも無いよりは全然マシでしょうから、マニアモードの延長線と思って実装して頂けると嬉しいです。

2004/3/02

ドライブレコーダーWitness

タクシー版「フライトレコーダー」導入 都内最大手会社(asahi.com-3月2日)】 なんちゃってドライブレコーダーなら、現状のHDDナビにちょっと+αするだけで出来るのですから、先日談話室でも触れた通り、弥が上にも期待は高まります(あっ、私だけかも(^_^;;;)。とにかく一日も早いドライブレコーダーの普及を願うばかりです。カメラ付きケータイならぬカメラ付きカーナビ、おひとついかが?

ADs Space
Links